奥寺康彦の子供は息子がいる?創価学会の噂や現在の活動について

サッカーの指導者として活動している、奥寺康彦さんについて見てみましょう。

それでは、ご覧ください。

奥寺康彦の子供まとめ

2014年にサッカー界の殿堂入りを果した方ですね。

アジア・サッカー連盟は大きな功績を残したアジアのサッカー選手10人を選びました。

現役当時から、メジャーなサッカー選手として活躍していたそうです。

奥寺康彦さんは、FWからDFまでポジションをこなす事ができました。

それだけではなく、左足と右足を同じように使えたので、左右両サイドのポジションでもプレイする事ができた、戦術センスの高い選手でした。

ケルンの後もヘルタ・ベルリン、ブレーメンなど一流のチームでプレーを続け、正確なキックを打つ事から、東洋のコンピュータの異名で呼ばれていました。

結婚しているのでしょうか?

スポンサーリンク

嫁さんがどのような人なのか、情報がありませんでした。

奥さんはいるそうですが、詳細は不明ですね。

お子さんはいますか?

奥寺康彦さんは、35歳になる長女をはじめ、三男一女のお父さんです。

ドイツにいる頃は、家族が心の支えになっていたので、しっかり子育てに参加していたといいます。

どうやら、 4人のお子さん達に恵まれているとの事ですよ。

奥寺康彦の子供は息子が3人

3人の息子さんについて見てみましょう。

残念!

リサーチしてみても詳しい情報がありませんね。

一般の方でしょうか。

詳しい事は分かりません。

奥寺康彦には娘もいたの?

前述のように、 35歳以上になる長女が1人います。

小さな頃、父親と一緒に海外生活をしていたそうですね。

女房と1歳半の長女・美保を迎えるため、住居の準備も自分でしないとならない。

ドイツは雲が低く垂れ、雨がしとしと降っている日が多い。

お父さんが有名なサッカー選手ですので、日本や海外を転々としていたのでしょうね。

奥寺康彦が創価学会のメンバーという噂について

創価学会の一員なのか、リサーチしてみましょう。

色々な方が調べていますよ。

奥寺康彦についてのwikipediaのページを確認したところ、創価学会に関する記載はありませんでした。

次に、奥寺康彦と創価学会の関係を各メディアの記事から調べましたが、これもやはり関連のある物が見つかりませんでした。

スポンサーリンク

コンピューターリサーチの結果もありましたよ。

どんな結果だったのでしょうか?

奥寺康彦と創価学会の噂の話題度は 0% 、みんなの関心度は 0% ですので、奥寺康彦と「創価学会会員である」の噂は、特に語られるべき内容ではなさそうです。

どうやら奥寺康彦さんは、創価学会との関連は極めてゼロに近いそうですよ。

どこから余計な噂がたったのでしょうね。

奥寺康彦の現在の活動

1980年代後半まで、プロサッカー選手として活躍してきました。

気になる方は、当時の動画をチェックですね。

1970年代当時、世界最高峰のリーグと言われたドイツのブンデスリーガ(1976年-1984年までUEFAリーグランキング1位)で活躍した初めての日本人選手である。

3つのクラブを渡り歩き計9年間プレーを続けレギュラーとして実績を残した。

その正確無比で安定したプレースタイルは地元ドイツのファンから「東洋のコンピューター」というニックネームで呼ばれ、賞賛された。

プロとして活躍していた頃、優れた選手として有名な日本人だったみたいですね。

ですが、自己評価は決して高くはないそうですよ。

「自分はスーパーな選手ではなかったけれども、例えて言うなら1+1を必ず2にできるような確実性は持っていたからだろう」と述べている。

ただ、素晴らしい結果を残している選手です。

今でも、サッカーファンの脳裏に焼き付いている偉大な選手の1人でもありますよね。

まずは、現役引退後の活動から見てみましょう。

Jリーグ参入のため、古河電工からクラブチーム化された「東日本JR古河サッカークラブ」(ジェフ市原の前身となるクラブ)のゼネラルマネージャーに就任。

1996年には監督に就任したが成績不振から1シーズン限りで退任した。

1999年に横浜フリューゲルスのサポーター有志で結成された「横浜フリエスポーツクラブ」(横浜FC)のゼネラルマネージャーに就任、2000年からは代表取締役社長を兼任。

引退後、サッカー関連のお仕事に就いていますね。

それでは、 近年の活動を見ていきましょう。

2012年8月、日本サッカー殿堂入り。

2014年11月、AFC初代殿堂入り。

2017年10月、中田仁司の解任により監督が不在となったことで、第38節のFC町田ゼルビア戦で暫定的に指揮を執ることが発表された。

現役を退いた後、今までの経験を活かしてサッカーに関する様々な活動を経ていますね。

そして今は、横浜フリエスポーツクラブの社長ではないそうですよ。

現在は、横浜FCの会長を務める奥寺康彦氏。

今年66歳となる方ですので、会長職となりサッカー界を支えておられるのでしょう。

新しい活動にも期待ですね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする