千昌夫の子供は息子で白血病なの?長男、次男がいる?娘は現在ハワイで活動?

こんにちは。

今回は千昌夫さんについてまとめていきたいと思います。

千昌夫の子供は息子2人、娘2人の4人もいた!【画像】

今年で72歳を迎える演歌歌手の千昌夫さんは実は2度の結婚歴があります。

しかもそのお相手はお二人とも日本人ではなく外国人なんです!!

最初の結婚は1972年、相手はアメリカ人歌手のジョーン・シェパードさんです。

ジョーン・シェパードさんは1944年生まれで、千昌夫さんの3歳年上です。

一度目のお相手はアメリカ人歌手でした。

オシドリ夫婦で知られていたようでしたが千昌夫さんが原因で離婚に至ったようです。

夫婦でいすゞ自動車や象印マホービンのTVCMに出演するなど、おしどり夫婦として知られていましたが、千昌夫さんの女性関係のため、1988年に離婚。

スポンサーリンク

2人の間に子供はいませんでした。

女性関係が原因なんて、意外です…。

千昌夫さんはモテ男なのでしょうかね~。

なお、この結婚では子供は授からなかったとのことです。

そして二度目の結婚はかなり年下の外国人女性です。

千昌夫さんは1992年、45歳のときに、18歳年下のアメリカ人ダンサーのアマンダ・スタナードさんと再婚

2男2女をもうけます。

18歳年下のこれまたアメリカ人女性です。

アメリカ人が好みなのでしょうね~。

この結婚は今も続いており。なんと4人の子供がいます!

その内訳がこちらです。

長女・ナターシャ(89年ごろ生)
次女・ダニエラ(91年ごろ生)
長男・アレキサンダー太郎(92年ごろ生)
次男・ローレンス健樹(93年生)

2男2女で次女からは年子なんですね。

ここからはそれぞれの子供について調査していきましょう。

長女の名前はナターシャ!

まずは長女です。

名前は先ほど載せたように『ナターシャ』と言います。

古希を迎えた千昌夫さんが2018年4月2日の徹子の部屋にインコと一緒にゲスト出演しました。

去年長女のナターシャさんが28歳で結婚したそうで、あっという間の50年間で70歳になったという実感がないとか。

バージンロード歩いていたらジーンとしたものがこみ上げてきたそうです。

ナターシャさんは現在30歳前後で2年ほど前に結婚されているようです。

もしかすると孫が生まれているかもしれませんね~。

次女の名前はダニエラ!

続いて次女です。名前はダニエラと言います。

実はこのダニエラさん、一般人ではないんです。

ではダニエラさんについて詳しく見ていきましょう。

次女・ダニエラはモデルデビューしていた!

こちらの画像は次女のダニエラさんです。

実はダニエラさんはモデルとしてデビューしていたんです!!

次女のダニエラさんは、2009年、18歳のときにモデルデビュー。

千昌夫さんの娘であること、そして身長172cmの抜群のプロポーションと美貌で話題になりました。

今から約10年前にデビューを果たしており、「東京ガールズコレクション2009」にも出演していたそうです。

当時18歳だったようですが、18歳とは思えないくらいオトナな雰囲気ですよね~。

このスタイルは母親譲りなのでしょうね。

次女・ダニエラは現在ハワイにいるの?

スポンサーリンク

そしてダニエラさんは現在どこにお住まいになっているのでしょうか。

次女「ダニエラ」さんはハワイ州オアフ島在住です。

このような情報がありました。

ネット上の情報をもとにすると日本ではなくハワイにいる可能性が高いですね。

長男の名前はアレキサンダー太郎!

千昌夫さんの第3子となる長男の名前はアレキサンダー太郎さんです。

娘二人は外国人よりの名前ですが、長男はカタカナと漢字が混ざっているんですね~。

独特な名前ですよね。

長男は一般人ということもあり、これ以上の情報は得られませんでした。

次男の名前はローレンス健樹!

最後に次男のローレンス健樹さんです。

これまた個性的な名前です。

名前はどちらが決めたのでしょうかね~。

末っ子のローレンス健樹さんは93年生まれ、今年で26歳だと思われます。

次男・ローレンス健樹生後間もなく白血病にかかっていた!

実はローレンス健樹さんは白血病にかかっていたんです。

千昌夫さんとアマンダさんの次男・ローレンス健樹さんは生後間もなく白血病にかかり、その治療のためにアマンダさんは96年に子供を連れてハワイに移住。

治療のため生まれて3年後にはハワイに移住しているようでした。

白血病ってどんな病気なの?

そもそも白血病とはどのような病気かご存知でしょうか?

白血病とは、血液のがんの一種であり、腫瘍細胞が異常に増える病気です。

すべての血液の細胞の源である造血幹細胞から、それぞれの細胞になるまでには何段階もの細胞分化を経ますが、このいずれかの段階の白血球またはリンパ球になる細胞が異常に増える病気が白血病です。

白血病は血液のがんともいわれ、様々な種類があり大きく急性白血病と慢性白血病の二つに分けられます。

慢性白血病は進行が遅く、初期段階での自覚症状はあまりないようです。

ある程度進行すると、白血球や血小板が増加し、貧血や全身の倦怠感、無気力になるなどの自覚症状がみられるようになります。

さらに、夜間に多くの寝汗をかいたり、体重の減少に気づくようになります

しかし、進行するとこのような症状が出てくるとのことです。

急性か慢性か、どの程度の段階なのかによって症状や治療法は変わってくるようですが最近では早期に診断される傾向にあり、早期発見すれば症状も軽度で治療効果もより高くなるそうです。

現在は白血病から回復してるの?

では現在は回復しているのでしょうか。

次男のローレンス健樹さんの白血病に関しては、治療のための移住から20年以上経っていますので、無事克服されたのかもしれませんが、詳細は不明です。

回復しているという明確な情報はありませんでした。

ローレンス健樹さんが回復されて元気に過ごしていることを願いたいですね。

いかがでしたでしょうか。

千昌夫さんが外国人の方と結婚していることは驚きでしたね。

今後も千昌夫さんの活躍を期待しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする