中田博久の子供は娘がいるの?小林稔侍との共演作や現在の活動をチェック!

今回は俳優の中田博久(なかた ひろひさ)さんについてみていきましょう。

 

中田博久の子供について!娘がいるとの噂は本当か?

戦前中の二枚目俳優で、戦後は映画製作会社の社長・中田弘二の息子として生まれた中田博久さん。

父がかつて所属していた日活のニューフェースとして映画『南海の狼火』で俳優デビューを果たし、『昭和残侠伝』シリーズなどの重要な役柄を演じた一方、特撮作品では主役として活躍しました。

名探偵明智小五郎シリーズ 怪人四十面相』では明智小五郎役を演じ話題になりましたね。

そんな中田博久さんの私生活では、女優の新井茂子さんと結婚しています

1959年、東映ニューフェイスの第6期に合格。

同期には千葉真一・亀石征一郎・太地喜和子・真山知子・茅島成美・都築克子らがいる。

1960年、映画『殴りつける十代』でデビュー。

スポンサーリンク

以後、『飛ばせ特急便 深夜の脱獄者』(1961年)、『殺人鬼の誘惑』(1963年)、『 十七才のこの胸に]』(1964年)など、主に現代劇に多数出演する。
その後、東映を離れてフリーとなり、テレビドラマを中心に活動する。

1970年の中田博久と結婚後も女優活動を続けていたが、1972年の出産を機に芸能界を引退した。

よって、1972年にお子さんが誕生していることがわかっています。

噂によると娘さんがいるようですが、名前や顔画像などは見つかりませんでした。

娘さんは現在47歳になっているので、結婚して独立しているかもしれませんね。

 

中田博久と小林稔侍は「キャプテンウルトラ」で共演していた!

中田博久さんの代表作ともいえるのが、1967年に放送された『キャプテンウルトラ』ですね。

宇宙を舞台に怪獣や侵略者と戦う素顔の等身大ヒーロー・キャプテンウルトラを演じ話題になりました。

TBSが「ウルトラシリーズ第3弾」として、また東映が「宇宙特撮シリーズ」として制作した国産初の本格スペースオペラ作品である。

舞台は21世紀後半。

宇宙開発計画の発達によって地球は「宇宙開拓時代」を迎えた。

しかし宇宙に進出した人類を待ち受ける未知の危険は絶えなかった。

そこで宇宙ステーション「シルバースター」所属の宇宙警察パトロール隊が編成された。

ひとたび特殊銃で救援信号があると、隊員・本郷武彦ことキャプテンウルトラは、キケロ星人のジョー、万能ロボットのハックと共に、宇宙船シュピーゲル号を駆ってバンデル星人や様々な怪獣たちと戦い続ける。

ここで仲間のキケロ星人ジョーを演じていたのが小林稔侍さんです。

スポンサーリンク

しかし、投票不人気に伴って小林稔侍さんは12話で降板させられてしまいます

このため、第13話以後はアカネ隊員がシュピーゲル号に搭乗し、共に戦うようになっています。

このことが原因で、小林稔侍さんは特撮嫌いになったという噂まであるほどです。

いまや2時間サスペンスドラマの常連で有名な俳優さんですが、若い頃にはこのような役もこなしていたのですね。

 

中田博久の「キャプテンウルトラ」は団塊世代に評判!

中田博久さんは彫りが深く、目力のある顔立ちをされているので、悪役が様になるのか、昔ながらのお代官様の役などが多いですよね。

しかし、キャプテンウルトラでヒーローを演じていたときもサマになっていますよね。

この特撮ドラマは宇宙が舞台で、主人公キャプテン・ウルトラが宇宙船シュピーゲル号を駆って、アカネ隊員、キケロ星人のジョー、映画「禁断の惑星」や「スターウォーズ」に登場するロボットのロビーやR2D2によく似たハックらと力を合わせて、宇宙人や怪獣と戦うお話だったのです。

キャプテン・ウルトラの特長は、真っ赤なコスチュームに、背中のジェット噴射装置で、宇宙を飛び、ヘルメットの上部から光線を発射して、宇宙人や怪獣をやっつける事でした。

アメコミに出てきそうなヒーローで、とってもかっこいいですよね!

時代劇も多数出ておられるようですが、私の中では中田さん=キャプテンウルトラでした。

時代劇は悪役代官のような役柄が多かったようですね。

しかし大変ダンディでロマンスグレーも決まっていて素敵なおじさまに仕上がっています。

時代劇の決まり役は失礼ながらないとも思えるのですがしかしどちらかというと個性派二枚目男優さんで多くのマダムの心をとらえておられたのでしょう。

このような声もあるほど、いまも同世代の記憶に残っています。

 

中田博久の現在の俳優活動について

1970年代以降、アクの強い悪役を演じる機会が増加した中田博久さん。

『仮面ライダーアマゾン』(ゼロ大帝)や『超電子バイオマン』(メイスン)などに出演し、21世紀に入ってからは、2時間ドラマにや河崎実監督の常連となっています。

そんな中田博久さんの現在は、変わらず俳優として活躍しています。

「クイズ!脳ベルSHOW」「水戸黄門」に出演しており、ドラマのみならずバラエティにも出演しているのですね。

75才と高齢になっても存在感のある俳優さんなので、これからも活躍を期待したいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)