小島よしおは子供いる?子供に大人気で子供向けライブもやってるの?

今回はお笑いタレントの小島よしお(こじま よしお)さんについてみていきましょう。

小島よしおと結婚した嫁の間に子供はいなかった!「もし恵まれれば…」と子供への思いを吐露

小島よしおさんといえば、「そんなの関係ねえ!」「はい!おっぱっぴい〜」のギャグでブレイクを果たしましたね。

2007年には「流行語大賞」にノミネートされ、プロ野球選手やマスコットキャラクターも真似をしたほどのブレイクでした。

私生活では2016年に突然の結婚を発表し、世間を驚かせます。

奥さんの名前は小松愛唯(こまつ あい)さん。

結婚発表後に愛唯さんは自身のインスタグラムで初めて小島さんとの2ショットを公開。

すると”嫁が美人すぎる!”と瞬く間に噂になりました。

結婚から2年がたった現在もお子さんはいないようですが、子どもについて聞かれると、「もし、恵まれれば…」とパパ願望を明かしています。

スポンサーリンク

いまや子供に大人気の小島よしおさんですから、自身のお子さんも授かると良いですね。

小島よしおは子供に大人気!?子ども向け営業や子供向けライブで再ブレイクか!!!

2007年にブレイクを果たした小島よしおさんですが、ブームが過ぎ去ると一時期、姿を消した時期がありました

いわゆる「一発屋芸人」のイメージが付いてしまったかと思います。

しかしそんな小島よしおさんが、現在再ブレイクしているというのです。

ここ最近、単独ライブには“ベビーカーの行列ができる”と言われるなど、子どもからの人気を伸ばしている小島よしおが、キッズ向けアルバム『よしおのうた』を発売する。

過去には“一発屋”と評されることもあったが、生粋の真面目な性格もあってか、コツコツと営業を重ねて、『R-1ぐらんぷり 2016』では“コジマリオネット”のネタで決勝まで勝ち残るなど、再ブレイクともいえる状況となっている。

小島よしおさんが、子どもの心をつかんだ理由に迫ってみたいと思います。

子供向けライブはなんと年間600本以上!!!「今は落ち着いた気持ちで活動できています」とコメント

年間600本ものライブをこなす超多忙な小島よしおさん。

一発屋”と言われながらも最初のブレイクから9年も経っており、もはや息の長い芸人さんですよね。

2007年のときは急に状況が変わったんで、やることなすことすべてが初めてで、不安がかなり大きかったんですよ。

でも、今は、自分が積み重ねてきた経験がある上でのいい状況だと思うので、落ち着いた気持ちで活動できているところはあると思います。

もちろん不安はゼロではないですけどね。

スポンサーリンク

今後の活躍も楽しみですね!

小島よしお、NESTAの“キッズコーディネーショントレーナー”の資格を取得していた!

人気が低迷している時期に小島よしおさんはある資格を取り、その資格が再ブレイクに導いたといいます。

努力の甲斐あって取得した資格は、「キッズコーディネーショントレーナー」というものです。

主に子供の運動神経を鍛えてあげることに意味があります。

小島よしおさんは自分の肉体美にさらに磨きをかけ、芸ももっと子供に受け入れられるようにしてあげ、子供の運動神経を鍛えてあげようということで再ブレイクをしました。

資格取得と地道な営業が実り、小島よしおさんはついに再ブレイクを果たします。

資格を取得した理由はやはり「子供のため」か

小島よしおさんは、「ターゲットを子どもにする」ために、何が必要かを考え、資格取得に結び付いたようです。

それまではずっと普通に大人向けの単独ライブをやっていたんですけど、ある時、ライブに来てくれていた4歳の女の子が、始まってすぐに「帰りたいよ~」って泣き出しちゃったことがあったんですね。

これはいけない、と思ったのがきっかけのひとつでした。

元々、裸でやるリズムネタだから、子供のファンはわりといたんです。

でも、時間が経つにつれて、子供のファンがどんどん離れていったんですね

その最後のひとりまで泣かせてしまうところまで行ってしまったという。

だから路線変更しなければって思ったんですよね。

子ども向けの単独ライブをやってる人はあまりいなかったので、当初はかなり手探りな感じでしたけど、今になってみるとシフトチェンジして良かったなって思います。

そして、充電期間を使い資格を取る勉強をしました。

もともと早稲田大学出身で秀才な小島よしおさん。努力が実ってよかったですね!

小島よしお「ライブに日本一ベビーカーが並ぶ芸人」が教える子どもを喜ばすテクニックとは!?

いまや小島よしおさんの単独ライブは、「ベビーカーがずらりと並ぶ」とまで言われるようになりました。

ただ、「ベビーカーが並ぶ」ということを打ち出しすぎたからか、去年の単独ライブには0歳、1歳くらいの子がたくさん来すぎちゃったんです

その年だと、まだネタがわからないから、ほぼ無反応なんですよ。

肌色のものが動いてる、くらいの感覚になっちゃっているので、今年からは“R-2指定”、お客さんとしては2歳以上を対象にしようかなとは思ってますけどね(笑)。

小島よしおさんはオープニングから「そんなの関係ねぇ」を連発し、子供たちをひとしきり盛り上げます。

息の合ったコール&レスポンスで会場の熱気は最高潮に達し、子供心のつかみ方は抜群にうまいようですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする