木村拓哉の子供は何人?名前はKoki,と木村心美で学校や年齢は?モデルデビューした?

次女がモデルデビューしたことにより何かと世間を騒がせている木村拓哉ファミリー

なぜ長女はデビューしないのに次女だけデビューしたのでしょうか?

普段の会話は木村拓哉以外英語という噂は本当でしょうか?

目次

キムタクこと木村拓哉の子供は何人いるの?→結婚した嫁・工藤静香との間に娘が2人いた!

は歌手の工藤静香。

2児の父であり[5]、次女はモデルのKōki,。

木村拓哉さんには妻の工藤静香さんとの間に二人の娘さんがいらっしゃいます。

上の画像の通り、父はハンサムで母はスレンダー美人。

二人のDNAを受け継いだ娘たちが、美人&可愛くなるということは容易に想像できましたが…。

スポンサーリンク

木村拓哉さんの二人の娘…そんな両親を上回るような才能と容姿を持って生まれているようなのです。

娘(長女)の名前は木村心美!【画像あり】

名前:木村心美(きむらここみ)

生年月日:2000年5月1日

木村心美さんは2000年生まれ。

今年で19歳になる高校生です。

小さい頃からインターナショナルスクールに通っており、英語はペラペラなんだそう。

父親の木村拓哉さんも母親の工藤静香さんもテレビで英語で話す姿を見せていたりしたので、両親の教育方針だったんでしょうね。

心美さんの幼稚園時代の卒アル写真が出回っていますが、名前は英語Cocomi Kimuraって書かれています。

木村拓哉さんの次女kokiさんはデビューしたのですが、いまだデビューせずにベールに包まれているのが長女の木村心美さんです。

生まれたのが2000年なので今年は19歳になります。

彼女の画像が見たいと思っている人がたくさんいるからなのか…。

インターナショナルスクールの時の写真と思われるものが上の画像です。

次女のkokiさんとはまた違った両親のいいとこどりした顔といった感じで、優しい雰囲気もあり、めちゃくちゃ美少女だということがわかりました。

長女・心美はフルートの天才!コンクールで「最優秀賞」を受賞するほどの腕前だった!

美人で語学も堪能な心美さん。

フルートの腕前はどうなのでしょうか?

木村拓哉さんも工藤静香さんも心美さんが小さい頃からフルート奏者になって欲しいと思っていたそうです。

さらに静香さんは、親の七光りと言われないように自分の力で自立して生きて欲しいと心美さんや次女のKokiさんを育ててきたそうなんです。

そんな両親の思いが心美さんにもしっかり伝わっているようで、心美さんのフルートの腕前はプロ並みだそうです。

なんと、2013年にはヤマノジュニアフルートコンテストの小学生部門で最優秀賞を受賞しているんです。

木村心美フルート

1人しか選ばれない最優秀賞を受賞しているなんて、さすがその才能がプンプン感じられます。

ちなみに、次女Kokiちゃんは優秀賞を受賞しています。

姉妹そろってすごすぎ!

インターナショナルスクールの小学生時代の画像が流出するものの、それ以降はなかなか画像が出てこなかった木村拓哉さんの長女・心美さん。

ですが最近フルートのコンテストに参加した時のものかと思われる写真を発見しました。

細身の体型はそのまま、どことなく歌手の宇多田ヒカルさんに似ていると思われるのは横からのアングルのためでしょうか…。

美人・清楚であることは間違いなさそうですが、残念ながら今のところははっきりとしたお顔を拝見することができませんでした。

長女・心美の学校(小学校)は「英国式のインターナショナルスクール」!候補をピックアップしてみた!

週刊女性2018年7月17日号によれば、木村拓哉さん工藤静香さん夫婦は娘の心美さんと光希さんを「英国式のインターナショナルスクール」に通わせていたそう。

また、木村拓哉さん自身も過去にテレビ番組で子供の学校について聞かれた際、「英国式のインターナショナルスクール」と答えています。

日本にある英国式のインターナショナルスクールは

・ブリティッシュ・スクール・イン東京(The British School in Tokyo)

・聖ミカエル インターナショナルスクール(St. Michael’s International School)

・ホライゾン ジャパン インターナショナルスクール(Horizon Japan International School)

・代々木インターナショナルスクール(Yoyogi International School)

4校のみ。

そして木村拓哉さんの自宅は東京都目黒区にあるといわていますから、兵庫県にある聖ミカエル、そして神奈川県にあるホライゾンも除外していいでしょう。

また、心美さん光希さんは中学まで同じインターナショナルスクールに通っていたようですから対象年齢が保育園(16カ月)から小学校(10歳)までの代々木インターナショナルスクールも除外

そうすると残るのはブリティッシュ・スクール・イン東京(The British School in Tokyo)です。

木村拓哉さんと工藤静香さんは二人の娘を英国式のインターナショナルスクールに通わせていたんだそうです。

日本にある英国のインターナショナルスクールは4校のみ、兵庫県にあるそして神奈川県にある学校を除けば…結局はブリティッシュスクールイン・トウキョウだということが判明しました。

長女・心美はその後桐朋女子高校に進学!学費はどのくらいなの?

桐朋女子中学校・高等学校(とうほうじょしちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都調布市若葉町一丁目に所在し、中高一貫教育を提供する私立中学校・高等学校。

高等学校において、中学校もしくは小学校から入学、または幼稚園から入園した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では、高等学校第1学年から混合してクラスを編成する併設型中高一貫校。

中学校と高等学校普通科は女子校で、高等学校音楽科は名称に女子とあるが共学校である。

長女の心美さんはインターナショナルスクールを卒業した後、今度は音楽を中心に勉強したいと東京都調布市にある桐朋女子高校に進学したそうです。

学費はどれくらいなのかと言うと入学金だけで23万円、施設拡充費が10万円、毎月の学費は8万円ぐらいかと予想できます。

現在10億円の豪邸に住んでいると思われる木村拓哉夫妻であれば大したお金じゃないのかもしれませんね。

インターナショナルスクールから転校した理由はやっぱり「フルート奏者を目指すため」か

木村心美さんは、幼稚園から高校まで一貫教育のため、そのまま「The British School in Tokyo」へと進学すると思われていました。

しかし、どうやらこちらの高校ではなさそうです。

では、なぜこちらの高校へは進まず、違う高校をわざわざ受験したのでしょうか?

それは、フルート奏者になるのが夢だからだそうです。

フルート奏者?という事ですが、木村心美さんはフルートが大好きで腕前も素晴らしいようです。

そこで、噂になっているのが「桐朋女子高音楽科」が一番有力候補だと言われています。

なぜ桐朋女子高音楽科が有力なのでしょうか?

ここで、桐朋女子高音楽科について調査してみます。

・フルートの専攻課程が充実している

・卒業生は世界に名を連ね、有名な音楽家を輩出している

・偏差値が高く、難関である

桐朋女子高音楽科の場所はこちらですね。

東京都調布市若葉町1丁目41−1

桐朋女子高音楽科は、普通科は女子のみですが、音楽科は共学です^^

フルートの専攻が充実している、とのことですが、専門学科がとても充実しています。

・ピアノ専門

・弦楽器専門

・管楽器専門

・打楽器専門

などなど、他にも専門的に受けられる学科があります。

フルートは管楽器専門となりますね^^

また、卒業生が世界的に有名な方を輩出している、との事ですので卒業生を挙げてみます。

・ヴァイオリニスト 高嶋ちさ子さん

(マイアミのオーケストラ「ニュー・ワールド・シンフォニーに入団)

・指揮者 小澤征爾さん

(ウィーン国立歌劇場音楽監督を務める)

・ピアニスト 中村紘子さん

(ショパン国際ピアノコンクールで日本人として2人目の入賞者)

有名な方々ですね!

また歌手である大原櫻子さんも桐朋女子高校を卒業されているようです^^

森山直太朗さんと結婚された平井真美子さんは、桐朋学園大学音楽学部を卒業されましたね!

気になるのは偏差値ですね!

桐朋女子高校の偏差値は67と高いです!

桐朋女子高校の卒業生の進学先はというと、なんと東京大学、京都大学、慶應大学、早稲田大学など超難関レベルが多いのです。

長女がインターナショナルスクールから桐朋女子高校に転校した理由は、フルート奏者になるのが夢だからなのだそうです。

桐朋女子高校の音楽科といえばフルートの選考過程が充実しており、卒業生は世界に名を連ねるほど有名な音楽家を輩出しているんだそうです。

その中には一体誰がいるのかと思えば、そうそうたるメンバーで驚きました。

  • 毒舌で知られるバイオリニスト高嶋ちさ子さん
  • 世界的指揮者の小澤征爾さん
  • ピアニストの中村紘子さん

などが卒業されていらっしゃるそうです。

若者から大人気の歌手・大原櫻子さんらも桐朋女子高校を卒業されていることで有名ですよね。

長女・心美は2016年初夏に代官山のセレクトショップでアルバイトしていた!

2016年初夏に代官山のセレクトショップでアルバイトしていたそうです。

素直で無邪気な女の子で、仕事の物覚えも早く、お客さんへの対応も物怖じしない。

スタッフからも、「ピュアなお嬢さま」「聡明な子」と、かなり評価が高かったみたい。

さらに、驚きのエピソードは、緊急連絡用に持たされていたのが「PHS」。。。

2016年の話ですよ!

PHSなんて、若い子はもはや知らないのでは?

さらに、EXILEも知らなかったらしい。。。

芸能人の親に引け目を感じることなく、屈することなく、いじけることなく、まっすぐに育ったのか。

フルート命すぎて、周りに興味が無いのか。

他にはゲームソフトを買うのに、ちゃんと3ヶ月くらいお小遣いをためて購入した、というエピソードも。

木村拓哉さんと工藤静香さんの娘なのに、どう育ったらこんなに素朴でいい子になるんでしょう。

ものすごく好印象です!

木村拓哉さんの娘となると普通に街を歩くだけでも大変なのではないかと思われますが…。

心美さんは代官山のセレクトショップでアルバイトをしていた事があったそうです。

イメージ通りピュアなお嬢様でとっても賢い女の子だったんだそうです。

両親があまりにも有名すぎて色々と悪いこともいわれてしまうかと思われますが、子供達はとっても性格が良さそうな印象です。

長女だけが芸能界デビューしないのは「訳アリ」だった?

木村拓哉(46)と工藤静香(48)の次女・Koki,(15)が衝撃の芸能界デビューを果たしてから半年。

それを追うように現在、にわかにキムタク長女の動向に注目が集まっている。

長女の楽器演奏者としての才能と美貌から、音楽関係者を中心にして”デビュー待望論”が巻き起こっているのだ。

キムタクの長女はインターナショナルスクールを経て、都内にある超名門音楽学校の管楽器専門科に通う現役女子高生。

幼少期からフルートの英才教育を受け、年に数人しか入学できない狭き門をくぐった、まさに”金の卵”だ。

「彼女の実力は折り紙付きです。小学生のときには、大手楽器店『山野楽器』主催のコンクールで最優秀賞を獲っている。

今年8月にも、学生コンクールの最高峰『全日本学生音楽コンクール』で予選を勝ち抜き、10月の東京大会本選に出場しました。

全国大会には惜しくも選出されませんでしたが、まだ17歳で伸び代もあります。

ウチの学校は、基本的に芸能活動を禁止している。

当面は表立った動きがなくても、卒業後はプロとしてデビューする可能性は十分にあるでしょう」(前出・知人)

フルートの腕はホンモノで、ルックスもピカイチ。

しかも両親はキムタクと工藤静香となれば、音楽関係者が色めき立つのも当然の話だろう。

「実際、高校卒業のタイミングで彼女を獲得しようと、複数のレコード会社がいまから目をつけています。

次女のKoki,もそうですが、木村家では娘のプロモーションに関しては静香さんが担当している。

長女の芸能界デビューを狙うなら、まずは母親の説得からです」(レコード会社関係者)

次女のKoki,は先月『エル・ガール ライジングスター賞』を受賞するなど、相変わらず一挙手一投足が注目を集めている。

この状況で長女までもが鳴り物入りでデビューすることになれば、話題性はバツグン。

’19年も、キムタクファミリーが芸能界の話題の中心となることは間違いなさそうだ。

現在、次女kokiさんが衝撃の芸能界デビューを果たしてから半年が経ちました。

現在kokiさんは様々な高級ブランドなどで活躍を広げていますが、いまいちぱっとしない状況だと思っているのは私だけでしょうか…。

そこでマスコミが目をつけているというのが、次女を上回る才能と美貌を持つと言われている長女なのです。

しかし今のところ彼女は学校の規則により芸能界デビューできないんだそうで…、妹のように日本で生きることが更に難しくなる状況を目の当たりにした今…。

長女の芸能界デビューは遠のいているのではないかと思われます。

娘(次女)の名前はKoki,(本名:木村光希)!【画像あり】

Kōki,(こうき、2003年2月5日 – )は、日本のファッションモデル、作曲家。

本名、木村 光希(きむら みつき)。

父は俳優の木村拓哉、母は歌手の工藤静香。

Kōki,
プロフィール
別名義 木村 光希(きむら みつき)
生年月日 2003年2月5日
現年齢 16歳
出身地 日本の旗 日本・東京都
公称サイズ(2019年時点)
身長 / 体重 170 cm / ― kg

続いてご紹介したいのが、半年衝撃的なデビューをした木村拓哉さんの次女・kokiさんです。

住まいは10億円を超えているという豪邸に住み、両親は木村拓哉、そして工藤静香と言う大物に育てられたkokiさん。

天は二物を与えてしまったのか…予想を遥かに超えてスタイルの良い美人だということが判明しました。

次女・Koki,の学校もインターナショナルスクールだった!

2018年、東京都内のインターナショナル・スクールに在学中の15歳の時に、ファッション雑誌「ELLE japon」7月号表紙でモデルデビュー。

Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いもとも早いとも思ってないし、もちろん迷いもありませんでした。」とデビュー時の心境を後に明かしている。

2018年のうちに、「ELLE Singapore」、「Grazia China」、「ELLEgirl Japan」、「Numéro TOKYO」、「SuperELLE China」、「NYLON JAPAN」の表紙を飾った。

kokiさんがすごいのはその美貌だけでなく、インターナショナルスクールで培った語学です。

どうやら会話ができるのは日本語英語だけでなく、フランス語もできるのではないかと言われています。

美人であることに間違いはないと思いますが…有名雑誌の表紙をいくつも飾るほどの存在かと問われるとまだクエスチョンマークが残ってしまいます。

現在の彼女の才能と、露出している媒体の間に差を感じているのは私だけではないのではないでしょうか…。

次女・Koki,は現在「エル・ジャポン(ELLE)」でモデルデビューを果たしていた!

「ELLE japon」の表紙モデルを日本人が飾ったのは2人目。

撮影は、両親とも親交のある写真家の操上和美が撮り下ろした。

操上はKōki,が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。

次女kokiさんがモデルデビューしたのはエルジャポンの表紙のお仕事でした。

両親と親交がある写真家が撮りおろし、出来栄えは上の画像の通り素晴らしいものになっていました。

2018年には「シャネル」アンバサダーに抜擢される!

2018年8月9日、イタリアの高級ブランド『ブルガリ』のアンバサダーに日本初かつ歴代最年少の15歳で就任することが発表された。

同年9月にはフランスの高級ブランド『シャネル』の日本初のビューティーアンバサダーにも就任。

両親のおかげでデビューからずっと快進撃を続ける次女・kokiさんはイタリアの高級ブランドブルガリのアンバサダーに選ばれたり、フランスの高級ブランドシャネルの日本初のビューティーアンバサダーにも就任しました。

しかし…暗雲が立ち込め始めたのはこのあたりからだったのではないでしょうか…。

彼女についてそこまで美人か?…あんまりオーラがないかも…というような声が集まり始めたのです。

スポンサーリンク

次女・Koki,が「大塚製薬の健康サポート飲料」CM出演決定!

2018年10月、ボディメンテ ドリンクのCMキャラクターに起用され、テレビCM初出演を果たす。

このCMシリーズの中で英語とスペイン語を披露している。

同月15日、「#にほんをつなげ74」と題された新聞広告の日統一キャンペーンに起用され、全面広告が全国47の新聞に掲載された。

全74種類の広告には異なる番号とひらがなが1文字ずつ書いてあり、そのひらがなを読んでいる彼女の写真が大きく載っているデザインで、74種類を北から南に向けてつないでいくと、メッセージが浮かび上がるという仕掛けになっている。

2018年に最も検索数が急上昇した人物を表彰するYahoo!検索大賞のモデル部門を受賞した。

ボディメンテドリンクのCMキャラクターに起用された次女・kokiさん。

CMはまたもや海外で撮影され、本編では短いものの、英語やスペイン語を話す姿が披露されました。

これを見た視聴者たちは「また英語?」「また海外?」というようなうんざりしたイメージが強く…。

徐々に彼女をサポートする母親へのバッシングも大きくなっていきました。

次女・Koki,のインスタグラムのフォロワーが50万人を超えるほどの大人気だった!

木村拓哉(45)工藤静香(48)夫妻の次女、コウキ(15)のインスタグラムのフォロワー数が30日午前7時現在で50万人を超えるなど“表紙デビュー”の反響がさらに広がっている。

インスタは28日午後11時にはフォロワー20万人だったが、そこから約30万人増加。

デビューが明らかになってから、たった2日間で母・静香の22万人に“ダブルスコア”をつけた形だ。

動画の再生回数も210万回を超えている。

都内の書店では売り切れが続出。

「(コウキが表紙の)エル・ジャポンの売り場を問い合わせる声が増えている」という。

また、香港の新聞など海外でも大々的に報じられている。

しかし次女・kokiさんのInstagramのフォロワーですが、開始直後から人気が出始めたった二日間で50万人になりました。

この数字が出たのはおそらく木村拓哉さんのおかげだと思われます。

日本のみならず世界にいる木村拓哉さんのファンたちが「娘はどんな人物なのか!」気になってフォローしていると思われるのです。

それをあたかもkokiさんの実力かのように演出している工藤静香さんや関係者たち。

kokoiさんをフォローしている人全員がファンというわけではなく、単なる興味本位という方も多いのではないかと思われます。

【障害者説】次女・Koki,の「ダウン症」の噂は真実か?デマなのに何故ここまで噂が?

結論から言うと木村拓哉さんの娘がダウン症だという事実はウソのようです!

まず、木村さんが岐阜県でよく目撃されたのは本当だそう。

普通だったら、芸能人である木村拓哉さんが岐阜で見られるのってすっごい珍しいはず。

木村さんが岐阜にいるなんて普通じゃない!

だから、娘さんがダウン症っていう噂があるからきっと治療のために来ているんだ!って、憶測に憶測がくっついちゃったみたいです。

もちろん木村拓哉さんの次女・kokiさんがダウン症だという噂はデマです。

長女・心美ちゃんの写真が流出しているのに、次女については全く出回らなかったことからダウン症なのではないかと思われたようですね。

ダウン症と言われる理由①次女が生まれたとき黙っていた

次女の光希ちゃんが生まれた時、黙っていたから。

大スターの木村拓哉と工藤静香さんの結婚は、そもそもができちゃった結婚だったので、長女の心美ちゃんが生まれた時は、かなりマスコミに注目されました。

生まれたばかりの赤ちゃんがいる家にマスコミが殺到したようです。

この経験が恐らく、木村拓哉さん夫妻は大変だったのではないでしょうか?

生まれたての赤ちゃんは静かに見守ってあげたい所です。

また、子供が生まれてから、工藤静香さんは夜もなかなか寝れなかったのでしょう。

ですから、次女の光希ちゃんが生まれた時は、特別に情報を公開しなかったのだと思います。

ただ、それが原因で、

「情報を公開しないのは、重病だからではないか?」
「情報を公開しないのは、ダウン症なのではないか?」

と勝手に噂話が生まれてしまったんだと思います。

次女・kokiさんがダウン症ではないかと思われた理由が、生まれた時に次女が誕生したことを発表しなかったから…なんだそうです。

長女が誕生した時にあまりにも反響が多く、そしてその反響が良いものだけではなかったため、両親が娘のためと判断したのではないかと思われます。

ダウン症と言われる理由②岐阜県や静岡県、長野県の病院での目撃情報があった

一番有名なのは、静岡県の「こども病院」での目撃情報です。

この病院は、知的障害者やダウン症に特化して世界的に有名なドクターがいます。

テレビの「救急スペシャル」という特番でもとりあげられたようで、非常に有名です。

この病院には、ダウン症の子供を持つ親が通うので有名で、工藤静香さんがいたという情報が広まって、「木村拓哉の子供がダウン症」という話に広まったのです。

ただ、それは早とちりですね。

これだけ有名な木村ファミリーが家族水入らずで楽しく遊ぶには、まず都内では難しい状況があったのではないかと思われます。

なので休日に遊びに行っていたと思われる岐阜県や静岡県長野県の病院での目撃情報が相次ぎました。

おそらく遊びに行った先で、突然子供達の具合が悪くなり、近くの病院に通ったということだと思いますが…。

隠れて地方の病院に通っているのではないか、つまりダウン症なのではないかと言う噂が広まってしまいました。

ダウン症と言われる理由③次女の画像が出回っていなかった

心美ちゃんの画像は出回っているのに、光希ちゃんの画像は出回っていないから。

長女の心美ちゃんの画像が出回ってしまい、木村拓哉さんも危険を感じたのかもしれないですね。

ジャニーズ事務所はかなり強力な力があるので、マスコミに対して、情報を公開するなと圧力をかけている噂もあります。

ジャニーズ事務所にとっても、木村拓哉さんは大黒柱ですから、木村拓哉さんが仕事に集中できないような事は極力排除したい気持ちはわかりますね。

それを裏付けるように、週刊誌や雑誌に出る時も、子供の所は各紙目線入りになってます。

ダウン症の噂が広まった1番の理由はやはりkokiさんの画像が1枚も出回っていなかったからだったと言われています。

ジャニーズ事務所が圧力をかければ娘の画像を一枚も流出させないということはいとも簡単だったのでしょうか…。

ダウン症と言われる理由④障害があることはスクールでも有名だった!?

音楽の才能を持ち、特にフルートとピアノの演奏に長けている。

フルートは第23回ヤマノジュニアフルートコンテストで優秀賞を受賞。

また作曲も行っている。

2017年にkōki,名義で8月30日発売の母・工藤静香のソロデビュー30周年アルバム『凛』3曲を書き下ろし、作曲家デビュー。

他、中島美嘉にも楽曲提供をしている。

次女kokiさんには障害があるということが、スクールの中でも有名だったなんて噂もありましたが…。

次女のkokiさんはフルートとピアノの演奏に長けており、第23回ヤマノジュニアフルートコンテストで優秀賞を受賞したこともあります。

さらに驚いたことに母のソロデビューアルバム凛の3曲を書き下ろしたり、中島美嘉さんに楽曲を提供するなど作曲家デビューも果たしていました。

この姉妹は音楽の才能がものすごくあるようですね。

次女・Koki,は病気ではなかった!

次女のみ顔を出さない

顔を出せないって顔に特徴のある病気だから?

都内以外にもマンション買ってる

それが病院の近くだった

隠れて通院?やはり病気?

結果:次女のダウン症

ダウン症の噂が消えた後、今度は次女こうきさんが病気ではないのか?という噂も出回ってしまったようですが…。

これもやはり地方の病院での目撃情報が相次いだからだと思われます。

しかし現在はダウン症、病気の噂、共にデマということが分かっています。

次女・Koki,が映画に出演したことがないのに「映画賞」を受賞!?どういうことなの!?

木村拓哉と工藤静香の次女で人気モデルのKoki,は26日、「ELLE CINEMA AWARDS 2018」で「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞した。

同賞は「エンタメ界において今年最も輝いており、これからの活躍を応援したい女性」に贈られるものだが、マスコミ関係者は語る。

「Koki,は今年5月に雑誌『ELLE』(ハースト婦人画報社)でモデルデビューしているという縁もあり、さらにはKoki,が出演するとなれば多くの報道陣が集まるため映画賞の宣伝にもなるという主催元の計算で、今回の授賞に至ったのでしょう。

しかし、映画出演の経験がないKoki,が映画賞を受賞したことについて、早くもインターネット上では揶揄する声が続出して、かっこうのネタになってしまっています。

明らかにモデルとしてはブランドが傷つきました。授賞式に集まった記者たちも、いったい何を質問すればいいのかわからず困惑していたようです」

Koki,といえば、5月にモデルデビュー後は「ブルガリ」や「シャネル」など高級ブランドのアンバサダーを務め、テレビCMの仕事まで入る“大物新人”ぶりを見せているが、テレビ局関係者は語る。

「昨年発売された工藤静香のアルバムのなかでKoki,は3曲作曲。

あるインタビューで工藤はKoki,の才能を大絶賛していますが、はっきり言って今までの活躍は“親の七光り”以外の何物でもない。

あまりに露骨に親の力を使っていることが、世間の多くの人から反感を買っているのは事実ですし、若い人の目には“ダサい”“カッコ悪い”と映っている。

そこへきての今回の“映画賞受賞事件”ですから、タレントとしてのイメージはますます悪化するでしょう

もっとも、Koki,がこうした批判を浴びる事態になっている責任は、本人にはないという声もある。

「Koki,はまだ15歳なので、基本的には事務所などの大人たちに言われるがまま仕事をこなしているだけでしょうから、本人にはなんの責任もない。

ただ、若い頃に大した苦労もなくデビューして人気が出て、周囲からチヤホヤされる経験をしてしまったタレントは、将来苦労するケースが多い。

父の木村もこれまでの活動は順風満帆だったように思われがちですが、10代の頃はジャニーズ事務所のジャニー(喜多川)社長に髪の毛を鷲掴みにされて怒られたり、SMAPとしてデビュー後もブレイクするまで時間がかかり、ずっとジャニーズ内でも亜流扱いで苦労しました。

工藤にしても、おニャン子クラブという国民的アイドルグループのなかで揉まれに揉まれた経験をしています。

そんな2人だけに、もう少しKoki,の現在の活動について考えてあげても良いと思うのですが」(週刊誌記者)

Koki,の今後の活動が気になるところである。

いくら両親が有名だとしても一度も映画に出ていない人物が映画賞を受賞するということにはやはり驚きを隠せませんでした。

この受賞に対して両親は何のアドバイスもしなかったのでしょうか??

彼女の快進撃は今後も続くかもしれませんが、映画に出ていないのに映画の賞を受賞したことに対して嫌悪感を感じた人はさらに増えたと思われます。

娘たちは英語が堪能ってマジなの?

家庭でも薄い「木村」の存在感

工藤&娘との関係に焦点を当てる媒体が多いことは察するが、現実の「キムタク一家」では父親の影響力があまりないという。

「これまで報じられている通り、静香さんとフルート奏者の長女、Koki,さんら母娘3人は非常に仲が良いそうです。

静香さんが、下校中の娘たちと渋谷や代官山近辺のカフェに立ち寄る姿が度々、マスコミから目撃されています。

しかし、ビックリするのがその会話がすべて英語だったこと。

娘たちが英語やフランス語などのバイリンガルどころかトリリンガルなのは知られていますが、じつは静香さんも独学で英会話を習得していて、家庭での会話もほとんどが英語なんです」(写真週刊誌記者)

一方で、

「ところが、家族の中で木村さんだけが英語を流暢に話すことができない。

家や外でも、それまで3人が英語で話しているときに“スッ”と木村さんが入ってくると、娘たちはとたんに日本語に戻るんだとか」(前出・写真週刊誌記者)

そんなこともあり、一家で“キムタク家長”の存在感は少し薄いようだ。

世間的には誰もがうらやむような芸能人一家だが、そんなリアルな家庭事情は微笑ましくもある。

インターナショナルスクールに通っていた二人の娘は普段も母工藤静香さんと英語で会話しているんだそうです。

一昔前までは英語ができる=凄くかっこいい印象だったかもしれませんが、現在は英語が話せることがそれほどステータスがあることのようには思えません。

それよりも日本語をしっかりと話せること、人間性がどうなっているかの方が大事なのではないでしょうか…。

連日、木村拓哉さんの子供達は英語が話せる!!と報じるマスコミ。

彼らが英語英語と煽れば煽る程…なんだかすごくダサいイメージを持ってしまうのです。

木村拓哉と工藤静香に3年目の子供の噂が!?→やっぱり嘘でした

最近こんな噂が立っています。

木村拓哉と工藤静香に3人目の子供が出来たとは本当なのですか?

まず世間的に知られているとおり、木村拓哉さんには2人のお子さんがいます。

その2人のお子さんの名前と生年月日はこちらです。

木村 心美ちゃん(きむら ここみ)…2001年5月1日生まれ
木村 光希ちゃん(きむら みつき)…2003年2月5日生まれ

ちなみに調べていく中でこの2人の名前のステキな由来も出てきたので、ぜひ紹介させていただきたいと思います♪

心美ちゃん
「美しい心を持つ女性になるように」
光希ちゃん
「光り輝く希望を持って生きて欲しい」

いやぁ、ステキな両親の思いが込められたお名前ですね。

このお名前の意味を全うできるような人生を歩めるといいですね。

写真も2人のお子さんとのものしかありませんでした。

しかし!!!経済的にも十分余裕があるでしょう、3人目の可能性もまだまだ高いのではないでしょうか?!

その可能性から3人目の噂も立っているのではないかと思われます。

今後も目が離せませんね(☆∀☆)

木村拓哉さんと工藤静香さんの間には3人目の子供がいると噂がありましたが…。

やはりこれは嘘のようですね。

木村拓哉の子供時代(子供の頃)の写真やエピソードが気になる!

木村拓哉さんの子供時代の写真やエピソードをご紹介していきます。

木村拓哉さんといえば、おしゃれな方として有名ですがファッションについて影響を受けたのは10代の時に見たフランシスフォードコッポラ監督のアウトサイダーだったんだとか。

これは知らなかったのでとっても意外でした。

また食べ物はとろろが苦手なんだそうです。

木村拓哉さんについて調べていくと驚いたのが、芸能関係者からめちゃくちゃ才能があると褒められていたことでした。

水嶋ヒロさん、中井貴一さん、三谷幸喜さん、山田洋次監督など…木村拓哉さんと関わった人は皆彼の才能に惚れてしまうのかもしれません。

特に注目したのは中井貴一さんが木村拓哉さんの印象として述べていた部分。

木村君が目指しているのは、良い俳優であるとか、良い歌手であるとかそういうところではない…もっと上のものを目指しているような気がする…という言葉でした。

だから木村拓哉さんの作品はいつもどこか心が動かされるような温かい感動があるのかもしれません。

私は最近マスカレードホテルを見に行ってきました。

酷評する方も何人かいたことは分かっていましたが、やはりこの映画にも、いつもの木村拓哉さんらしい何か特別な雰囲気が散りばめられており、終わった後は、見に来てよかった…と後味の良い感想になりました。

彼の娘たちはまだ15歳19歳と若い年齢です。

映画に出ていないのに映画賞を受賞…。

インターナショナルスクールに通っていて、普段の会話は英語、そしてCMの撮影も海外…。

彼女たちの才能は有名雑誌に出たから響く…とかではなく、もっと才能見せつけられる、ドラマとか…バラエティー番組とか…そういう場所の方が良かったのではないでしょうか…。

例えば、松たか子さんだったり、歌舞伎役者の市川染五郎さんだったり…元々才能のあるタイプは、海外で撮影とか、英語がどうのこうのではなく…。

月9でデビューとか…普通のことで差が見えてくるような売り出し方の方が良かったような気がしてしまうのです。

私は普段、1年の半分を海外で過ごしていますが…海外って本当にそんなに日本と比べて素晴らしいものでしょうか?

せっかくいい才能を持ったお嬢様たちなのに、なぜこんな売り方をしているのか…それが残念で仕方がありません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする