ちゃらんぽらん冨好に子供はいるの?結婚した嫁と自宅住所をチェック!

今回はお笑いコンビ・ちゃらんぽらんの冨好真(とみよし まこと)さんについてみていきましょう。

 

ちゃらんぽらん冨好の子供は息子がいた!競艇選手になっていた!

お笑い芸人の登竜門「お笑いスター誕生!!」で、8週連続合格し、あのダウンタウンやウッチャンナンチャンを破って優勝した過去を持つちゃらんぽらん

ボケ担当の冨好真さんは、何でも中途半端でボケもイマイチだったため、「ちゅ〜〜と(中途)半端やなぁ〜!!」というツッコミをしていました。

現在はピン芸人として活動し、特定の人物や出来事について「知らんわ〜」とぼやく漫談を披露しています。

私生活では結婚していて、お子さんが2人(長男・次男)いらっしゃいます。

長男の冨好祐真さんは、2011年に競艇選手の試験に合格し、プロの競艇選手になっているそうです。

冨好真さんのお兄さんは競艇選手・兵庫支部長の冨好和幸さんで、もともとその関係で競艇場イベントに出演していました。

その影響からか、息子さんも競艇に目覚めたようですね。

スポンサーリンク

 

ちゃらんぽらん冨好の息子・冨好祐真はボートレース「やまと学校」を卒業!

倍率約50倍という難関を突破し、福岡県にあるボートレースの「やまと学校」に入学した冨好祐真さん。

1年間におよぶ訓練を経て無事に卒業、来たる5月12日(土)に競艇選手として水面デビューを飾ることに。

「過去10年間、500人の新人選手がデビューしたが、初戦で1着をとったのは11人。

たった2%の確率ですが、何が起こるかわからない。

皆さん、ぜひ夢を買ってください!」とさっそく我が子を強力アピールしていました。

当の冨好祐真さん本人はあまり自信がないようで、

最下位で卒業したので期待はされていないと思う。

そのぶん思い切ってスタートでかまして、新人らしいレースをしたい」

と語っておりました。

「やまと学校」には多くの生徒がいましたが、同期の中でともに卒業したのはなんとたった30人!いかに狭き門なのかがわかりますね。

ただ、卒業のときになると教官から「もっと頑張るように激励してやってください」と冨好真さんに直接電話がありましたが、「勝負強いところがあるんやから、気合入れて、根性見せたれ!」と励まし続けていたことも明かしていました。

その中冨好佑真さんは勉強や減量を行っていたためになんども自分はなにをやっているのだろうと我に返ることもしばしばあったそうです。

父の支えが大きかったのか、長い期間を何とか乗り切ることができたみたいです。

冨好祐真さんは将来の目標について賞金王と語っており、自分のレースを『買いたい!』と思わせる魅力あるレースをしていきたいと意気込んでいました。

冨好真さんは息子に対して「事故防止は徹底してほしい」と心配する、父親らしい一面をのぞかせていました。

スポンサーリンク

ちなみに冨好佑真さんは既に結婚して、未束(ミツカ)さんという奥さんがいらっしゃいます。

次男ははまだ独身のようですね。

 

ちゃらんぽらん冨好が結婚した嫁(妻)の名前は千鶴子さん!

冨好真さんの奥さんは、一般人の千鶴子さんです。

この奥さんは、なんと社長をしているのだそうです

 

嫁・千鶴子は「六甲ロイヤルフィールド」を経営していた!

千鶴子さんは「六甲ロイヤルフィールド」という、犬の障害物競技アジリティの練習グランドを経営しています。

兵庫県西宮市山口町金仙寺釜ケ尾にありますが、かなり流行っているようで、予約はかなり先までいっぱいなんだとか。

この1年は娘みたいな息子(次男)と よく食べに行き、よく話したな~それも人生についてみたいな話を( ・∇・)

でも 台風の時や、地震とかすぐに連絡くれたり帰ってきてくれて嬉しかった。

まる子の可愛い写真を送ってとしょっちゅう催促くるのが めんどくさいけど(*≧∀≦*)

先日のクリスマスの日に次男と同級生で少年野球も一緒に頑張ってきた友だちが25歳という若さで亡くなり(脳腫瘍) すごく ショックを受けてた次男。

「なんであいつが こんな事になるねん」と言われても返す言葉がないよ・・・

私も自分の息子がと考えると 辛すぎる。

これからもいっぱい辛いことや、心が折れる事はあると思う、当たり前の事やけど健康で生きてさえ入れば何でもできるんやから、へこたれずに頑張ってほしい。

来年はもっと自分の夢に向かって前向きに歩いて行ってね。

千鶴子さんは会社のサイトにブログもアップしており、息子さんもたびたび登場しています。

 

ちゃらんぽらん冨好の自宅の住所(場所)はどこ?

冨好真さんの自宅は兵庫県にあるようです。

というのも、妻・千鶴子さんが経営している「六甲ロイヤルフィールド」が兵庫県西宮市にあるため、そこからそう遠くないところに住んでいるのでしょう。

1986年より東京に活動拠点を移すも翌年大阪に帰りました。

たまたま見に行った開場で盛り上がっているなんばグランド花月で林正之助会長から推挙され1987年に吉本へと所属していきます。

しかし2008年にコンビを解散してしまいます。

冨好さんは現在「ちゃらんぽらん冨好」の名で漫談で舞台に上がっている。

当初は他の相方とのコンビや自身の長男と組む案などもありましたが結局ピンで活動しているとのことです。

冨好真さんは現在も芸人として活躍しているようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)