今中慎二の子供は息子がいる?家族構成や現在の活動について

元プロ野球選手で、野球コーチ・野球解説者としても活動してきた、今中慎二さんについて見ていきましょう。

それでは、ご覧ください。

今中慎二の子供は息子がいる?

プライベートに関する情報が少ない方ですが、今中慎二さんって結婚しているのでしょうか。

お子さんはいるのかもリサーチしてみましょう。

現役時代の1997年12月6日に結婚式を挙げました。

出会いや馴れ初めについては、やはり星野監督の勧めだったのではという噂があります。

ちなみに、お嫁さんの実家はお金持ちという噂がありますよ。

真相は定かではありませんが、奥さんはムッターハムという食肉会社の役員?社長?の娘さんだったそうです。

お子さんに関する事もありましたよ。

スポンサーリンク

奥さん同様、お子さんについての情報もあまりありません。

しかし、今中さんの引退時の記事にひっそりと登場しています。

今から16年前の事だそうです。

2002年3月23日にナゴヤドームでのオリックス・ブルーウェーブとのオープン戦の際に引退セレモニーが行なわれ、谷佳知と対戦した後に長男から花束が贈呈された。

父親の引退を労い、息子さんが公の場に登場していたそうです。

ですが、年齢などのプロフィールなどは公開されていませんね。

今中慎二の家族構成

ご家族の構成が気になるのでリサーチしてみましょう。

前述のように、今中慎二さんには奥さんと息子さんがいる事が分かっています。

ですが、やはりプライベートに関する情報が少ないですね。

最低でも3人の家族ですが、他にもお子さんがいるかもしれません。

ですので 正確な家族構成は不明ですね。

今中慎二の現在の活動

今は、どのような活動を繰り広げているのでしょうね。

早速、リサーチしてみましょう。

そもそも今中慎二さんは、プロ野球選手としての活動期間はいつだったのでしょうか?

1988年にドラフト一位で中日ドラゴンズに入団し、2001年に現役を引退。

プロ野球選手を引退後、17年ほど経過していますね。

今中慎二さんは年棒も右肩上がりで、絶頂期は1997年で26歳の時に1億6500万円だったそうです。

その後は、どういった活動をしていますか?

スポンサーリンク

現在はNHKの野球解説者などとして活動する一方で、昨年に株式会社エスプロジェクトを立ち上げ、鹿児島県でも活動の場を広げたいと本学を訪れました。

現在は、会社を立ち上げて活躍されているとの事ですよ。

どのような企業なのでしょうね。

「学び舎」という障害児通所支援事業にスポーツ指導などの分野で協力しており、2016年のイベントにも参加。

どうやら、 今中慎二さんは野球の普及活動に尽力されているそうです。

詳しく見てみましょう。

学び舎のメンバーでもある今中慎二考案のティーボール学び舎バージョンを体験してもらいます。

ティーボールとは、野球に似た野外競技で、バッターは固定されたボールを打ちます。それを今中慎二が子ども達が体験しやすいようにオリジナルルールを考案し、バットやボール等の道具を選びました。

今中慎二の想いで、スポーツが苦手なお子様も楽しめる内容になっておりますので、是非ご参加下さい。

気になった方は、参加してみてはいかがでしょうか。

プロ野球選手を目指すお子さんになるかもしれません。

今中慎二はコーチに就任した?

これまでの コーチング歴について見ていきましょう。

2012年から2013年まで、一時は中日ドラゴンズの二軍投手コーチに就任していました。

同シーズン後に権藤博一軍投手コーチが退団したことに伴い、一軍投手コーチに就任しました。

2013年当初はブルペン担当だったが、チームの不振により6月12日の対西武戦から近藤真市投手コーチと入れ替わりでベンチ担当となりました。

今中慎二さんはコーチに就任していましたが、2013年10月15日からはベンチ担当へ変わっているとの事ですよ。

今中慎二はNHKで野球を解説している?

コーチ業の後、何をされているのでしょうね。

2014年からは再びNHKの野球解説者(主に総合テレビ東海ローカルの中日主管試合、BSのメジャーリーグ中継に出演)として活動する。

現在は、野球解説者をメインとして活躍中だそうです。

今中慎二さんは野球でメジャーな大阪桐蔭を卒業して、永年培ってきた経験・好成績を活かした解説に定評があります。

当時は阪神からもスカウトされていたそうですね。

カーブが得意な球種だったそうですので、動画でチェックです!

ちなみに、 いくつかのテレビ番組へ出演して野球の解説をしていますよ

NHKプロ野球

サンデードラゴンズ

土曜どですか!

野球好きにはたまりませんね!

また、今中慎二さんには著書もあるそうですよ。

『悔いは、あります。』(ザ・マサダ、2002年5月)

『中日ドラゴンズ論:”不気味”さに隠された勝利の方程式』(ベストセラーズ(ベスト新書)、2010年10月)

野球に関するプロの考え方が学べますので、面白い書籍でしょうね。

これからの野球解説にも期待しましょう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする