飯田覚士の子供は息子がいるの?家族構成や現在について

元プロボクサーの飯田覚士さんについて見ていきましょう。

それでは、ご覧下さい。

 

飯田覚士の子供は息子がいるの?

20年ほど前にプロボクサー引退していますね。

今でも記憶に残る選手の1人です。

現役当時の画像↓です。

まずは、お父さんのプロフィールから見てみましょう。

1999年2月28日、「気力の限界」を理由に現役引退を表明した。

1998年12月23日、3度目の防衛戦。

元WBA世界フライ級王者ヘスス・ロハス(ベネズエラ)と対戦。

スポンサーリンク

5回、王者の右肩が脱臼するアクシデント。

その後、挑戦者の猛攻に晒されるも、ダウンだけは拒み続け、どうにか試合終了を迎える。

結局、0-3の判定負け。

世界王座奪取からちょうど1年で王座陥落。

輝かしい功績を見てみましょう。

全日本スーパーフライ級新人王

日本スーパーフライ級王座(防衛1=返上)

WBA世界スーパーフライ級王座(防衛2)

そして、 既婚者で息子さんがいるとの事です。

息子さんはバスケットをやっており、飯田覚士さんが経営しているジムで培った先を読む力やビジョントレーニングによって得た空間認知能力が活きているそうです。

お父さん同様に運動神経に長けている息子さんのようです。

将来は、プロボクサーになる日が来るかもしれませんね。

 

飯田覚士の家族構成

お子さんがいる事はわかりました。

家族構成が気になりますね。

リサーチするとプロフィールによっては、↓のような家族構成の記載があります。

長男

次男

2人の息子さんがいらっしゃるそうですね。

奥さんはどんな方なのでしょうか?

お子さんの話はインタビューなどでもよく出てきますが奥さんの話は全く出てきません。

もしかしたらすでに離婚しているのかもしれませんね。

現在、お嫁さんに関する情報はありませんね。

何かあったのでしょうか?

「飯田覚士は星野敬太郎の妻A子さんと不倫していた。

4年前ぐらいからボクシング関係者の間で噂になっていた。

それがきっかけで、星野の人生はめちゃくちゃになった」(ボクシング関係者)

以上の事から、現在は4人家族、もしくは奥さんと離婚している場合、息子さん達との3人家族といった家族構成になるでしょうか。

 

飯田覚士の現在の活動

今はどういった活動をしているのでしょうか?

1999年の現役引退後は、子供向けボクシング教室を開設して底辺拡大に励みつつ、舞台で活躍する等、芸能活動にも勤しんでいる飯田覚士氏。

2004年に東京都の中野区方南町でジム『飯田覚士ボクシング塾ボックスファイ』を立ち上げ、「Let’s 脳トレ&ボクシング」という一風変わったサブタイトルがついています。

現役引退後は舞台などの芸能活動をはじめ、ボクシング教室を開いて活動しているとの事ですよ。

スポンサーリンク

どういった内容の活動なのでしょうね。

それぞれ見ていきましょう。

 

飯田覚士の現在の活動①舞台

芸能活動について見ていきましょう。

あしたのジョー(監督:曽利文彦 2011年2月11日公開)

以前、ボクシングの映画に出演しています。

バラエティー番組「元気が出るテレビ」にも出演歴がありますね。

舞台出演もしているそうです。

[舞台]お隣の人々

他にも、色々な活動をしていますね。

[連載]ボクシングビートト・飯田覚士の直撃トーク 毎日新聞・ボクサースピリット

「おうちで簡単 ビジョントレーニング」という本も出していますよ。

現役引退後、舞台俳優としての活動をはじめ、多くの芸能活動をしているそうです。

ボクシングファンのみならず、多くのファンによって楽しまれている芸能人とも言えますね。

 

飯田覚士の現在の活動②子供向けボクシング教室

どんなボクシング塾なのでしょうね。

ボクシングで培ったトレーニング方法を取り入れ、子どもが楽しめるようなオリジナルのプログラム開発し、息子さんとその友達数人を対象に小さな教室を始めました。

お子さんを対象とした、スポーツジムといった感覚の教室だそうですよ。

プロボクサーに憧れているお子さんも入れますか?

プロを育てるジムではありません。

子供が自由に走り回れるように、リングもロープで囲っていませんから(笑)。

スパーリングもできないです。

子供の教室がメーンで、フィットネス目的の人、趣味でボクシングを楽しみたい人向けに指導しています。

ここを始めて10年以上経ちますが、その方針はずっと変わっていないですね。

体幹を鍛えたり、遊びながら学んだりするボクシング教室なのでしょうね。

ボクシン教室をはじめたのは、息子さんも関係しているそうですよ。

ご子息が運動会でクモのポーズで走る競技でビリになってしまったのだ。

脚も速く、ボールを投げたりするのも得意な運動能力の高い子だっただけに、飯田さんはショックを受け、原因を追究したくなった。

自らの子育てを振り返り、幼い頃に身体全体を使った遊びをさせる機会が少なかったことが原因で、身体の使い方が下手なのではないか?との考えに至った。

ボクシングで培ったトレーニング方法を取り入れ、子どもが楽しめるようなオリジナルのプログラム開発し、息子さんとその友達数人を対象に小さな教室を始めました。

気になった方は、お子さんを飯田覚士さんのボクシンジムへ入会させてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)