マイケルジャクソンの子供は何人?養子もいる?名前や肌の色、子供時代について

性犯罪や隠し子発覚など常識とはかけ離れた問題が何度も勃発していたマイケル・ジャクソンさん。

彼の子供は実際何人いるのでしょうか?

その中には養子がいて…実子と言われる人物は誰なのでしょうか?

目次

マイケルジャクソンの子供は何人いるの?→子供は3人いた!

結婚歴は2度。

1994年から1996年までリサ・マリー・プレスリー(エルビス・プレスリーの娘)と、看護師のデビー・ロウとは1996年に再婚し1999年に離婚。

3人の子供がいる。

マイケル・ジャクソンには子供が3人いることがわかりました。

彼が亡くなったのは2009年50歳だった時です。

スポンサーリンク

今からもう10年も前になるなんて…なんだか信じられません。

マイケル・ジャクソンは2度結婚ししました。

最初の奥様はあのエルヴィスプレスリーの娘さん、そして2番目の奥様は看護師だったデビー・ロウさんという方でした。

3人の子供は誰のお子さんなのでしょうか?

息子(長男)の名前はマイケル・ジョセフ・ジャクソン II

プリンスことマイケル・ジョセフ・ジャクソンJr.は1997年2月13日当時のマイケル・ジャクソンの妻であるデボラ・ロウの息子として誕生しました。

プリンスが生まれてからわずか2年後の1999年にマイケル・ジャクソンとデボラ・ロウが離婚したことから、プリンスはマイケル・ジャクソンをはじめ、ジャクソンファミリーに育てられることになります

マイケル・ジャクソンにとっては初めての息子で、彼はプリンスのことを心底可愛がったようです。

マイケル・ジャクソンの長男の名前は上の画像の一番右側の男性・Michael Joseph Jackson 2というお名前です。

2番目の奥様との間にできた息子さんと言われていたのですが…後にマイケル本人がマイケルジャクソンの子供でないということを本人が告白しています。

マイケルの実子ではなかったようですが、プリンスのことを本当に可愛がっていたそうです。

長男・マイケルは現在何をしてるの?

2009年マイケル・ジャクソンが心臓疾患を患い死亡したことでプリンスの人生にも大きな変化が現れます。

ちなみに当時のプリンスは12歳

普通ならプリンスの親権は母親のデボラ・ロウに渡っているところですが、離婚したときにマイケル・ジャクソンに全親権を委ねたこともあって、子供たちの親権は、マイケル・ジャクソンの母親であり、二人の祖母にあたるキャサリン・ジャクソンに移りました。

これによってプリンス、パリス、ブランケットは祖母に育てられることになったのです。

大人になったプリンスは父親と同じ道に進むことはありませんでした。

しかし音楽は音楽でもミュージックビデオの製作に携わっています。

すでに自分の会社「King’s Son Productions」を開き、プロデューサーとしての道を歩んでいます。

現在のプリンスは一体何をしているのかと言うと…。

プリンスがマイケルを失ったのが12歳。

普通なら親権は離婚した母親デボラ・ローサに渡っているところなのですが…結局親権はマイケルのお母さんに移りました。

なぜ親権がマイケルのお母さんに移ったのか…それは現在も謎に包まれています。

プリンスは現在自分の会社「King’s Son Productions」を開きプロデューサーをされているそうです。

息子(次男)の名前はプリンス・マイケル・ジャクソン II

プリンスが生まれた翌年の1998年、今度はパリスが誕生します。

ちなみに二人にはもう一人兄弟のブランケットがいます。

2009年にこの世を去った歴史的シンガーのマイケル・ジャクソン。

彼の忘れ形見の1人であり、“ブランケット”の愛称で親しまれている現在15歳の次男プリンス・マイケル・ジャクソン2世の著しい成長ぶりが話題になっている。

マイケルジャクソンの次男が上の写真の中央の男の子です。

この次男にはマイケルジャクソン2という自身の名前を重ねたマイケル。

元々子供好きのマイケルですから、次男のことを自分の目に入れても痛くないくらい可愛がっていたのが伝わってきます。

マイケルジャクソン、過去に次男・プリンスをホテルのバルコニーで抱き上げたことを謝罪

マイケル・ジャクソン、バルコニーで幼い息子を抱き上げたことを謝罪

Michael Jacksonがホテルの5階の窓から9ヶ月の子供を危うく落としかけた件で、後悔の気持を表わす声明を出した。

11月20日(水)に発表された声明文の中でJacksonはこう書いている。

恐ろしい間違いを犯しました。あのときはエキサイトしすぎていたのです。この先、子供の命を危険にさらすようなことは絶対しません

Jacksonは11月19日(火)、ドイツで賞を受賞するために首都ベルリンにある高級ホテルAdlon Hotelに滞在していた。

ホテルのバルコニーから歓声を上げるファンに手を振って応えたJacksonは、一旦部屋へ入ると、写真に撮られないように白いタオルで顔を隠した息子、Prnce Michael II世を抱いて現われた。

Jacksonは子供を持ち上げると手すりの外側まで手を伸ばしたが、そのとき子供が抵抗して腕から落ちそうになったため、あわてて中へ引き戻した。

その後再び、やはり白いタオルで顔を覆った別の子供たちをファンに披露して見せたが、そのときは手すり窓の外側に出すようなことはしなかった。

このヒヤリとする光景はビデオに撮影されて世界中で流された。

Jacksonには3人の子供がいる。

上の2人の母親は元妻のDebbie Roweだが、3人めの子の母親が誰なのかは謎のままだ。

Jacksonと親しい人々は、赤ちゃんは「自然なかたち」で授かったとプレスに主張している。

Jacksonは、これまでずっと公衆の目やメディアから子供たちを遠ざけてきた。

上の画像の通り、マイケルはプリンスをホテルのバルコニーから抱き上げてマスコミに披露してしまったことがありました。

この時マイケルはただ単にテンションが上がってしまい、可愛いプリンスをファンに披露したかっただけだと語っています。

顔を公にしないためにタオルで隠したのが余計に怪しい雰囲気になってしまい…。

結局この件でマイケルは相当叩かれてしまうのです。

次男・プリンスが現在高身長のイケメンに成長していた!

クリスマス休暇で家族が顔をそろえた週末、マイケルの長女でモデルや女優として活躍しているパリス・ジャクソンが、兄のプリンス・ジャクソン、生前のマイケルにまるで実子のように可愛がられていたことで知られるノルウェー人ラッパーのオマー・バッティ、そして末っ子のブランケットとの貴重な1枚をインスタグラムで公開。

「私たちの家族からあなたたちの家族へ、ハッピー・クリスマス」とメッセージが添えられたこの写真には、「ブラザーズ(兄弟)」というハッシュタグも添えられていた。

長年に渡りいじめを受けたことが原因で、2015年には通名を「ビージー」と改名したブランケット。

身長178㎝の姉パリスと比較しても大差が無いほど、すっかりスラリとした高身長イケメンに成長した彼だが、幼い頃から習っている空手には精を出しているものの、いまどきの若者にはめずらしくSNSにも手を出しておらず、プライベートは完全に謎のベールに包まれている。

昔は身長が低かったイメージの強い次男・ブランケットでしたが現在は上の画像の通り兄姉弟の中でも最も身長が高くなっているそうです。

マスコミが好きじゃないブランケットはなかなか写真を撮らせてくれないことで有名ですが…。

上の画像の通り空手か何かに出かける貴重な写真を見つけました。

どことなく栗原類さんに似ているような雰囲気があるかもしれません。

身長は180cmくらいになっているそうです。

次男・プリンスが「ブランケット」の愛称で呼ばれている理由は?

ブランケットというあだ名は英語で「毛布」を意味し、愛で包み込む毛布のような、という意味合いを込めてマイケル・ジャクソンが付けたものです。

2015年、ブランケットは自分のあだ名で呼ばれることを望んでいないといった報道がされました。

彼が通うバークレイスクールでも彼は「ビギー・ジャクソン」と呼ばれているそうで、「ブランケット」という名前のせいでいじめに遭ったこともあるといいます。

実はこのプリンス、後にマイケルジャクソンの唯一の実母であることがわかりました。

自分の血を分けた息子・ブランケットが本当に可愛かったマイケルジャクソンは彼を愛で包み込む毛布という意味でニックネームをブランケットと命名しました。

しかしブランケットはこの変なあだ名・ブランケットのせいでかなりいじめにあってしまったそうです。

次男・プリンスは父・マイケルと顔は似てる?

2002年にマイケルと代理母の間に生まれたブランケットは、3人の子供たちの中で唯一マイケルと血の繋がりがあるとも言われている。

そのせいか、2018年6月にがんで亡くなったマイケルの父、ジョー・ジャクソンは、「ブランケットを見ると、マイケルを思い出すんです。

いろんな意味で彼は父親に似ているんです」と語っており、外見はともかくとしてマイケルの最強遺伝子を引き継いでいるようだ。

マイケルの唯一の実子・ブランケットとマイケルの顔が似ているかどうかという話ですが…。

上の画像の通り体型や表情などはかなりそっくりなのではないかと思われます。

なんと!!ダンスも相当うまいんだとか…。

マイケルジャクソン・ファンとしては一目でいいからブランケットのダンスを見てみたいものです。

娘(長女)の名前はパリス・ジャクソン

パリス・マイケル・キャサリン・ジャクソンParis-Michael Katherine Jackson、1998年4月3日 – )は、アメリカ合衆国のモデル、女優である。

彼女はマイケル・ジャクソンとデビー・ロウ(英語版)の2人目の子供で唯一の娘である。

ここのところモデルや女優として大活躍しているのがマイケルジャクソンさんの長女パリスジャクソンです。

長女・パリスは現在モデルや女優として活躍中!

パリスジャクソンは、世界最大手のモデル事務所(IMGモデルズ)と契約を交わし、2017年3月よりファッションブランド「カルバン・クライン」の顔に起用されています。

パリスジャクソンはしばらく芸能界と距離を置いていたのですが、父の死後世界最大大手のモデル事務所と契約を交わし2017年からはカルバンクラインの顔としてモデルをスタートしました。

長女・パリスがシャネルの新広告に登場か!

シンガーの故マイケル・ジャクソンの長女で現在18歳になるパリス・ジャクソンがフランス・パリの観光名所、エッフェル塔の前で何やら写真撮影を行っている姿が目撃された。

モデルとしての本格的なシューティングは今回が初めてとなるパリスが、この日撮影していたのは、名物デザイナーのカール・ラガーフェルドがクリエイティブ・ディレクターを務める老舗ブランドCHANEL(シャネル)の新広告。

シースルーのボウタイブラウスをハイウェストのタイトスカートにINしたオールホワイトのスタイルに、スタッズつきの手袋やシルバーのバックルがついた細ベルトでアクセントをプラスしたコーディネートで、軍服に身を包んだ男性モデルに囲まれるパリス。

右手にはアメリカの星条旗、左手にはトリコロールカラーのフランス国旗が。

白いブラウスのほかにも、パリジェンヌたちの定番であるフレンチボーダーのロングスリーブTシャツに黒いクロップトパンツを合わせ、足元にはフラワーモチーフの刺繍が入ったレースアップブーツを履いたカジュアルなスタイルも披露していた。

パリスの快進撃はアメリカ本土だけにとどまらず、現在まだ18歳なのですがなんとシャネルの新広告のモデルに選ばれました。

モデルとしてはぽっちゃりしているのではないかと思われましたが…。

上の画像を見ると、ベテランの貫禄!!

なんだか父マイケルジャクソンさんと似たような転生のオーラがあるようです。

長女・パリスの出演ドラマが気になる!

故マイケル・ジャクソンさんの娘パリス・ジャクソンが、映画『プレシャス』などのリー・ダニエルズ監督が手掛ける米テレビドラマ「STAR 夢の代償」に再び出演するとTVLineが報じた。

同ドラマは音楽業界の成功を夢見る若い3人のR&Bガールズグループが、アトランタの美容室経営者カルロッタ(クイーン・ラティファ)やタレントマネージャーのジャヒル(ベンジャミン・ブラット)の協力を得て、音楽業界の厳しさを学びながら成長する過程を描いた作品。

パリスは第1シーズンで、若くスタイリッシュで脅威的なソーシャルメディアの第一人者レイチェル・ウェルズを演じ、ガールズグループの広報用の撮影を担当。

メンバーの限界を押し上げようと、わざとあおるようなことをする役で女優デビューを果たした。

第2シーズンでも同じ役で登場し、複数エピソードに顔を出す予定だという。

「STAR 夢の代償」は9月にアメリカで放送されるエピソードで、人気ドラマ「Empire 成功の代償」とクロスオーバーすることも話題となっている。

パリスジャクソンはモデルとして才能を開花した後、ドラマにも出ることが決まっています。

一時は自殺を図ったこともあるパリスでしたが現在は充実した生活を送っているようです。

【血縁関係】マイケルジャクソンの子供は本当の実子なの?何故肌の色が白い?

2009年6月に急性プロポフォール中毒で死亡したマイケル・ジャクソンは、死の直前に「長男プリンスと長女パリスの実の父親は自分ではないと告白していた」と生前マイケルと親交のあったジェイソン・ファイファーが証言している。

ジェイソンによれば、マイケルが死亡した2009年6月の数カ月前、プリンスとパリスはイギリスの俳優マーク・レスターとマイケルの元妻であるデビー・ロウの子供であり、代理出産で生まれた一番下のブランケットだけが自身と血の繋がった子供であると告白したという。

ジェイソンはデイリー・ミラー紙に次のように話している。

ジャクソンさんには3人のお子さんがいることがわかりましたが…。

長男と長女は自分の子供ではないと告白していたことがあることが判明しています。

なんとプリンスとパリスはマイケルの元妻であるデビー・ローと俳優マーク・レスターとの間のお子さんだそうです。

2番目の奥さんと子供の間に血縁関係はないのかと思われましたが、実際には彼女の子供たちだということがわかりました。

だったらなぜ親権がおばあちゃんに移ってしまったのか…不思議なところです。

スポンサーリンク

【衝撃】マイケルジャクソン、死の直前にプリンスとパリスが養子だったと告白していた!?

「マイケルと私はよくお互いの家族のことや人生について語り合っていました。

ある日、彼の子供たちやデビーのことを話していたら、いきなり『上の2人の子供たちの実の父親はマークである』と告白してきました。

落ち着いた口調で『僕の友人のマークが精子を提供してくれたんだ』と。

私は呆気にとられ、その経緯についてはそれ以上立ち入った質問を避けました。

マイケルは、マークのことを親友であり、とても素晴らしい俳優でいい人間だと語っていました。

マイケルは候補として何人かから精子を提供してもらい、その上でマークに決めたようです」

ジェイソンは、マイケルが死亡する4カ月前、2009年の2月にビバリー・ヒルズにあるアーノルド・クライン医師のクリニックを訪れ、マイケルにそう打ち明けられたと話しており、さらにこう続けている。

「その後数日が経過し、私はようやくマイケルの告白の重大性がわかってきました……そんな秘密を僕に打ち明けてくれたんだ……と。

その当時、マイケルが私に話した秘密の大半は私も黙っていましたし、彼も私を信頼してくれていました。

その頃は、マークのこともほとんど知りませんでしたが、マイケルの死後、マークがマイケルの子供たちの実の父親ではないか、とメディアに登場してきた時、すべてのつじつまがあったのです

先日より、これまでのストレスから長女のパリスが自殺未遂を起こし、今後パリスが誰と暮らすのか――ということも焦点になっているが、ジェイソンはさらに、もしマイケルが生きていれば、1999年の離婚で子供たちの親権を放棄した母親のデビーよりも、マークに子供たちの面倒をみて欲しいはずだと締めくくっている。

「もしマイケルが生きていて、自分の死する運命とその後の子供たちの状況を知っていたなら、まずマークを選ぶだろうと思います。

子供たちの人生にとってマークは最適の人物です。

彼は自分の子供も育てていますし、マイケルに対しても長年誠実でした。

マイケル自身がマークの種を選んだわけですし、彼に子供の面倒を任せるでしょう」

なんとマイケルはマークから精子をもらっていたんだとか…。

しかも友人の話からすると、そんな大事なことをいきなりカミングアウトしたようですね。

マイケルが告白したのが彼が死ぬ4ヶ月前だったということを考えると…このことを誰かに伝えておきたかったマイケルからの決死のメッセージだと思えてしまいます。

上の画像の金髪の男性が二人の子供の父親マークさんです。

マイケルジャクソンに隠し子発覚!?DNA鑑定で歌手のブランドン・ハワードが99%の確率で実子か!?

マイケル・ジャクソンの“隠し子”と騒がれている歌手のブランドン・ハワード(31)のDNA鑑定について米ネットテレビ局の代表アルキ・デビッド氏らが6日(日本時間7日)、記者会見し、99・9%の確率でマイケルとの父子関係が証明されたと発表したが、その後に鑑定結果がニセモノとの報道がなされるなど騒動は拡大の一途をたどっている。

米芸能サイト「TMZ」によると、デビッド氏らが公表したDNA鑑定の記録の用紙の写真を入手。

鑑定をしたのはアイルランドのDNA実験室とされているが、調べたところアイルランドに該当するDNA実験室は見つからなかったという。

そうしたことなどから同サイトは「DNA鑑定はニセモノだった」と報じた。

いったいどうなっているのか?「TMZ」の調査不足なのか、それとも偽造されたものなのか?

ブランドン自身は今回のデビッド氏らのDNA鑑定について「自分は関係していない」と否定した。

また、自分がブランドンの父親だと名乗り出る人物も出現。

ブランドンの母親で歌手のミキ・ハワード(53)が2010年にマイケルの隠し子説を否定した際に実の父親として名前を挙げたR&Bグループ「サイド・エフェクト」のリーダー、オーギー・ジョーンズだ。

今回の騒動を知ったオーギーは「DNA鑑定をしてもいい」と一部メディアに語った。

隠し子騒動はしばらく続きそうだ。

マイケル・ジャクソンさんには3人のお子さんがいるのですが、ある日突然、もう1人の息子がいた!!というニュースが流れます。

DNA鑑定したところ、歌手のブランドンハワードさんが99%の確率で実子だと報道されてしまいました。

一時はこの結果が本物だと言われていましたが、結局DNA鑑定は偽物だったんだそうです。

マイケルさんの死後も彼の遺産を狙った行為なのか…色々な問題が尽きないようです。

マイケルジャクソンは大の子供好きだった?性犯罪の騒動もあったけど真相は?

1993年、13歳の少年が自分の父親(エヴァン・チャンドラー、ビバリーヒルズの歯科医)によって精神科医に連れて行かれ、そこでマイケルが性的虐待をしたことを話したことから、この事件は大きく動きだす。

この背景には、エヴァン・チャンドラーが、自分の息子と非常に親しくなったマイケル・ジャクソンに息子の愛情を奪われたことで、マイケルに対して嫉妬を抱き、しかも多額の金を必要としていた事実がある。

この時点ですでに、少年の母親のジューンとは離婚していたが、週末は息子が父親宅に来て、一緒に時を過ごしていたが、少年がマイケルと親しくなることで(当初はこのことをエヴァンも歓迎していた)、マイケルに夢中になり、だんだん父親としての愛情を奪われたと感じ始めたのだ。

しかも、エヴァンは、歯科医とはいえ、映画脚本家になりたいという夢を持っており、この夢の実現のために多額を必要としていた。

少年はジューンに引き取られており、エヴァンは養育費を毎月払うことになっていたものの、この支払いは滞っていた。

そして、当時、この少年をめぐって、ジューンとエヴァンは熾烈な親権争いをしていたのだ。

このような背景において、エヴァン・チャンドラーにとっては、マイケルは金をゆする、まさにうってつけの対象だった。

エヴァン・チャンドラーは、自分の陰謀にぴったりの悪徳弁護士、バリー・ロスマンに代理を依頼し、二人でマイケル・ジャクソンから金を恐喝する策略を立てて行動に出る。

当初、13歳の少年は、マイケル・ジャクソンは自分に対してなにも不適切な行為をしていない、と語っていた。

しかし、あるときから突然、この意見を変えてしまう。

それはこの訴訟事件が和解によって終結した数ヶ月後に、あるジャーナリストによって報道されたことだが、当時、少年の問題の歯を抜くとして、父親エヴァン・チャンドラーが治療を行ったときに、催眠鎮静剤であるアモバルビタールを使用した直後のことだったのだ。

アモバルビタールの米国での商品名は「アミタール」という。

「アミタール」を使った治療後、少年は、マイケルが目の前でマスターベーションを行ったり、マイケルがオーラルセックスを行ったなどという話や陰茎を愛撫されたということを、精神科医に話したのだ。

だが、アモバルビタールを歯の麻酔に使用することはほとんどない。

以前は、PTSDなどの患者にこの薬剤を用いて、心の中で考えていることを表出させるような治療に用いられたことがあり、そのほかにも、「自白」を強要するために用いられたこともあった。

これは、静脈注射でこの薬剤を徐々に投与していくと、意識が朦朧としてきて、相手の言うことに対して抗うことができない状態になるため、これを利用して「自白」を強要するようなことが行われていたとされる。

また、この薬剤を用いて、虚偽の記憶を植えつけることがいかに容易であるか、ワシントン大学の心理学教授による臨床試験が米国で行われ、実証されて論文発表もされている。

このアミタールという薬物は催眠性がありかつては一部の治療者が用いていたが、この件に関しては様々な非難が起こっていた。

とある父娘の性的虐待訴訟のケースでは、訴えられた父が娘の心療科医のこの薬の娘への使用を理由に反訴し勝訴するという事まで起こった。

そのため、アメリカでは2000年ごろまでにこの方法は禁止となり、多くの州でこのような訴訟は受け付けない事になった。

カリフォルニア州も同様であり、2005年の裁判ではこの事実を持ち出せば無罪になる可能性が高かった。

前述のように、少年がマイケル・ジャクソンの不適切行為について、精神科医に話したことにより、精神科医は、児童性的虐待があったとして、児童福祉局に報告し、児童福祉局が警察に報告したために、エヴァン・チャンドラーの計画とは別に、まずは警察が動き出したのである。

少年および父親は、決して「刑事告発」したのではない。

警察がマイケル・ジャクソンのネバーランド、および、ロサンゼルスのマンションの家宅捜査令状を取って動き出すと、この情報がメディアに流れて、世界中に報道され、一大ショックを巻き起こしたのである。

家宅捜索の際、警察官はマイケルの家の花瓶を蹴り倒し、25万ドル相当の金貨数枚も紛失してしまったが、この件に関しては不問とされ起訴もされなかった。

また、1993年12月20日、警察は全裸にして体中を調べ、マイケルのペニス、尻、太ももを撮ったが、少年の証言と一致するような証拠は見つからなかった。

しかし、このようなマイケルにとって有利なニュースは、大々的に報道されることはなかった。

エヴァン・チャンドラーは金が欲しかっただけであり(刑事捜査に協力することはなく)、民事訴訟を提起した。

マイケルは、すでにデンジャラス・ワールド・ツアーを欧州から開始していたが、刑事捜査と同時に民事訴訟が提起されるなど、とてもツアーを続けられるような状況ではなくなってしまった。

これらのプレッシャー、ストレスに加え、10年前のCMで負った頭部やけどの皮膚再生手術をツアー直前に受けていたこともあって、鎮痛薬を処方されていた。

このため、この薬物依存症になってしまい、ワールドツアーを途中で断念せざるを得なくなってしまった(彼は、メキシコで中止の理由として「虚偽の疑惑からの屈辱、不名誉、メディアの虚偽報道などからくるストレス、プレッシャーと、パフォーマンスで必要とされる大きなエネルギーとが、僕を追い詰め、身も心も疲れ果ててしまいました」と発表した)。

マイケルはツアーを中断して、薬物依存症の集中的治療を受けるべく、エリザベス・テイラーの献身的な支援に支えられて、メキシコから英国にわたった。

マイケルジャクソンさんといえば幼い子供達に対する性犯罪の事件で有名ですよね。

この事件の内容を簡単に説明すると…。

マイケルがかわいがっていた子供の父親がマイケルのお金を狙って事実と違うことをたった13歳の子供に証言させていました。

マイケルジャクソンさんはただ単に本当に子供達を可愛がって頂けただけなのに…。

性犯罪者と疑惑を突きつけられてしまったのです。

この件でマイケルジャクソンさんは精神的に追い詰められ、ツアーが中止になるだけではなく薬を服用しなくては生きられない状態になってしまいました。

彼を支えていたのは親友だったエリザベステイラーだと言われています。

上の画像の美人な女性がエリザベステイラーベステイラーさんです。

マイケルジャクソンのダンスを完全コピーした日本人の子供がすごすぎる!!!

少年の名前は、倉内秀太郎君(当時8歳)。

彼は、マイケルが好きで、マイケルのDVDを見ていて、真似ているうちにダンスが出来るようになったという天才!

当時ダンスを習った事はなかったのですが、マイケルの追悼ダンサーオーディションで1000人の中から選ばれた逸材なのです!

あの、マドンナとマイケルが奪い合った伝説のダンサー、ケント・モリも大絶賛のダンサーです。

マイケルジャクソンのダンスを完全にコピーした日本人の子供が話題になっています。

彼はマイケルのDVD を見ているうちにダンスができるようになったんだとか!?

伝説のダンサー、ケント・モリも彼のことを大絶賛していたそうです。

マイケルジャクソンの子供時代(子供の頃)の画像がこちら!

生まれ育った実家は家庭が貧しかったこともあり一軒家に家族11人で住んでいた。

1958年8月29日、アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリーのアフリカ系アメリカ人街の家庭に六男として生まれる。

父ジョセフは貧しいクレーン操縦士、母キャサリンはデパートのパートタイム従業員として家計を支えていた。

父ジョセフからは少年時代に虐待を受けていたことを明かしている。

歌とダンスのレッスンは非常に厳しく、ベルトなどあるもの何でも使って叩かれたという。

その様子を見た母キャサリンは「やめて! 死んじゃうわ! 殺しちゃうわ!」と泣き叫んでいたという。

また虐待は身体のみに留まらず、「デカ鼻」などとも言われ続けた。

上の画像はマイケル・ジャクソンがまだジャクソン5だった時のものです。

一緒に写っているのはマイケルのお兄さんたち。

みんな顔や体型がよく似ています。

マイケルが育った家庭は大変貧しく両親ともに共働き、お母さんはデパートのパートタイム従業員として家計を支えていたそうです。

実はマイケルは少年時代、父から虐待を受けていました。

厳しい歌とダンスのレッスン、うまくできないとベルトなどで叩かれていたんだそうです。

それでもマイケルが歌やダンスを愛した理由は何だったのか…生きてるいる間に聞いてみたいことがたくさんありました。

マイケルジャクソンは子供の頃から歌やダンスが上手かった!子供時代の名曲もチェック!

マイケルの兄ジャッキー、ティト、ジャーメインは父のギターを隠れて演奏していた。

しかしある時ティトが弦を一本切ってしまう。

張り替える間も無く見つかり、いつものようにジョセフは体罰を振るおうとするがティトが「僕にだって弾けるんだ」と抵抗を示し「なら弾いてみせろ」と言われ必死に演奏するとジョセフは中々上手いことに気付く。

ジョセフは自身もバンドメンバーであった経験を生かし子供達に音楽を教えることを決意する。

1963年、当初マイケルはグループに参加していなかったものの、キャサリンがジョセフに「この子は歌えるのよ」と助言したことからグループに加入。

この頃から「ジャクソン5」と名乗るようになった。

1967年、ニューヨークのアポロ・シアターにまで進出。

そこではジェームス・ブラウンやジャッキー・ウィルソンのパフォーマンスを生で学んだという。

1968年1月、スティールタウン・レコードから「Big Boy」でデビュー。

この頃ライブの前座でボビー・テイラーに出会う。

ジャクソン5の素質を見出したボビーはモータウン・レコードと契約させるべくジャクソン・ファミリーを無理矢理デトロイトに連れて行く。

それが功を奏し、7月にモータウンとの契約を結ぶ。

1969年10月、「アイ・ウォント・ユー・バック:I Want You Back」[7]でジャクソン5としてメジャーデビュー。

デビュー曲でありながらいきなり全米チャート1位に登り詰めた。

続く「ABC」ではビートルズの「Let It Be」にかわり再び1位になった。

続く「ザ・ラヴ・ユー・セイヴ:The Love You Save」、「アイル・ビー・ゼア:I’ll Be There」もチャートを制し、デビュー早々4曲連続全米チャート1位という偉業を成し遂げた。

最初に音楽に興味を持ったのはマイケルの兄達でした。

お兄さんたちが音楽を続ける中ある日突然、お母さんがマイケルは歌が歌えるのよと言ったことでグループに参加するようになったそうです。

ひょんなことから参加したマイケルの歌はなんと兄弟をニューヨークのアポロシアターにまで導いてしまいます。

この時の兄弟のグループ名がジャクソン5、ご存知の方もたくさんいらっしゃいますよね。

メジャーデビュー曲はあの有名な I want you back。

なんとデビュー曲でいきなり全米チャート1位に上り詰めていたのです。

2曲めはABCそして、The Love You Save…続く3曲めがアイルビーゼア…どれもこれも有名で本当に驚きます。

幼い頃から天才的な才能を発揮していたマイケル、彼のたった一人の実子・プリンスは今後デビューするのでしょうか…。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする