穂積隆信の子供は娘で穂積由香里?画像は?元嫁・妻は穂積美千子と穂積玲子?

今回は俳優の穂積隆信(ほづみ たかのぶ)さんについてみていきましょう。

穂積隆信の子供は娘で元タレントの穂積由香里だった!【画像あり】

穂積隆信さんは代々有名な家系で、父は歌人・穂積忠さん、兄の穂積忠彦さんは酒類評論家でした。

俳優やライターとしても活動していましたが、自身の娘や人生をモデルにした著書「積木くずし」が最も有名でしょう。

穂積隆信さんの娘は元タレントの穂積由香里さんです。

娘・穂積由香里は非行少女だった!?著書「積み木くずし」でも話題に

薬物など非行に走った1人娘の穂積由香里さん。

その穂積由香里さんをモデルにした「積木くずし」は、約300万部の大ベストセラーとなり、ドラマ、映画化もされるほどの社会現象を巻き起こしました。

1986年に穂積由里の芸名でテレビドラマ『妻たちの課外授業』で女優デビュー。

スポンサーリンク

ヌードまで披露した芸能活動は成功せず、アメリカ留学中に知り合った邦人男性と結婚するが、間もなく離婚

ナイトクラブ「積木の家」を経営するなどしたが、亡くなる前は父とその再婚相手でもある義母と同居し、知人のスナックの手伝いをしていた。

1990年には2度目の覚せい剤逮捕がきっかけで、ようやく親子関係が復活したそうです。

娘・穂積由香里は2003年に死去。死因は多臓器不全だった

穂積由香里さんは2003年、心不全のため自宅で急死してしまいます。

35歳という、あまりにも若すぎる死。多臓器不全で腎臓移植をした2年後のことでした。

積木くずしだけが私と由香里をつなぐ接点だった」と由香里さんの棺に同書を3冊入れたといい「積木くずしさえなければ人生が全然違っていたと思うけど、反抗や麻薬に走ったのも積木くずし、許してくれたのも積木くずし、愛や優しさを教わったのも積木くずし」と一世を風靡(ふうび)した自著に対してと親としての思いがせめぎ合う複雑な心境を吐露した。

「積木くずし」のモデルにもなった穂積由香里さん。

2001年春に生体腎移植を受けて成功したものの、最近は拒食症気味だったそうです。

由香里さんは穂積、再婚した穂積の妻と東京都内のマンションに同居していたが、穂積が名古屋で舞台を務めるため自宅を空けており、妻も同月13日から夫に同行。

由香里さんは12日夜に体調不良を訴え、救急車で運ばれたが、翌朝には帰宅していた。

穂積隆信さんは号泣して、愛する娘の死を悼んだそうです。

穂積隆信は穂積由香里の父親ではない!?本当の父親はいったい誰なのか?

穂積隆信さんは2012年に、またしても「積木くずし 最終章」を出版しました。

その中で、自身が驚くべき事実を知ったことを書いています。

それは、穂積さんが2010年に、由香里さんの遺品を整理していると、自殺した元妻の美千子さんが娘の由香里さんに宛てた遺書を発見されたそう。

そこにはなんと、由香里さんは穂積さんとの子ではなく、美千子さんの不倫相手である、自称会計士の男との間にできた子だったこと。

そして、本当は今でも穂積さんを愛していることなどが書かれてあったというのです。

この話が本当だとすると、穂積隆信さんと由香里さんは血がつながっていないことになりますよね。

スポンサーリンク

穂積隆信の元嫁は穂積美千子。馴れ初めが気になる!

穂積隆信さんの最初の奥さんは美千子さんといいます。

どのようにして出会ったかは定かではありませんが、美千子さんとは壮絶なバトルを繰り広げていました・・・

元嫁・穂積美千子とは金銭問題で離婚。穂積隆信の資産3億円を持ち逃げしていた!?

美千子さんは自称会計士と不倫関係になり、印税や講演料などの全財産3億円を超す大金を持ち逃げしてしまいます。

また、穂積隆信さん名義の土地を無断で売却してしまいました。

これで、穂積さんはベストセラー作家から一転、バッシングの対象になったうえ、経済的にも困窮してしまったのでした。

さらには、「積木くずし」が大ヒットして大金を得たことで、この事実をネタに男から脅迫され、穂積さんを裏切らざるを得なかった。

穂積隆信さんは美千子さんと双方で弁護士を立て、泥沼争いを展開します。

1987年にはようやく離婚が成立しましたが、美千子さんが由香里さんを引き取ったので、それっきり由香里さんとは連絡が途絶えてしまいます。

離婚後の元嫁・穂積美千子の人生が悲惨すぎる…

美千子さんは2001年にアパートで自殺してしまいます。

なんと2001年、娘の由香里さんから、お母さんが死んだ・・・首を切ったみたい。血だらけなの。

お父さんは来ないで。マスコミに知られたら大変だから。

私がちゃんとやるから。と、美千子さんの自殺を知らせる電話が。

(美千子さんは、奪った3億円で、共謀した自称会計士と共に、赤坂でクラブを経営するも、全て使い果たし、生活保護を受けていたそうで、預金通帳には2万円しか残っていなかったそうです

このように元妻である美千子さんは、悲惨な最期をとげていました・・・

穂積隆信は1993年に再婚!妻の名前は穂積玲子!

穂積隆信さんは、1993年に7歳年下の美容師、玲子さんと再婚します。

しかし、玲子さんも悲惨な運命に襲われてしまいます・・・

嫁・穂積玲子は現在脳梗塞で闘病中だった

穂積隆信さんは妻の玲子さんと2人暮らしをしていましたが、2010年に彼女が脳梗塞で倒れて以降は、介護生活を余儀なくされています。

2012年発行の自著においては、未だに多額の負債を背負っていることを明かした。

穂積さんによると、現在の妻・玲子さんが、2010年に「脳梗塞」で倒れて、「高次脳機能障害」となってしまい、ご主人である穂積さんのことも認識できず、介護施設に入院されている状態。

以来、穂積さんは、週に3日、介護施設に通われているそうで、年を取ると最後まで介護できるのかとの不安はありますが、 一緒にいると安心できます。

穂積隆信さんは、介護をしながらも俳優業を細々としていたようです。

「再婚した奥さんも脳梗塞で倒れ、穂積さんが介護されていましたが、一昨年亡くなった」と話すが、黄疸が出たのを機に胆嚢がんが見つかったのは、今年8月だったという。

ここ3年ほど“付き人”だった女性に世話されていたそうだが、亡くなったのは10月19日未明。

付き人も最期には間に合わなかった。積木がくずれ去った後の、たった一人の死。

穂積隆信さん自身もがんで亡くなってしまい、壮絶な人生の幕を閉じたのでした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする