ガレッジセール川田の子供は?病気で入院したのはタバコが原因?現在の病状まとめ

今回はお笑い芸人のガレッジセール・川田広樹さんとその子供さんについて見ていきます。

実は体が弱いと言われている川田広樹さん。

入院したという話は本当なのでしょうか?

ガレッジセール川田の子供(娘)は心結(みゆ)ちゃん

2003年に5歳年下で大阪出身の一般女性と結婚した川田広樹さん。

2005年には第一子となる 長女・心結ちゃんが誕生しています。

現在中学生くらいなんですね!

ガレッジセール川田の子供(息子)は結大(ゆうだい)くん

そして、 2008年には 長男・結大くんが誕生しています。

どちらのお子さんも顔写真などはありませんでした。

スポンサーリンク

ガレッジセール川田の病気について

川田広樹さんは自身でも「 体が弱い・風邪をひきやすい」と言っているほど体が弱いんだとか。

そして2018年に芸能活動を休業するという報道がされてびっくりした方も多いのではないでしょうか。

川田広樹さんの病気について調べてみたいと思います。

急性肺塞栓症(エコノミークラス症候)で精密検査を受ける

芸能活動を休業する理由となった病名は「 急性肺塞栓症」と言われるものです。

川田広樹さんは6月に入り体調が優れず、5日に大阪市内の病院で精密検査を受けます。

診断結果は急性肺塞栓症でした。

エコノミークラス症候群といえば、一度耳にしたことがある方も多いのではと思います。

エコノミークラス症候群という病名は 元サッカー日本代表の高原直泰さんが2002年日韓ワールドカップに代表として選ばれるも、 エコノミークラス 症候群を発症し、代表を辞退せざるを得なくなったことで話題となりました。

この急性肺塞栓症は、 最悪の場合死に至るとも言われている危険な病気なようです。

急性肺塞栓症(エコノミークラス症候)とは

怖い病気だということは分かりましたが、あまり聞き馴染みが無いといえばないですよね。

急性肺塞栓症(エコノミークラス症候群)は、 長時間同じ姿勢でいる事などが原因となり、 足や腹部に血栓(血の固まり)が 出来、それが歩行などにより剥がれ、 血栓が肺の血管を詰まらせることに よって発症する病気です。

川田広樹さんはわりと頻繁に沖縄に帰っていたといいます。

長時間のフライトが原因で…ということでなければいいのですが…。

スポンサーリンク

実は、 急性心筋梗塞よりも死亡率が高いとされている急性肺塞栓症(エコノミークラス症候群)。

早期発見の場合でも、死亡率は 10~ 30%と言われています。

早期発見しても、10人に人は死に至るとは、とても怖い病気です。

心筋梗塞よりも死亡率が高いと聞くと、とても怖い病気だと実感できますね。

大事に至らなくて本当に良かったです。

入院はせず自宅療養

川田広樹さんは急性肺塞栓症の診断を受けましたが、命に別状はなかったため、入院はせずに 2週間の自宅療養で大丈夫だったそうです。

川田本人は、「この度はご迷惑、ご心配をお掛けして大変申し訳ございません」とした上で、「まずはしっかりと体調を万全にすることに専念させて頂きたいと思います」とコメントした。

ここ最近、テレビでの露出が減っているように思えた川田広樹さんでしたので、急にこのような報道がありびっくりしましたね。

検査を受けた病院はどこ?

検査を受けたのは 大阪市内の病院だと言われています。

病院名などは分かりませんでした。

原因はタバコなのか?

一部では、川田広樹さんの病気の原因は タバコではないかと言われています。

今回噂されているガレッジセール川田さんが 喫煙者であるから『肺塞栓症』を発症したという点ですが、結論から言いますと、 関連は証明されておりません。

また、飲酒など一見リスクがありそうですが、こちらも関連は証明されておりません。

高血圧、高脂血症、糖尿病についても、原因かどうかまでは、 話し合いに決着がついていないのが現状だそうです。

ですが、医学的な関連性は無いようです。

また、川田広樹さんが喫煙者であるかどうかの確たる証拠もないようです。

ただ 高齢であったり、 肥満であったりすると 発症率が高まると言われているようですので、注意しておきたいところですね。

ネット上の反応

川田広樹さんが突然休業を発表した際のネットの反応をみていきましょう。

毎週観ている「にじいろジーン」に「いつもの出演者」が居ないのは、やっぱり寂しい。 しっかり休んで、早く元気を取りもどして復帰して欲しいです(`・ω・´)ゝ

ガレッジ川田大丈夫かよ。

ガレッジ川田氏・・・私と一緒だ(´ε`;)

自覚症状分かんないよね~風邪だと思ったし😱

心配の声が多く、また経験者からの声もありました。

風邪かと思いきや急性肺塞栓症だったということも結構あるようです。

年末年始や夏季休暇などで遠出した際に「疲れがたまってる」のかと思いきや実は…なんてこともありそうですね。

現在は病気から復帰

2週間の自宅療養後は徐々に復帰されていったようです。

とはいえ、一旦治療を完璧に終えたと思っても 再発することもあると言われています。

長時間の移動の際にはトイレに行きたくなくてもとりあえず席を立つなどの注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする