内藤大助の子供の学校や年齢は?息子の名前や実家の住所・場所をチェック!

元プロボクサー、タレント、ボクシング解説者という肩書をもつ、内藤大助さんが知りたいです。

早速、リサーチしてみましょう!

 

内藤大助の子供は息子が2人いた!息子の名前や年齢をチェック!

現在、長谷工コーポレーションのCM放映中で今年45歳になる男性です。

歌唱力が低く、決してうまいとは言えず、要するに下手らしいです・・・

そして、不真面目な学生だったそうですよ。

高卒後は定職にも就かずだらだらと日々を過ごしていたが、母親に叱咤され上京。

母は予め、生別した実父が経営する工務店に「大助を働かせてやってほしい」と話をつけていた。

上京から1年ほど経ったある日、書店で目にしたボクシング雑誌に刺激を受け、下宿先の近くにあった宮田ボクシングジムに入門する。

格闘技に対する認識は共有できなかったそうです。

スポンサーリンク

格闘技が好きではなかった母から、「あんな野蛮なスポーツはダメだ」と叱られ、勘当を言い渡される。

ですが15年前、王座に輝いた実績がありますよね。

2004年6月6日、日本フライ級王者の中野博(畑中)に挑戦。

内藤は中野から2度のダウンを奪うなど一方的に攻め続け、6Rに偶然のバッティングによる負傷判定勝ちを収め、日本王座を獲得。

同年10月11日、小嶋武幸(横浜さくら)を相手に初防衛戦を行い、日本タイトルマッチ史上最短となる1R24秒KO勝ちを収めた。

何やら離婚の噂もありました。

ですが、結婚生活は今も続いているそうですよ。

内藤大助さんの嫁さんの名前は『真弓さん』といい、2000年にご結婚されました。」ということですが、お子さんは産まれているのですか?

内藤大助さんには子供が2人いて、2人とも男の子のようです。

長男が亮(りょう)くん、次男が暉(てる)くん。

気になる年齢は、長男13歳、次男9歳あたりのようですよ。

 

長男、家での内藤大助に対し「かいぶつ」と答えるw

自宅では、息子さんと遊んでいる良きパパだそうです。

長男は、お父さんをどのように感じているのでしょうか?

「かいぶつ……」

以前、取材で以上のように答えていたらしいですよ。

怪獣ごっこして遊んでいるのかもしれませんね。

 

内藤大助、将来は子供達のボクシングをやらせたいと告白!

お子さんにもボクシングの道へ進んで欲しいのですか?

「子供しだいだけど、ボクシングをやると痛みがわかって他の人に優しくなれるから、俺はちょっとやらせたいかな」と頬をゆるませた。

素晴らしい考え方ですね。

お父さん自身、子供時代はひ弱だったそうですが、ボクシングによって強い自分を手に入れたとのことです。

元いじめられっ子だった内藤さん自身が言うと説得力がありますよね。

スポンサーリンク

もし息子さん達がボクシングの道に進んでプロデビューするとなったら、それはボクシングファンからすると嬉しいことですよね。

まだ小さな息子さんたちですが、いつ頃トレーニングを開始するのでしょうね。

いずれデビューしたら、全国が釘付けとなる存在でしょう。

ちなみに、お父さんと一戦を交えた有名人も振り返ってみましょうね。

内藤大助さんと亀田大毅さんは現役時代に戦っています。

亀田大毅さんは2007年、内藤大助さんの持つベルトを懸けて世界タイトルマッチを行いました。

この試合前は亀田大毅さんの内藤大助さんへの侮辱行為や言動が激しかったですね。

結局内藤大助さんが亀田大毅さんを破り、その後事態は収束していきました。

ボクシングや格闘技では、試合を盛り上げるために相手を侮辱したりしますが、亀田大毅さんは特に過激なタイプでした。

亀田大毅や亀田興毅さんといえば、当時はオラオラ系の選手でした。

再放送があるといいですね。

ですが、ライバルも昨今のテレビ出演ではすっかり丸くなって、むしろその父親・亀田史郎さんの方がアブナイ感じですよ。

さて、息子さんの大冒険ともなるボクサー人生、お父さんのように上手い選手になるのか楽しみですね!

 

子供達の学校がどこなのか調査してみた!

息子さんたちは、どこの学校に通っているのでしょうか?

気になるので調べてみましょうね!

通っている幼稚園や学校はわかりませんでした。

ブログにお子さんたちの情報が載ることはあるのですが、特定されるような詳しい内容は載せられないようです。

有名人ですので、個人情報の掲載には懸念をもっているとのこと。

確かに物騒な事件が多いですので、注意は必須ですね。

 

内藤大助の実家の住所(場所)はどこなの?

ご実家は、どちらだったのか見ていきましょう!

北海道虻田郡豊浦町出身。

内藤大助さんって、生まれたご自宅は北海道にあるボクサーだったのですね。

どんな町なのか、町長のメッセージを見てみましょう。

「海の青」、「山の緑」、「川面の光」、この風光明媚なボルガノベイ(噴火湾)に面した町が豊浦町です。

この北の大自然を大切に、先人たちは多くの汗を流しながら、豊かな町づくりに努力を重ねてきて現在の豊浦町があり、私たちは、この流した汗にまた一汗一汗適応した施策を推し進め、次世代に受け継いでいかなければならないと考えています。

水や空気のおいしさを大切に、自然と共有しながらのそこに住む人々の生活と心を育みながら「住んで良いまち」、「住みたいまち」、「行って見たいまち」、「小さくとも活力あるまち」づくりのため、新しい歩みをはじめている未来ある豊浦の姿を、ご覧いただければ幸いです。

町長 村井 洋一

内藤大助さんは、広々とした所で生まれ育った方だったようです。

広大な場所では昔、犬ぞりなどして遊んでいたのでしょうか。

今後の活躍にも期待ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)