青木一彦の子供は娘がいるの?結婚した妻や現在について

父もおじも立派な政治家と言う家庭に生まれた 青木一彦さん

彼には 子供がいるのでしょうか?

天下りしたという噂は一体どんなことになっているのでしょうか?

 

青木一彦の子供は娘がいるの?

青木一彦さんと言えば、 お父様は島根県議の青木幹雄さんであったり、 叔父様の青木文雄さんも元竹下登首相の秘書をされていた、政治家一族です。

当然、青木一彦さんのお子様にも跡を継ぐのかという問題が発生します。

そこで青木一彦さんの子供を調べたのですが、 青木一彦さんの子供に関しての情報は公表されていませんでした

ですから、娘さんがいらっしゃるのか、息子さんがいらっしゃるのか分からないのですが、青木一彦さんが 現在57歳ですから、お子様がいらっしゃったらいいお年頃になられているはずです。

政界きっての政治家一族出身の青木一彦さん。

スポンサーリンク

どうやら 後継者問題が発生しているようですが、 青木一彦さんにお子さんはいらっしゃらないようです。

上の画像で握手をしている 安倍総理ご夫婦にもお子さんがいらっしゃらないので、政治家的には 政治に専念できる余裕のある環境とも言えるのかもしれません。

 

青木一彦が結婚した妻はどんな人?

政治家にとっていい妻を持つことが、最強の政治家への近道となりますが、青木一彦さんの妻はどうなのでしょうか?

娘さん同様、青木一彦さんの妻に関しての情報はありませんでした。

ですが、恐らく、選挙期間中は夫の名刺代わりとして、支援者に挨拶回りなどはされたと思います。

地元民にとっては青木一彦さんの妻は有名人かもしれませんね。

政治家が妻のネタを言い出すようになったら最後です。

妻は陰ひなたになり、夫を見えない部分でサポートする存在であり続けることでしょう。

上の画像の綺麗な女性が青木一彦さんの奥様です。

着物の似合う 和風美人な方ですね。

青木一彦さんの奥様は頭が良さそうな雰囲気なので、前に出れば出るほど活躍されそうなのですが…。

良き政治家の妻として、 三歩下がって、青木一彦さんのサポートに回られているようです。

上の画像を見る通り、写真に写る ふたりの距離はとても近いので、おそらく普段からとても仲がいい夫婦なのではないかと思います。

 

青木一彦の現在について

現在の青木和彦さんの状況ですが、とにかく 毎日何かの会に参加されています。

鳥取県選出国会議員合同新春懇談会

スポンサーリンク

2月18日(日)、鳥取県内3会場(鳥取市・倉吉市・米子市)にて、 石破先生、赤沢先生、そして舞立先生と、鳥取県選出国会議員合同新春懇談会を開催いたしました。

各会場、本当に多くの人にお集り頂き、心から御礼を申し上げます。

参議院の合区解消や秋に行われる自民党総裁選について、お話をさせていただきました。

時には鳥取県国会議員会合同新春懇談会に参加。

同じ会にはあの有名な大物政治家、 石破先生の姿もあったようです。

これだけ毎日たくさんの会に参加しても、誰とも揉め事を起こさないなんて、青木一彦さん、 相当なコミュニケーション能力をお持ちと見受けました!

 

青木一彦は現在三井金属の社長に天下り?

そんな青木一彦さんには 三井金属の社長に天下ったとの噂があります。

一体どういうことなのでしょうか?

青木一彦さんは2015年6月に三井金属エンジニアリング株式会社の取締役に就任されました。

それまでの青木一彦さんの職歴をご紹介します。

1984年4月 三井金属鉱業株式会社入社
2010年9月 パンパシフィック・カッパー株式会社出向
2012年6月 三井金属鉱業株式会社素材関連事業本部ダイカスト事業部長
2014年7月 三井金属鉱業株式会社設備技術部長
2015年6月 三井金属エンジニアリング株式会社取締役(現任)
2016年4月 三井金属鉱業株式会社執行役員生産技術部長(現任)

青木一彦さんが三井金属エンジニアリング株式会社の取締役社長になられたことは、天下りではないか?という声もありました。

実際、そうなのかもしれません

政治家の天下りはよくある話しです。

正直、上の青木一彦さんの職歴を見ても、私には天下りなのかそうでないのか…

はっきりと区別することがができませんでした。

なんとなくですが、コメントにあるように、天下りしたのかもしれません。

ですが、少なくとも青木一彦さんは 1984年4月に三井金属に入社しています。

知名度と期待度を生かして青木一彦さんが社長に就任されたのかもしれませんが、 肩書だけではない活動を期待したいですよね。

今、政治家の天下りは問題になっていますが、政治家もピンキリだと思うのです。

社長として選任した人や、下で働く人たちも鋭い目で見ることが必要だと思います。

会社にとってプラスになるような人選をすることで、会社も左右されることになります。

青木一彦さんで正解だったと思われるような活躍を見せて欲しいですね。

なるほど、青木一彦さんは 1984年4月に確かに三井金属に入社していたのです。

これなら天下りではないのかもしれませんが、お父様やおじ様など、青木一彦一族のメンバーなどを考えると、青木一彦さんが所属することで 会社側は何らかの利益を得ようとしたのかもしれません。

現在の青木一彦さんの活動をブログで確認すると、 かなり精力的に活動されているようなので…実際のところ 天下りしている暇はないのではないでしょうか!

天下りしたかどうかの結論は今後の活動を見てわかるような気がします。

悪いことをしているといつかその しっぺ返しが返ってくるでしょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)