青木幹雄の子供は青木一彦。次男と娘もいるの?現在はどうしてる?

自民党の元超大物政治家、 青木幹雄さん、彼には子供が 3人いるという噂は本当でしょうか?

日本の将来のために 小泉純一郎さん 手を組んで計画していることは一体何なのでしょうか?

 

青木幹雄の子供は3人いるの?

自民党の元大物政治家青木幹雄さんには 3人の子供と噂がありますが本当でしょうか?

青木家

島根県出雲市大社町杵築北

父(大社町漁業協同組合長)

弟・文雄(秘書)

文雄は兄・幹雄と同じく元首相竹下登の秘書だった。

スポンサーリンク

早稲田大学在学中に妻と学生結婚し二男一女をもうけた。

長男・一彦(政治家)

親戚/娘婿・細木正彦(ウィルコンサルティング代表取締役)

青木幹雄さんのご家族について調べてみたところ、 長男の一彦さんが政治家なのは分かりましたが、 残り二人の子供については情報がありませんでした。

しかし青木幹雄さんが早稲田大学在学中に奥様と結婚し、その後 2男1女をもうけているところまではわかっています。

 

青木幹雄の子供(長男)は青木一彦

日本の政治家。

自由民主党所属の参議院議員(2期)。

内閣官房長官・自民党参議院議員会長を務めた青木幹雄の長男。

島根県簸川郡大社町(現・出雲市)出身。

少年時代、実家近くの出雲大社でよく遊んだ。

島根県立大社高等学校を経て1985年3月、早稲田大学教育学部を卒業。

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙に鳥取県・島根県選挙区から出馬し、福嶋浩彦らを破り再選。

島根と鳥取の合区について陣営幹部は「島根では親藩・松江藩の時代から上意下達で今も支援組織が強いが、鳥取では一人一人に訴えることが大切で、聴衆一人一人と握手する鳥取スタイルは島根ではあまり見られない」

「候補者本人が不在の場面では、島根なら国会議員や県議らの出番となるが、鳥取では配偶者や子供ら身内が最前線に立つ」などの場面に遭遇し、「 両県の選挙文化の違いに戸惑った」と語った。

青木幹雄さんの次男、長女についての情報はほとんどありませんでしたが、父と同じく政治家になった長男については情報がたくさん見つかりました。

2016年7月には競争相手を破り鳥取県、島根県選挙区から出馬して再選を果たしています。

その後は青木幹雄さんのように派手な動きは見せていませんが、どうやら父青木幹雄さんは、この 長男を大物政治家にさせたいようです。

 

青木幹雄の子供(次男)の情報

かつて政界でその名を馳せた 議員青木幹夫と小泉純一郎

政界を引退した二人だが9月の総裁選に向けて 何やら裏で動いている様子

青木幹夫の息子は、自由民主党所属の参議院議員(2期)である。

小泉純一郎の息子は、自由民主党所属の衆議院議員(4期)である。

複数の党幹部の証言によると、政界引退後も存在感を示す青木幹雄元参院議員会長が、竹下派会長代行の吉田博美参院幹事長に対し「 石破氏でいけ」と参院議員21人全員をまとめるように指示。

吉田氏は派内に首相に近い議員が多いことから抵抗したが、最終的に受け入れた。

2018年安倍さんが3回目の総理大臣に当選しましたが、実は裏ではすでに政治家を引退した青木幹雄さんと元総理である小泉純一郎氏が、 それぞれの息子の為にと画策していたことがわかります。

このように青木幹雄さんは 長男のことに集中しているので 次男についてはほとんど情報を見つけることができませんでした

 

青木幹雄の娘の情報

青木幹雄さんの次男についての情報と同じように、 長女については全く情報が公開されていませんでした。

顔、年齢、職業…とにかく情報がありませんでした。

スポンサーリンク

 

青木幹雄は現在参議院を引退

9月に行われる自民党総裁選。

安倍晋三首相優勢の報道が流れるが、自民党OBの元大ボスが、石破茂・元幹事長を推す動きを見せているという。

すでに安倍首相支持を固めている細田派94人、麻生派59人、二階派44人に加え、さらに岸田派48人が安倍首相支持を固めると、 自民党国会議員の6割となり、石破氏の勝ち目はなさそうだ。

ところが8月になって、 竹下派の参議院議員21人が石破支持にまわりそうだ、という情報が出回り、自民党の幹部たちがざわめいている。

どうやら、7月25日に自民党OBの青木幹雄氏が、竹下派で参議院幹事長である吉田博美氏に会って、“ 石破に投票せよ”と求めた、ということのようである。

上の話はどうやら本当だった内容のようです。

青木幹雄さんは 小泉純一郎さんと手を組んで安倍総理ではなく、 石破さんを押していたのです。

もちろん、吉田氏は、その場で“求めに応じる”と答えたわけではないようだが、派閥の長である竹下亘氏も、青木氏の求めに応じる気配である。

青木氏は、現役時代は自民党参議院議員会長で、自民党の大ボスであった。

そして 引退後も竹下派には強い影響力を持ち続けているようだ。

そして青木氏は、気分や感情で動く人物ではない。

現役時代から確たる戦略を持って動き、また何度も成功させた。

だからこそ、自民党の大ボスになったのである。

だから、今回の青木氏の動きも、気分や感情であるはずがない。

青木幹雄さんはすでに政治家を引退していますが、彼の要求に応えて約21人の方が動いたと言われています。

現役時代青木幹雄さんは 気分や感情で動く政治家ではないと言われていました。

そんな彼が安倍氏ではなく、石破を押した 理由は何だったのでしょうか…。

 

青木幹雄は現在でも参議院のドンとして影響力を持っている?

一つには、 党員票を狙っているのではないか、という見方もある。

私が若かったころ、自民党には主流派、反主流派、非主流派があり、その論争には迫力があった。

自民党の首相が辞任するのは野党との闘いではなく、党内での闘いに敗れたためであった。

だが、小選挙区制になったことで、執行部の反感を買うと公認されなくなり、自民党議員はほとんどが 安倍首相のイエスマンになってしまった。

だが、党員には執行部の縛りはない。

それに、安倍首相の支持率は各紙とも40%前後だが、 実は各紙とも不支持率のほうが支持率よりも高いのである。

石破氏を勝たせたかった青木幹雄さんは党員票を狙って勝利を図りましたが残念ながら かなりの差がつき破れてしまいました

党員の中には当然、安倍内閣不支持も少なくないはずである。

実は2012年9月の総裁選で、党員票では石破氏が165票を獲得し、安倍氏は87票に過ぎなかった。

だからこそ、党幹部たちはざわめいているのである。

だが、青木氏はこのような曖昧な目論見では動かないはずだ。

私は、青木氏は来年の参議院選挙を考えているのではないか、と思う。

来年は間違いなく景気は悪くなる

それに 消費税を上げざるを得ず、金利も上がる。

そして、政権選択の選挙ではないので、野党は一本化しやすい。

さらに、国民の中に安倍自民党にお灸をすえようという気持ちが湧き、自民党が負ける可能性がある。

そのときに安倍首相が辞任する

そして石破氏が……。

このあたりを、青木氏はどのように推し量っているのだろうか。

今回の選挙で自民党の大物たちが 石破氏を押していることがはっきりとわかりました。

きっと今回の選挙中にそのことを分かっていなかった自民党の党員も、来年の選挙にはそういう動きがあるかもしれないと予めキャッチできそうな気がします。

来年もし安倍総理が辞任することがあれば…

青木幹雄さん、そして小泉純一郎さんが現在計画していることが明らかになるのかもしれませんね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)