井筒和幸に子供はいるの?国籍は韓国の朝鮮人?現在について

映画監督として活動している、井筒和幸さんについて見ていきましょう。

それでは、ご覧ください。

井筒和幸に子供はいるの?

個性的な映画を作る映画監督さん↓ですよね。

ちなみに、松本人志さん作の映画「さや侍」は大嫌いだそうです。

ビートたけしさんとも仲が良いとは言えなさそうな関係ですね。

さてと、 結婚しているのでしょうか?

結婚しています、奥さんは元日本航空のフライトアテンダント(スチュワーデス)。

スポンサーリンク

お子さんはいますか?

娘さんがいて、テレビなどで「ウチのオチビちゃん」と表現しています。

長女がいるそうですね。

井筒和幸の国籍は韓国で朝鮮人という噂について

日本国籍ではないのでしょうか?

反日なのでしょうか?

それでは、リサーチしてみましょう。

「井筒和幸」の実体は、在日朝鮮_人として朝鮮総連に認定されている。

どうやら噂は本当で、朝鮮の血が通っている方だそうですね。

井筒和幸は北朝鮮のスパイなのか

映画監督の皮を被った北朝鮮の工作員なのでしょうか?

「パッチギ」をテレビで見ましたが、あれは完全に北朝鮮のプロバガンダ映画ですね。

「在日朝鮮人の大部分が強制連行で連れてこられた人という老人の言葉」

「“帰国”しようとしている主人公に、恋人の日本人女性が“ついていく”と告げるシーン」

~前者は大部分が自発的に「出稼ぎに来た」ことが多くの研究で明らかになっていますし、後者は“帰国”に同行した日本人妻がどれだけ悲惨な目にあっているか、すでに多くの証拠・証言が上がっているのに、臆面もなく映画にしてしまうとは、 井筒監督は「キム・ジョンイルの飼い犬」としか思えません。

撮影した映画の内容が北朝鮮びいきの内容だったそうですね。

もしかしたら北朝鮮から送り込まれたスパイなのかもしれませんよ!

朝鮮新報にて「各分野で活躍する在日同胞たち」の1人として認定?

どういった認定なのでしょうね。

朝鮮総連の機関紙・朝鮮新報(2005年9月15日付)を読んでいたら、「パッチギ!」の監督の井筒和幸氏が「各分野で活躍する在日同胞たち」の1人として紹介されていた。

詳しい内容は不明ですが、確かに認定されていますね。

やはり、井筒和幸さんって北朝鮮から送られたスパイなのでしょうか・・・。

井筒和幸は韓国人と噂されるのは左翼的発言のせい?

色々な噂のある方ですね~

それでは、リサーチしてみましょう。

スポンサーリンク

「個別的自衛権も必要ない。

万が一他国が攻めてきたら国民は無抵抗で降伏し、すぐに首相や政治家が和平交渉にでるんです。

9条が為政者にそう命じているんです。」

確実に偏った発言をされてますよね。

韓国人と噂される根拠は不明ですが、上記のような発言の他にも 問題発言の多い方だそうです。

芸能上のキャラクターで発する言葉であれば良いですが、心底言っているのであれば、やはり韓国人?や朝鮮人?といった噂はたってしまうでしょうね。

井筒和幸の現在について

2019年に公開予定の新作に励んでいるそうです。

ストーリーはオリジナルで、荒くれ者の男の話という、井筒監督の得意なジャンルの話なので本人は自信があるみたいですけど、いかんせん予算とキャストが決まらないことには何も進みませんからね。

渾身の作品も観てみたくなりますよね~

井筒和幸は資金難と役者不足で新作が難航中

現在、新作映画の撮影はスムーズに進んでいないようですよ。

映画のオーディションを行っていて、夏から撮影の予定なのですが、まだ予算が全然集まっていなくて、四苦八苦してる。

昔の井筒監督を知っている役者さんは、『ぜひとも出たい!』と言っている人もいますが、今の若い人たちからすれば『昔の人でしょ?』という感覚が強いようです。

来年の夏に公開予定ですので、どうにか間に合わせてくださいね!

井筒和幸の新作が難航しているのは過去にエキストラを事故死させたため?

以前、撮影中に不慮の事故が起きていたそうですよ。

逮捕はされませんでしたが、殺人者といった噂まであったみたいです。

1991年9月21日、井筒和幸監督の映画「東方見聞録」の撮影中に、エキストラとして出演していた新人俳優の林健太郎さん(享年21歳)が、滝の岩場の高さ1メートルのところから飛び込み、浮かび上がれなくなった。

その後、病院に搬送されたものの、死亡が確認された。

30年近く前の事故により死亡者が出ていますね。

新作の難航は前項のように、役者集めと資金繰りとの事ですので、死亡事故と直接関連している様子はなさそうです。

ですが、恐怖感を感じて役者が集まらないといった問題もあるかもしれませんよね。

ホリエモン「井筒和幸は人として最低の評論家」

お得意のバカと言われてしまったのでしょうか?

ホリエモンの発言内容を見てみましょう。

堀江さんは、

「たしかに今の映画はある程度興行収入を見込んでイケメン俳優とかを入れた映画を撮るようになっている」

とした上で、

「それは事実なんだけど、 虚業が云々というのは、いつもの井筒さんのポジショントーク、偏りトークですね。新しい産業を『虚業』って言ってバカにするんですよね。お前が虚業だろ

井筒監督の評論が嫌いなのでしょうか?

「こういう人、僕大っ嫌い」と言い放った。

さらに見てみましょう。

彼の人格、というか評論家としての井筒監督は全く評価しないし最低だと思うけど、彼の映画はいいんですよね。

なんかね、こう言う人がいい映画撮っちゃうんだよね。

好きな所もあるじゃないですか~

ホリエモンさんも立派な方ですので、少しばかり素直になってくださいね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする