喜多村緑郎に子供はいる?妻の貴城けいについて

俳優の喜多村緑郎さんのお子さんや、結婚について見てみましょう。

それでは、ご覧ください。

喜多村緑郎には子供はいる?

歌舞伎役者だそうですよ。

新派所属で屋号は緑屋。

定紋は石持ち地抜き笹竜胆。

二代目 市川 月乃助として歌舞伎の舞台にも立った。

歌舞伎役者時代の屋号は澤瀉屋。

定紋は大関澤瀉。

立役。

スポンサーリンク

本名は神田 和幸(かんだ かずゆき)。

新春に50歳となる男性ですね。

役者業遂行のため、ご苦労があったそうです。

寿司屋でアルバイトをしながら歌舞伎研修に勤しむ毎日であったという。

ですが、 今はご結婚もしているそうですよ。

私生活では、2013年1月27日に元宝塚歌劇団宙組トップスターで女優の貴城けいと結婚、同月30日に公表した。

古典世界の役者さんですので、襲名もしているそうですよ。

9月1日開幕の新橋演舞場「九月新派特別公演」にて正式に二代目 喜多村緑郎を襲名。

襲名披露公演は新橋演舞場と大阪松竹座にて行われた。

2016年の出来事ですね。

お子さんはいるのでしょうか?

現在のところ子供がいるという情報はなかったですね。

旦那である喜多村緑郎さんも襲名したばかりですし、貴城けいさんも忙しいので、お互い時間がなかなか取れないのかもしれませんね。

夫婦揃って芸能人ですので、一緒に生活する時間がなさそうですね。

後継者はいらないのでしょうか?

歌舞伎の世界では片岡愛之助さんのように一般社会から養子として梨園の世界に招くこともできるので、もし生まれなかった場合はそういったことも視野に入れているかもしれませんね。

どうしても後継ぎが欲しければ、いろいろな手段はありますからね。

喜多村緑郎の妻は貴城けい

結婚相手について見ていきましょう。

真実なのか、ガセなのかは今のところ謎ですが、ネット上や貴城さん周辺の情報では彼女の実家がクリーニング店だという筋が高いですね。

確実な情報ではなさそうですが、ご実家はクリーニング店らしいですね。

宝塚女優の方は、いいところのお嬢ちゃんが多いと言われているのでこの噂は信ぴょう性が高そうです。

宝塚歌劇団出身の方といえば、イメージはお嬢様ですよね。

5歳から中学2年生まで、硬式テニスでプロ選手を目指していたが、姉の受験を契機に宝塚を観劇、進路変更を決める。

元々はテニス選手を志していたとのことですよ。

スポンサーリンク

ただ綺麗な方ですので、芸能界への興味があったのではないでしょうか。

元宝塚歌劇団宙組トップスター。

オスカープロモーション所属。

本名は神田 理絵(かんだ りえ)(旧姓:都築)。

喜多村緑郎さんの奥さんは、今年44歳になっている女性ですね。

喜多村緑郎と貴城けいの馴れ初めは朗読劇での共演

結婚まで至る出逢いは何だったのでしょうか?

2012年に朗読劇で共演したのをきっかけに、元歌舞伎俳優の喜多村緑郎さんと2013年にご結婚されていました(*^^*)

共演から4ヶ月でのスピード入籍に、当時は妊娠を疑われたようですが、できちゃった結婚ではなかったようです!

出演作品で出逢い、惹かれ合っていたみたいですよ。

イケメンと美女ですので、ファンの多い魅力的なご夫婦ですね。

結婚は略奪婚だった?

真実へと迫ってみましょう!

貴城けいさんといえば宙組のトップスターですね。

しらべると略奪婚とあるのですが、なぜでしょうか?

疑問符がつきまといますね。

ですがリサーチしてみると、略奪的な結婚ではなさそうですよ。

Wikipediaにも離婚歴などの記載はありません。

芸能界には男女の関係は星の数ほど多くありますので、とくにイケメンや美女には良からぬ噂がたってしまうのでしょうね。

「怪人二十面相 ~黒蜥蜴 二の替わり~」で共演

いつ頃公開されている作品ですか?

「怪人二十面相 ~黒蜥蜴二の替わり~」が、3月30日から4月1日まで東京・サンシャイン劇場にて上演される。

2018年の春に公演があったそうですね。

劇団新派の喜多村緑郎と河合雪之丞による自主公演で、江戸川乱歩による原作を、齋藤雅文が脚色・演出する本作。

新派からは春本由香が出演し、ゲストに喜多村の妻でもある貴城けいを迎える。

旦那さんが奥さんをオファーして、共演作品となっていたそうですよ。

原作:江戸川乱歩
脚色・演出:齋藤雅文
出演:喜多村緑郎、河合雪之丞、春本由香 ほか
ゲスト出演:貴城けい

舞台を観た、お客さんのコメントもありますよ。

役者たち一人ひとりになるべく見せ場を与えようとして、ストーリーが散漫になっている。

とくに貴城けいの「レビュースター花菱蘭子じつは黄金仮面」は劇場に足を運んだ貴城ファンへのサービスなのでしょうが、設定も登場シーンにも無理があったように思えました。

動員に大きく貢献していることはわかるのですが。

とは言え 貴城けいの華とオーラと美しさは健在で、新派の舞台を壊さないよう気を遣った芝居にも好感が持てました。

ちなみに、終演挨拶で見せた<かかあ天下なのに夫唱婦随>ぶりも好感度大でした(笑)

目の肥えたファンが、かなり公演を楽しんでいたそうですよ。

次回の夫婦共演作品も楽しみです。

気になるファンは、今後の活動をブログやツイッターで早速チェックですね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする