和田アキ子に子供は養子がいる?子供時代や結婚事情についてもチェック!

怖い芸能界を長年牛耳ってきた浪速のドンこと和田アキ子さん

彼女には子供がいるのでしょうか?

和田アキ子さんの子供は養子という噂は本当でしょうか?

歴代の旦那様について調べてみながら真相を探ってみます。

和田アキ子には子供はいない!その理由が壮絶すぎて泣けてくる…

子供がいない理由は病気が原因。

熟年になってもこんなにラブラブな夫婦でありたいですよね。

しかし、和田アキ子さんには子供がいないんです。

その理由が壮絶すぎて、涙なしには語れないんです。

スポンサーリンク

81年、31歳の時に現在の夫・飯塚浩司さんと再婚したが、再婚1カ月後に子宮がんと宣告された。

「(子宮を)全摘出しないとダメ」「子供は一生産むことができない」と医師から告げられ、「本当に気が狂うぐらい泣いた」という。

和田アキ子さんにはお子さんはいらっしゃいませんでした。

その理由は彼女が子供が欲しいと思った時、なんと子宮癌だと宣告されていたからでした。

医者から命を守るためには子宮を全摘出しないとダメと言われた和田アキ子さん。

彼女にとって子供は絶対に欲しい存在だったため、本当に気が狂うと思うくらい泣きまくったんだそうです。

31歳の時に子宮がんを宣告され、子宮を全摘出。「子供がほしかった」と号泣

命に別状はないものの子供が産めなくなる体になったことときのことが伝えられた。

戸惑う和田の姿を横目に、飯塚はすぐ手術の同意書にサインをしたため、和田は思わず「子供を産めなくなるねんで。あんたに女の気持ちが分かるか」と激怒したという。

そして、「もう別れてもええ」と言った和田に、飯塚は「子供のために結婚したんじゃない。アコ(和田)が好きなんだ」と告げたという。

(子供が産めないと分かって)山の中に行って、浩司の精子で浩司の子供産んで」と母親に頼んだことを明かした。

母親は「半狂乱になってた、オカン」と壮絶な思いをしたことを明かしていた。

子宮を全摘出すれば命に別状はないと言われた和田アキ子さんでしたが…。

どうしても子供が欲しかった和田アキ子さんは、手術同意書のサインを渋ったそうです。

しかし隣にいた旦那様は手術することを即決。

しかし子供を諦められなかった和田アキ子さんは、旦那様の精子をお母さんのおなかの中に入れて子供を産みたいと頼んでいたこともあったんだそうです。

私は個人的には子供がいるかいないかは人生の全てではないと思っています。

自分の母に大変な思いをさせるくらいなら子供はいなくていい…そう思ってしまうのです。

和田アキ子さんはなぜそこまでして子供が欲しかったのでしょうか…。

和田アキ子の子供いないエピソードは世間でも大反響

和田の知られざる壮絶な過去に、スタジオで聞いていた菊地亜美や川田裕美は涙。

ネット上でも、「和田アキ子さんのテレビに(涙)」

「旦那さんとの馴れ初め再現VTR見て号泣…」

「和田アキ子の、子宮摘出のお話、子供が欲しかった、と涙目で語るアッコさんを見て泣いた」

と涙したという声が多く上がり、「和田アキ子の夫婦愛の話ですさまじく号泣した」

「和田アキ子の話で大号泣…旦那さんが素敵すぎて、こんな夫婦が理想の夫婦やね

「和田アキ子の夫婦素敵だ」と夫婦愛を称賛する声も上がっている。

和田アキ子さんがお母さんに頼んでまでも子供が欲しかった理由…世間から集められた声などを読んでいると…。

それだけ旦那様を失いたくなかった…。

子供がいなければまた離婚されてしまうかもしれない

彼との子供がどうしても欲しい…そんな気持ちだったのかなと想像しました。

和田アキ子さんは子供はいないかもしれませんが、旦那様に愛されるという最高の幸せの1つを掴んだ幸せな女性だと思います。

和田アキ子に養子はいない!しかし和田アキ子は叔父の養子になっていた!その経緯は?

和田アキ子さんの叔父さん(父の弟)の名前は、和田忠浩さん。

実は、忠浩さんは、アッコさんの戸籍上の「父」に当たります。

これは、芸能界にデビューする時に、在日韓国人だとわかる名前をまずいと思った実父が、いち早く帰化して「和田」姓だった叔父の養子にしたためです。

忠浩さんは、金融業や不動産業を手広く展開しており、漫画「ミナミの帝王」のモデルになった人物とされていました。

そして、この金融業を通じて、何と俳優の藤田まことさん夫妻にも5億円を超える貸出金があったことが分かっています。

子供が出来なかった和田アキ子さんは養子縁組をしたのかなと思いましたが…。

実は養子になっていたのは和田アキ子さん本人でした。

現在の若い人たちはなぜ在日韓国人が韓国人であることを隠すのか??

その理由を知らない人も多くなったと思います。

しかしかつては在日韓国人だと分かると差別されていたことがありました。

芸能界デビューする娘が在日韓国人だとわかると売れなくなるかもと思った実の父親がいち早く帰化した叔父の苗字を名乗れるよう養子縁組していたのです。

なぜ在日韓国人の人が自分たちの隠すのか…それを責めるよりも…隠さなくていい時代が来ることを願っています。

和田アキ子には2度の結婚歴あり!元夫と現在の夫(旦那)の名前や職業についてご紹介!

スポンサーリンク

現在は2度目の結婚!

和田アキ子さんの旦那さんというと、和田アキ子さんの個人事務所でもあるエーアンドケイの代表取締役社長を務めている飯塚浩司さんです。

しかし、実はその前に1度結婚していたのです。

和田アキ子さんがどうしても子供が欲しいと願った相手、それは現在の旦那様飯塚浩司さんですが…。

実は和田アキ子さん彼の前に元マネージャーの男性と結婚していたことがありました。

元夫:マネージャーの小林甫

1976年に、当時マネージャーだった小林甫さんと結婚をしています。

同棲生活5年を経ての結婚。

当時は、公私ともに和田アキ子さんを支える存在だったんですね!

上の画像の結構ハンサムな男性が和田アキ子さんの元マネージャーです。

5年間の同棲生活を経て結婚されたということですが、和田アキ子さんはテレビで言われているよりももっとずっとモテた女性なのかもしれません。

離婚理由は何だったの?

結婚したことを機に、小林甫さんは和田アキ子さんの担当マネージャーを外れることになりました。

今まで公私ともに生活を共にしていた二人ですが、すれ違いが多くなり別れを決意するまでに。

2人の離婚理由は何だったのかと言うと、結婚後マネージャーを辞めさせられていた和田アキ子さんの旦那様は次第に和田アキ子さんと会う機会が少なくなってしまったそうです。

マネージャーを続けていた方がうまくいっていたのかもしれませんね。

再婚相手の夫:カメラマンの飯塚浩司

和田アキ子の旦那である飯塚浩司の職業について調べてみた所、和田アキ子と結婚するまではカメラマンをやられていたそうです。

現在はどんな仕事をされているのでしょうか。

現在の和田アキ子の旦那の職業について調べてみた所、和田アキ子の個人事務所でもあるエーアンドケイの代表取締役社長をされているそうです。

さらに、和田アキ子がオーナー?をしているという美容室の経営者とも言われています。

2番目の旦那様の画像が上の左のめちゃくちゃ優しそうな男性です。

結婚前まではカメラマンをされていたそうですが、現在は和田アキ子さんの事務所の社長、他には美容室の経営などもされているそうです。

最初はめちゃくちゃ強そうな和田アキ子さんという女性と結婚するなんてこの男性に一体何が起きたのか!?なんて思ってしまいましたが…実際はその反対!

和田アキ子さんと結婚したことで飯塚浩司さんはとっても幸せな人生を送っていらっしゃるようです。

再婚相手の飯塚浩司とは夫婦関係は良好♡仲良しエピソードもまとめてみた!

和田アキ子と旦那の飯塚浩司は株式会社エーアンドケイという会社を共に立ち上げ夫婦でありながらビジネスパートナーとしてもいい関係を保っているとされています。

ちなみに、会社名は夫婦2人の名前の頭文字からつけられたというエピソードがあります。

こういった会社名をみても2人の関係性の深さが見えてくるようです。

ビジネスパートナーとして大活躍する和田アキ子さんの現在の旦那様飯塚浩司さん。

ビジネスの方は大成功しているようで、お2人は公私ともにとても仲が良いそうです。

和田アキ子さんという女性、私生活では旦那様を大事に立てる、凄く女性らしい方なのかもしれません。

和田アキ子の子供時代(子供の頃)のエピソードについて

天王寺区にある大阪市立真田山小学校を卒業後、私立城星学園中学校へ入学。

そのまま私立城星学園高校に進学するも父親が勝手に退学届けを出したため、在学期間はわずか3日間で中途退学となった。

小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始める。

174cm(デビュー当時)の長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、ホリプロ(当時:ホリプロダクション)社長・堀威夫直々にスカウトされる、当時はグランプリズ(夏夕介が在籍)というバンドを組み、大阪と神戸三宮で活動していたが実際にデビューできたのはボーカルの和田とオルガンの夏のみであった。

芸名の「アキ子」の「アキ」がカタカナなのは、本名(当時は通名)の「現子」が普通に読めないため、当時のホリプロの社長が付けた。

本名は当て字である。

そんなこんな調べていると和田アキ子さんという女性がとても気になったので、子供の頃について調べてみることにしました。

すると高校に進学するもお父さんが勝手に退学届を出しなんと3日間でやめていたことがわかりました。

洋楽が大好きだった和田アキ子さんは15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始めます。

15歳で174CMだったと言われていますので、相当大人っぽかったのではないかと思われます。

歌を続けていると芸能界からスカウトされた和田アキ子さん。

現在は68歳なのでなんと54年間も歌い続けているということがわかりました!!

今後は喉の調子など、加齢で声が出なくなっていってしまうと思いますので…。

和田アキ子さんが歌うシーンは毎度とても貴重なものになっていきそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする