井田國彦に子供はいるの?結婚した妻は?GTOでは勅使河原を熱演?

俳優として芸能活動している、井田國彦さんについてご紹介しています。

それでは、ご覧ください。

 

井田國彦に子供はいるの?

どういったお子さんがいるのでしょうね。

まずは、似てる芸能人が多いとも言われている、井田國彦さんについて見ていきましょう。

井田國彦(いだくにひこ)さんは1963年8月11日生まれの55歳で、埼玉県出身の俳優です。

本名は井田州彦(いだくにひこ)と言うそうです。

元々は本名で芸能活動をしており、現在は本名と読み方は同じで漢字が違う「井田國彦」で活動しております。

身長は173㎝で体重は65㎏です。

趣味は音楽制作で特技はローラースケートです。

スポンサーリンク

俳優業のみならずTV番組の企画、演出、脚本、プロデュースも手掛けております。

様々な芸能活動をしている方だそうですよ。

お子さんはいるのでしょうか?

井田國彦さんですが、子供もいないと思われます。

現在はお子さんはいない との事ですので、画像などもありません。

結婚しているのか気になりますね~

 

井田國彦は結婚して嫁はいる?

奥さんがいるのかリサーチしてみましょう。

井田國彦さんですが、どうやら独身のようです。

今まで結婚したという情報もありませんでした。

お子さんもいませんが、奥さんもいない方だそうです

 

井田國彦はドラマ「GTO」に出演していた?

人気のドラマ「GTO」に出演していたのか気になりますね。

それでは、リサーチしてみましょう!

井田國彦さんは出演しました。

やはり、GTOに出演していましたよ。

『GTO』は1998年7月7日から9月22日まで放送されたドラマです。

藤沢とおるさん原作で大人気漫画として知られています。

ドラマ版GTOの主な出演者は、反町隆史さん、松嶋菜々子さん、近藤芳正さん、藤木直人さんなどです。

今でも活躍するメジャーな芸能人が多数出演していました。

当時、大人気の作品でしたよね。

 

井田國彦が演じた役は勅使河原先生

GTOに出演していた際の役柄を見てみましょう。

東京大学卒の数学科担当。

性格は几帳面。

夜は塾の講師の副業をしている。

常に有名大学進学率しか考えておらず、優秀な教師と思われている反面で生徒からはウザがられていた 勅使河原先生という役を演じていたそうです。

父と兄は行政官(文部官僚)で文部官僚志望であったが、国家公務員試験に落ちたため教師になった。

鬼塚を解雇する方法を考えた第一人者である。

スポンサーリンク

学園内では、様々なトラブルと衝突して面白く描かれたヒューマンドラマでもありますね。

ちなみに井田國彦さんは、↓のキャラクターで登場していました。

そもそも、GTOってどんな作品内容だったのでしょうね。

おさらいしてみましょう!

元暴走族のリーダーで昔湘南に君臨した鬼塚英吉(25)は湘南の高校を中退後、大検を受け三流大学の優羅志亜(ユーラシア)大学に入学し、7年かけて卒業した。

彼は高校教師になるのが夢。

しかし実際は教育に情熱を持っているわけではなく、ただ単に教師になりたいというだけで、その理由も、女子高生とつき合うことができ、楽しく生きられるといったものであった。

そんなある日、鬼塚が普段通りにアルバイトをしていると鬼塚の親友で警察官をしている冴島龍二が私立高校・武蔵野聖林学苑の教員募集のパンフレットを持ってきた。

千載一遇のチャンスとなった鬼塚は応募し聖林学苑の面接に向かうが、面接官の内山田ひろし教頭と学年主任の中丸浩司からは邪険な扱いをされた挙句、退学させられた生徒に対する内山田の態度に腹を立て、回し蹴りを食らわす。

面白いドラマですが、実際に存在してしまうと大問題になりそうな先生が多い作品ですね(笑)

仮に存在するとしたら、親御さん達の応酬で辞任に追いやられるかもしれません。

 

井田國彦が演じた勅使河原優ってどんなキャラクター?

どんなキャラクターだったのかリサーチしてみましょう。

一時、冬月のストーカーとなったことがあり、自宅で睡眠薬入りのワインを飲ませて襲おうとしたが鬼塚に止められそのショックから翌日の特進クラスの授業中に突然キレて授業を放棄してしまう。

不思議な役柄ですね~

さらに見てみましょう。

父を尊敬している。

ほかの教師と同様に鬼塚には反感を持っていたが、聖林学苑吸収合併の危機に陥った際には中丸同様鬼塚に協力した。

その際に仕えるはずだった神村を殴り、蔑みの言葉と嘲笑と共に神村を見下しながら警官に取り押さえられた。

鬼塚には「テッシー」と呼ばれている。

それにしても、色々な役柄の登場人物がいた作品ですよね。

当時、若者に人気がありすぎて、ドラマのみならず映画化もされていました。

1998年放送の連続テレビドラマ。

1999年に続編としてスペシャルドラマ、またその続編として映画も公開。

20年近く前の作品ですが、今見ても面白いです。

そしてGTO出演以降、井田國彦さんは様々な作品で活躍していますよ。

『GTO』(勅使河原優)『ゼイラム』(鉄平)を代表とするように、普段は弱腰な男性役が定番の役どころではあるが、他にも、凶悪犯人、政治家、刑事、コミカルなフェミニストなど幅の広い演技を見せる俳優である。

これからの作品や役柄も楽しみですね。

個性的なキャラクターの登場に期待していますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)