神和住純の子供は息子と娘?身長や若い頃について

元プロテニス選手で今は指導者として活動する、神和住純さんについて見てみましょう。

それでは、ご覧ください。

神和住純の子供は息子と娘がいる?

素晴らしい実績↓のある、プロテニス選手だった神和住純さん。

日本人戦後初のトーナメントプロ選手。

1980年から国内7年連続賞金王。

1997年から2004年までデビスカップ代表監督。

1973年全米オープンで3回戦に進出。

これは錦織圭が2008年に進出するまで日本人男子最後の全米3回戦進出だった。

錦織圭選手の登場までは、神和住純さんが全米オープンでの高記録を誇っていたそうですよ。

スポンサーリンク

そんな神和住純さんは、現在も活動の幅を広げていますね。

テレビでバラエティ番組や情報番組でコメンテーターとして出演したりしています。

お子さんはいるのでしょうか?

息子がいるようです。

どうやら、現在は長男がいるそうです。

ただ、娘さんの存在は不明ですね。

お子さんは一般人だそうで、残念ながら写真などはありません。

神和住純の身長は何センチ?

体形が気になりますね。

身長は、どれくらいあるのでしょうか?

身長:173cm

体重:78kg

ごく一般的な日本人の身長でしょうか。

体重は少し重めな気がしますが、現在の体形なのでしょう。

プロ選手として活躍されていた当時は、おそらく10㎏以上軽かったでしょうからね。

そもそも、神和住純さんってどんな人なのでしょうか。

詳しく見ていきましょう!

1947年10月1日生まれですので、今年71歳になっています。

戦後まもなくより、テニス界で活躍していたそうですよ。

戦後初のツアープロ選手。

1974年全仏1回戦、センターコートで当時世界7位のスミス(米国)を破る大金星。

同年全米プロでもスミスから勝ち星を挙げた。

4大大会すべてに本戦出場。1967年ユニバーシアード東京大会単銀メダル。

1970年ユニバーシアード・トリノ大会複金メダル。

元デビスカップ代表選手。

元デビスカップ代表監督。自己最高世界ランキング78位。

当時の大会ではそれぞれ大活躍して、多くのファンを楽しませていたのでしょうね。

テニス選手となるきっかけは、何だったのでしょうか?

石川県鳳珠郡能登町(旧能都町)出身。

全日本チャンピオンだった両親の影響から、中学1年でソフトテニス(軟式庭球)を始める。

法政大学第二高校進学後硬式に転向し、1965年全国高等学校総合体育大会テニス競技大会完全優勝と全日本ジュニアテニス選手権単複優勝を飾る。

世界ジュニアテニス選手権にも出場し、サンシャインカップ団体3位にも貢献した。

スポンサーリンク

どうやら、学生時代より大きな活躍をしていた選手だったそうですよ。

法政大学ではインカレシングルス3連勝を果たし、1967年東京ユニバーシアードシングルス銀メダル、1970年トリノユニバーシアードではダブルス金メダルを獲得する。

1965年にはデビスカップ初選出。

1968年の全豪選手権でグランドスラム初出場。

大学卒業後の進路はどうなったのでしょうね。

卒業後、住友軽金属工業(現・UACJ)に入社。

1971年から全日本テニス選手権単複3連勝を飾る。

また、同年の全仏オープンのダブルスでは坂井利郎とのペアで4回戦(ベスト16)に進出。

やはり、その後もテニス界で旋風を巻き起こしていたそうですね。

そして、引退は何年だったのでしょうか?

1986年の全日本選手権を最後に現役引退。

その後、いろいろな活動を経て現在に至っていますね。

引退後は、スポーツキャスターやタレント活動、解説者などを経て、1995年に鹿屋体育大学教授、1999年には母校法政大学教授となる。

1997年よりデ杯日本代表監督に就任。

日本テニス協会理事も務める。

また、テニス教室や講演会活動も行っている。

素晴らしい功績を残してきた名選手は、地元での活動にも力を入れていますよ。

石川県鳳珠郡能登町 町内に『神和住』という集落があり、神和住の祖先が住んでいたところという縁から、能登町では『テニスの町』を宣言し、スポーツ振興を行っている。

1999年から同町内で自らの名前を冠した「エンジョイテニス大会」を開催し、2009年には『能登ふるさと大使』に任命されている。

ちなみに、お若い頃はどんな雰囲気の方だったのか気になりますね。

神和住純の若い頃の画像

今は70歳を超えていますが、お若い頃が気になりませんか?

お若い時の写真をいくつか見ていきましょう。

さすがに スポーツ選手といった、細マッチョ体形ですよね。

おそらく一般人には考えられないほどの食事制限、トレーニングをこなして出来ている体ですよ。

それにしてもイケメンですね!

当時より女性にモテたのでしょう。

テレビ出演↓もしていたみたいですので、ファンは多かったでしょうね。

愛のトロフィー(日本テレビ、1978年10月 – 1979年1月)

ベストテニス(NHK教育テレビ、1983年10月 – 1984年11月※講師として出演)

独占!!スポーツ情報(日本テレビ、1987年4月 – 1989年3月※メイン司会者として出演)

そして、これからはテニス界の後進の育成に尽力されていくのでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする