宮崎あおいは子供いる?名前や年齢、性別は?子供時代も気になる!

数いる女優の中でも圧倒的な美貌を誇る宮崎あおいさん

元旦那様とは色々と問題が発生し…やっとの思いで俳優・岡田准一さんと結婚しました。

彼女に子供はいるのでしょうか?

4歳の時から芸能界で活躍している宮崎あおいさんの子供時代の驚愕エピソードとは一体どんなものなのでしょうか?

宮崎あおいは子供いるの?→結婚した夫・岡田准一との間に第一子が誕生していた!

2007年6月15日、10代の頃から交際していた俳優の高岡蒼佑と結婚するが、2011年12月28日に離婚した。

2017年12月23日、V6の岡田准一と結婚(再婚)したことを、2人の連名によるFAXで発表した。

挙式や披露宴や新婚旅行などの予定はないとのこと。

2018年5月19日、岡田の所属するジャニーズ事務所により、第1子妊娠が公表された。

スポンサーリンク

売れっ子俳優の綾野剛さんなどから、芸能界の中で最も美しい女性の一人と名前が上がる宮崎あおいさん。

2017年に結婚した v6の岡田准一さんとの間に第一子が誕生していたことがわかりました。

子供が生まれたのは2018年、待ちに待った待望のお子さんだったようです。

気になる子供の性別は男の子(息子)だった!名前や年齢が気になる!

宮崎あおいが子供の出産を発表したのは妊娠中報道からの予定通り2018年10月のこと。

2018年10月16日に宮崎あおいは岡田准一と連名で発表。

子供は男の子であり2016年11月29日に結婚をしたV6長野博と白石美帆の子供が2018年5月11日に生まれているため同学年ということになります。

宮崎あおいさん&岡田准一さん夫妻ですが…夫婦共々有名すぎて、当初、子供の性別は明かされないか?と思われましたが…。

生まれた子供は男の子であり同じく v6の長野博さん&白石美帆さんの子供と同級生だということが分かっています。

子供の誕生によるおめでた報告に対し、「素直に喜べない」との声が…

ふたりといえば、宮崎の元夫である高岡奏輔からの「略奪愛」と報じられたこともあり、結婚当初から「祝福できない」との声が相次いでいた。

そして、今回の第1子誕生にも喜びの声が多い一方、ツイッターや女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、「子供が不倫だったと知ったらどうするんだろう」「親の名前を調べたときに…」と子供に同情する声も見受けられた。

「子供には罪はないけど両親有名だからネット調べたら色々出てくるし馴れ初めとか将来子供に何て説明するんだろ?」

「キモさしかない この子供は罪がないから、騒動を知らずに育ちますように」

「不倫の末できた子供とか子供が可哀想だわ。不倫は叩かれるのに略奪婚はチャラになるみたいな芸能界のルールってなんなんだろう。過去の罪は消せないし、子供に聞かれたら何て言うのかな」

宮崎あおいさんといえば、現在の夫・岡田准一さんが、元夫の高岡蒼甫さんから宮崎あおいさんを略奪したという話が広まっている為…素直に喜べないという声が集まっています。

しかし当時は高岡蒼甫さんも、反日…反韓…の悪い渦の中に巻き込まれてしまい、芸能人としては発言すべきではなかったことを発信してしまっていたのです…。

その時、篤姫など売れに売れていた宮崎あおいさんの足を引っ張る形となっていたのです。

恐らく岡田准一さんとの熱愛は単なる略奪愛ではなく…元旦那様の方にも問題があったのではないでしょうか…。

祝福してあげてもいいのでは…と思ってしまいます。

宮崎あおいと旦那・岡田准一の結婚は、元夫・高岡奏輔からの「不倫略奪婚」だった

ジャニーズアイドルグループ「V6」メンバー岡田准一(37歳)が、美人女優である宮崎あおい(32歳)と結婚し、2018年10月16日に元気な男の子の赤ちゃんを出産。

日本中が歓喜し、新たな命の誕生を祝福しているなか、新たな展開があった。

・あまりにも意味深すぎる投稿

宮崎あおいの元夫である高岡蒼佑(36歳)が、宮崎あおいの出産が報じられた直後に自身のインスタグラムを更新。

あまりにも意味深すぎる投稿をしているとして物議を醸しているのである。

・止められるか俺たちを

高岡蒼佑は2018年10月16日19:00ごろにインスタグラムにボンバーヘッドなヘアスタイルの写真を掲載。

さらに「止められるか俺たちを」と一言書いてその言葉があまりにも意味深すぎると話題になっているのだ。

・高岡蒼佑が出演している映画作品

そもそも「止められるか俺たちを」とは高岡蒼佑が出演している映画作品で、今回の投稿はタイミング的にダブルミーニングを狙ったものと言われている。

つまり「止められるか俺たちを」には宮崎あおいに対する意思と、映画に対する気持ちのふたつの意味を込めた書き込みと考えるの妥当だろう。

・不倫関係から始まった岡田准一との愛

宮崎あおいは高岡蒼佑と結婚したものの、後から出会った岡田准一に惚れてしまい、ついに不倫関係になったと言われている。

それゆえ意味深な発言を書き込みしたのは「岡田准一から略奪不倫されたからか」との声も上がっており、さまざまな憶測が飛び交っている。

ちなみに、高岡蒼佑は「高岡奏輔」に改名しており、その点に関しても注目を集めている。

宮崎あおいさんと岡田准一さんのお子さんが生まれた直後、元旦那様だった高岡蒼甫さんは、これを良いチャンスと思ったのか「止められるか俺たちを」という映画の宣伝をInstagramを通して掲載していました。

高岡蒼甫さんが睨んだ通り、このタイミングでの宣伝は相当効果があった模様

スポンサーリンク

止められるか俺たちをという言葉が意味深だということも話題になり、結局宮崎あおいさんもそして高岡蒼甫さんもwin-winという形になったようです。

岡田准一が低身長のため「似ないほうがいい」との意見も

岡田が「低身長」というイメージが強いせいか、子供の身長を心配する声も。

宮崎は163cm、岡田は169cmといわれているが、岡田にはサバ読み疑惑もあり、実際にはかなり低いのではないかと指摘する人も少なくない。

ふたりが美男美女ということもありルックスは抜群だと思われるが、身長については不安ということだろうか。

「子供、身長は似ないといいね」

「岡田准一と宮崎あおいの息子かぁ…父方のルックスと母方の身長受け継いだら最強の男前になってしまうのでは

「身長はあれかもだか、とんでもなく美形になるだろうな笑」

上の画像は貴重な宮崎あおいさんと岡田准一さんのプライベートショットです。

宮崎あおいさんの身長は163センチ、そして旦那様の岡田准一さんの身長は169センチ…しかし実際には岡田准一さんはもっと小さいのではないかと言われているそうです。

確かに上の画像を見る通り、奥様の宮崎あおいさんとほぼ身長が同じくらいなのではないかと思われます。

子供が小さくなってしまうのでは何て言われているようですが…二人のDNAが掛け合わされればとんでもなく才能のあるお子さんになることは間違いないのではないでしょうか。

宮崎あおいの子供時代(子供の頃)はやっぱり劇カワだった?【画像あり】

4歳の時、母親の「思い出に残るように」という理由で子役デビュー。

CM(サントリー「緑水」、旭化成など)や雑誌を中心に活動した。

ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かないような脇役が多かった。

役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは1997年 – 1999年頃から。

映画デビューは大林宣彦監督作品『あの、夏の日/ とんでろ、じいちゃん』(1999年)で、その後、ピチレモンのモデル(ピチモ)として毎月レギュラーで登場して人気を得た。

2001年、映画初主演の『害虫』で、第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門主演女優賞を受賞(映画公開は2002年)。

2002年には、『EUREKA』で第16回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞した。

またこの年は、BS-iの『ケータイ刑事 銭形愛』で連続テレビドラマに初主演した。

2003年、初舞台で主演をつとめたミュージカル『星の王子さま』(演出:白井晃)で、第41回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞を受賞。

同年、アニメ『魔法遣いに大切なこと』で声優初挑戦。

その後も、アニメの映画やドラマ、ドキュメンタリーのナレーションなど、声に関わる仕事もしている。

宮崎あおいさんといえば子役の頃から活躍されていますが、実際にはたった4歳から子役デビューしていたんだそうです。

上の画像の通り当時から放っていたオーラは桁違い、今とほぼ変わらないビジュアルだというところも本当に凄すぎです。

子役の頃はまだ名前のつかない脇役が多かったそうですが、その後、次々と映画でデビューするなど才能を開花し始め…。

当時子供たちの間で人気だったピチレモンのモデルとしてその名を全国に広げて行きました。

ビジュアルが完璧なほど美しい&可愛いのに、次第に演技力も伴っていった宮崎あおいさんは後に日本を代表する女優となっていくのです。

子供時代(モデル時代)の驚愕エピソードについてまとめてみた!

宮崎あおいさんの子供時代のエピソード その1)

宮崎あおいさんは、お伝えした通り、子供時代から芸能界で活躍されています。

だから演技をしていなかった時期がなかったため、それが、“自分の日常” だったと語っています。

なので、仕事はクラブ活動や習い事のようなものだったみたいです。

そして、宮崎あおいさんなどの子役や含むエキストラさんたちに冷たく対応している大人たちを見ていて、「こんな大人になるものか!」と子供ながらに思ったと語っています。

子供からそういう経験されていれば、どうしても大人の嫌な面を見ちゃいますよね。

宮崎あおいさんの子供時代のエピソード その2)

宮崎あおいさんは、少女向けファッション雑誌「ピチレモン」のモデル(ピチモ)をやっていましたが、実は、アイドルとして活動していたことが、本人的には相当嫌だった、とか。

嫌な仕事でもきっちりこなしていたのですから、さすがはプロですね。

宮崎あおいさんの子供時代のエピソード その3)

あっ、すでに宮崎あおいさんの子供時代のエピソードを言ってしまっていました。

つまり、フルヌードを披露していたということです。

演技力は、子役時代から培ってきたものなんですね。

上の画像は子供時代の宮崎あおいさんと岡田准一さんの写真です。

宮崎あおいさんが想像以上にかわいすぎてまたまた驚いてしまいました。

彼女にはモデル時代の驚愕エピソードがあるというので調べてみたところ、4歳から芸能界に入り、その後現在に至るまで演技をしていなかった時期がなかったんだそうです。

これだけ活躍すれば天狗になる可能性もあったはずですが、子役やエキストラさん達に冷たくする大人たちを見てこんな大人になるものかと思っていたそうです。

また宮崎あおいさんはアイドルとして活動していたことが相当嫌だったんだとか…しかしそれでも嫌な仕事もきっちりこなしていたところは幼い頃からプロだったようですね。

最後にとんでもないエピソードを発見しました。

それは子供時代だったのか10代のことだったのか、はっきりしたことはわからなかったのですが、とにかく彼女はフルヌードを披露していたことがあったんだそうです。

アイドルとして活動することが嫌で女優としては幼いながらフルヌードになっていた宮崎あおいさん。

生まれながらの女優と言う言葉は彼女のためにあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする