金哲彦の子供は?妻の林幸枝とは再婚なの?癌の噂について

元陸上競技選手で、陸上競技・駅伝解説者・マラソン中継リポーターとしても活動する、金哲彦さんについて見ていきましょう。

それでは、ご覧ください。

 

金哲彦に子供はいる?

今年54歳になっている男性ですね。

マラソン中継などで、解説を担当する事が多い金哲彦さん。

テレビでお馴染みの解説者ですね。

福岡県出身ですが、どうやら国籍は韓国だそうです。

日本の企業に就職していますね。

リクルートに一般社員として入社。

スポンサーリンク

リクルートには陸上競技部がなかったため、新たに部を創設した。

結婚しているのでしょうか?

金哲彦さんの奥さんの名前は幸枝さん。

そして、 長男がいるとの事ですよ。

 

金哲彦が結婚した妻(嫁)は林幸枝

再婚相手でもある、林幸枝さんについて見ていきましょう。

初見の頃、林幸枝さんは金哲彦さんへ不信感を抱いていたみたいですよ。

金さんのことを見た幸枝さんは、てっきり金さんのことをゲイだと思いこんだという。

ちなみに、奥さんは歯科医師だそうですね。

林幸枝さんは、昭和大学歯学部を卒業後、現在は矯正歯科、予防歯科、口腔リハビリテーションを専門に、品川区で開業しつつ、フリーランス歯科医として活動をしている歯科医です。

現在、東京都内で開業されているそうですよ。

 

林幸枝との結婚までの馴れ初め

どこで知り合っているご夫婦なのでしょうね。

二人の出逢いは、あるランニングチャリティーイベントの席だったそうです。

走ることが好きな人が集まる会で偶然知り合ったそうですよ。

それにしても旦那さんは、なぜゲイだと思われていたのでしょうね。

 

林幸枝との結婚は再婚だったの?

リサーチしてみたら、初婚ではないですね。

金哲彦さんの前妻は、リクルートに勤務していた一般人だそう。

以前同じ会社に勤務する、一般女性と結婚していたそうですが今は離婚しています。

そして、前妻との間にはお子さんが生まれていますね。

その後、前述のランニングチャリティーイベントで林幸枝さんと知り合い、再婚しているようです

ちなみに現在の奥さんとの間には、まだお子さんはいないようですよ。

 

金哲彦は現在・大腸がんになっていた?

スポンサーリンク

どうやら、 2006年に大病によって苦しんでいたようですよ。

新幹線のトイレで大量下血した翌日、不安が募り、知人の看護師に相談した。

「すぐ検査を受けた方がいい」と近くの病院を紹介された。

医師に恐る恐る「もしかして……」と尋ねると「ええ、がんですね」と告げられた。

当時42歳だったそうで、早速手術を行ったそうです。

やはり、大きな不安もあったそうですよ。

妻は冷静に受け止め、「先生の言うことをきちんと聞かなきゃね」と励ましてくれた。

しかし、九州の実家に電話で伝えたときは「どうして……」と取り乱す母の涙声を聞き、思わず自分も涙が出た。

早期発見だったのでしょうか、それとも・・・

 

癌のステージは3

どのくらいの大きさの癌だったのでしょうね。

医師の説明では、がんの大きさは3センチほどだったが、腸の外側まではみ出していたという。

ただ、幸い腹壁や他の臓器に転移は見られなかった。

低いステージの癌ではなかったみたいですね。

ですが、2006年8月に手術を終え、現在は無事に健康を取り戻しています。

今後の定期検査も重要ですね。

 

「産まれて初めて死を意識」とコメント

いったい何が起こっていたのでしょうか?

早速リサーチしていきましょう!

「初めて死を意識した衝撃と、母を悲しませたことで心が乱れた」。

受話器を置いた後、2階の自室で10分ほど思い切り号泣した。

気になるコメントです。

もう少し詳しく見てみましょうね。

画面に、緑色とも茶色ともつかぬ妙な色で、いびつな形をしたモノが現れた。

合室で見た「これががん」というポスターの写真にそっくりだった。

癌が見つかったときの様子ですね。

今まで想像していなかった病に陥って死が目前に迫り、気が動転していたそうですよ。

癌は恐ろしい病気でもあり、人類の死因トップレベルに入るので仕方ありません。

金哲彦さんは気持ちが落ち着かず、変な行動を起こしていたそうですね。

なぜか自転車に乗り、近所を猛スピードで走り回った。

「くそ、死んでたまるか。ちくしょう」。

ぶつぶつ独り言を言いながら30~40分こぎ続け、くたくたになって家に戻ると少し気持ちが落ち着いていた。

数日後、手術に臨んだ。

ですが、無事に手術が終わってよかったですね!

そして、翌2007年にはフルマラソンへ挑戦していたそうですよ。

ちなみに、最高タイムは1992年の2時間11分48秒という成績で、当時6位になっていたそうですね。

金哲彦さんは走る事を通じ、健康の大切さを提唱している方ですので、やはりご自身の健康は第一です。

これからも多くのランナーの指針となるでしょう。

「金哲彦のランニングメソッド」という本を発刊して、教室ではランニングフォーム指導も行っているようです。

ウルトラマラソン、フルマラソンなどへ出場希望がある方は走りを教わり、レベルアップしてみてはいかがでしょう。

気になる方はブログも要チェックです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)