林田健司に子供はいるの?奥さんは歌手の高尾のぞみ!現在どうしてる?

ミュージシャン、シンガーソングライター、音楽プロデューサーという活動を繰り広げる、林田健司さんについて見ていきます。

どんな方なのでしょうね。

林田健司に子供はいるの?

今年、54歳になる男性ですね。

有名な歌手へ楽曲提供をしてきた方だそう。

デビューする前から作曲家として楽曲提供を行っており、代表的なものにSMAPに提供した楽曲『$10』、『青いイナズマ』、『君色思い』、『KANSHAして』、『青いイナズマ』、ブラックビスケッツの『STAMINA』などがある。

その他、KinKi Kids、SPEED、藤井隆、中山美穂、奥井雅美、中森明菜など多方面に楽曲提供を行っている。

また、「花に水やるラヴ・ソング」は有名な1曲ですね。

「シェリー」も有名ですので、まだ聴いた事が無い方はyoutubeでチェック!

スポンサーリンク

2chでもいろいろな評判が見れるかもしれませんので、併せてチェック!

林田健司さんって、マルチな音楽活動をしているそうですよ。

ソロとしての活動のほかに、ユニット『東京コール・プロジェクト』(Kwenji Hayashida名義)や、ラテンファンクバンド『eroticao』ボーカル(KJ de la noche en estrellas名義)としても活動している。

そして、結婚はしていますが、お子さんについての情報が見当たりませんね。

Wikipediaへの記載もありませんので、残念ながらお子さんの有無は不明です。

林田健司の奥さんは歌手の高尾のぞみだった!

結婚相手についてリサーチしていきましょうね。

どんな女性なのでしょうか?

嫁は高尾のぞみ。

奥さんは歌手だそうですよ。

1988年トーラスレコードよりアルバム『Candee』でソロ歌手としてデビュー。

その後バッキングヴォーカリストとして活躍し、山下達郎、Sing Like Talking など著名ミュージシャンのバック・コーラスを担当していた。

またコカ・コーラなどコマーシャルソングも担当した。

神奈川県横浜市出身の女性らしいですよ。

年齢は非公開ですので不明です。

そして、異なる名前で音楽活動もしていたようですね。

嫁・高尾のぞみは「CANDEE」名義でソロデビューしていた

横文字の名前を使っていたそうですよ。

ソロ歌手としてはCandee名義を用いた。

スポンサーリンク

1988年にはアルバム「Candee」を発売していますね。

またラジオ番組へも出演していたそうです。

ジョイフルポップ(1988年-1990年 NHK-FM放送)

ただ、Wikipediaでの情報が乏しく、最近の目立った活躍がありません。

現在も活動しているのか気になりますね。

嫁・高尾のぞみとは死別していた!死因は何だったの?

何と、奥さんは亡くなられているそうです。

何があったのでしょうね。

コーラスを担当した林田健司と結婚するも、1998年に劇症肝炎により急逝。

奥さんが他界されてから20年以上が経過しているそうです。

しかも、出逢ってからわずか数年目の出来事だったらしいですね。

1994年、米倉利紀の4thアルバム『adesso』で数曲の楽曲提供とコーラスに参加する。

この時、同じくコーラスを担当した、後に夫人となる歌手のCandyこと高尾のぞみと知り合う。

先のように、奥さんに関する詳細な情報が無いため、亡くなった年齢も不明です。

ちなみに劇症肝炎とは、どういった病気なのでしょうか?

肝臓の細胞が8週間以内のうちに急速かつ急激な障害を受け機能低下を起こした結果、 黄疸 おうだん (肝臓や血液の異常で皮膚や粘膜が黄色くなること)、出血傾向、精神状態の悪化など肝不全症状が現れる病気。

奥さんは、肝臓に関する病で亡くなってしまったそうです。

ご冥福をお祈りいたします。

林田健司は現在でも音楽活動はしてるの?

旦那さんの最近は、どのような状況なのでしょうね。

気になるのでリサーチしてみましょう!

2019年3月29日(金)

会場: 札幌エルマンゴ

開場/開演:18:30/19:30

チケット:チャージ 4000円

(要ドリンクオーダー・予約特典お愉しみ…)

出演:林田健司
小野 かほり
テラシィイ
オルドニェス薫

今年の3月にライブがあるそうですよ!

先月のイベントですが、札幌でも活動していたそうですね。

【BLOCO3周年記念プレミアムライブ】
☆林田健司☆
3/30(土) @BLOCO
18:00オープン 19:00スタート

他にも楽曲提供も行っていたとの事。

東京ヤクルトスワローズ「We Are The Swallows」

楽曲提供情報
●10/31発売 アンジュルム
「46億年LOVE」
作詞:児玉雨子
作曲:林田健司
編曲:鈴木俊介

DVDの発売もしているので、今でも林田健司さんは精力的な音楽活動をされているようですよ。

「奇跡的な軌跡 Raphles Sound System 20th Anniversary Live 20110724」

林田健司さんは、今後の音楽会を牽引していく男性なのでしょうね。

ファンはライブへ出掛けてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする