貴乃花の子供は何人?娘の年齢や結婚相手について。親権問題はどうなるのか?

2018年は何かと世間を騒がせていた貴乃花さん

実はやばいのは父親だけでなく…息子もそして母親もという噂は本当でしょうか?

娘二人の親権が母親ではなく父親である貴乃花が得たという話は本当なのでしょうか?

目次

貴乃花の子供は何人いるの?→男の子が1人と女の子が2人いた!名前や年齢(歳)を見てみよう!

貴乃花親方の子供は何人?ということですが、息子1人と娘2人で3人の子供がいます。

2018年の相撲界騒動から貴乃花親方の親方引退ということで貴乃花に関する出来事も多かったので「貴乃花って子供何人だっけ?」そう思われた方も多かったのかも、しれませんね。

ということで、貴乃花の子供は息子1人と娘2人の3人でした。

それぞれの息子娘の年齢は

長男の花田優一さんが1995年生まれ(2018年現在で23歳)
長女の花田妟佳(はるか)さんが2001年生まれ(2018年現在で17歳)
次女の花田晃帆(あきほ)さんが2003年生まれ(2018年現在で15歳)

スポンサーリンク

ということですね。

長男の花田優一さんと姉妹は結構歳が離れているのでかなりお兄ちゃんといった感じですかね。

貴乃花さんには何人の子供がいるかと言うと息子一人と娘二人で3人の子供がいます。

長男は最近靴職人としてテレビに出ていますが、妹たちはまだ学生ということもあり顔画像は公開されていません。

息子は何人?「次男がいる」という噂もあるみたいだけど…

貴乃花親方の次男の存在が、実しやかに噂されていますが、これは、「貴乃花親方が次男」が誤って伝わったか、長男が相撲界へ進まなかったことを嘆いた貴乃花ファンが、「次男がいたらいいのに…」という願望から出た噂かも知れません。

貴乃花親方は、あの一連の騒動が発端となり、相撲界との関係がこじれ、2018年9月親方業を「引退」。

それにより、貴乃花部屋は消滅しました。

もし、跡取りとなる“次男”の存在があったなら、、、結果は違っていたかもしれませんね。

あくまでも、妄想に過ぎませんが…。

貴乃花さんには次男がいるという噂がありますが…これは貴乃花さんの長男が相撲界へ進まなかったことを嘆いたファンが「次男がいたら相撲選手になっていたかも」とコメントしたことで噂が広まってしまったようです。

現在は貴乃花部屋自体が消滅したことですし…結果的には長男が相撲選手にならなくて良かったのかもしれません。

息子(長男)の名前は花田優一!【年齢&画像】

はなだ ゆういち
花田 優一
生年月日 1995年9月27日(23歳)
出身地 日本の旗 日本・東京都
学歴 青山学院中等部・高等部卒業
職業 タレント、靴職人(自称)
活動期間 2017年 –
花田光司
河野景子
親族 貴ノ花利彰(祖父)
藤田紀子(祖母)
花田虎上(伯父)
初代若乃花(大伯父)

長男の画像が上の通り、2019年は23歳になられました。

上の写真の通り母親とはやばいくらい仲がいいんだそうです。

息子・優一の血液型は?

名前:花田 優一(はなだ ゆういち)

生年月日:1995年9月27日

血液型:A型もしくはB型(貴乃花光司:O型 河野景子:AB型)

父の貴乃花も相当変わっている人物ですが、最近は息子の花田優一さんもかなり変わっていると噂が広まっています。

血液型は一体何なのか気になって調べてみたところ…。

現在は非公開でしたが両親の血液型からA型もしくはB型であることがわかりました。

息子の学校は幼稚園から青山学院だった!

東京都出身で、青山学院幼稚園、青山学院初等部、青山学院中等部・高等部をそれぞれ卒業する。

2003年の父の断髪式で髷に鋏を入れて涙した。

中学卒業後に15歳でアメリカへ留学する。

花田優一さんは幼稚園から青山学院に通っています。

青山幼稚園といえば一年でたった40人しか入学できない狭き門です。

このまま進めば、世間から認められているご両親のおかげで一度も受験せずに青山大学を卒業することができたのですが…。

中学校を卒業した後はたった15歳でアメリカへ留学してしまいました。

長男・優一は相撲はやらなかった!イタリアで靴職人の修行を受けていた!

高校卒業後にイタリアのフィレンツェで3年間修業して帰国し、都内に自身の工房を設け、完全受注で制作する。

2016年から、貴乃花の息子としてバラエティ番組などに出演する。

どうやら調べてみると青山高校を無事に卒業した花田優一さんはその後イタリアのフィレンツェに3年間修行して靴職人になったんだそうです。

長男・優一は現在タレント(俳優)業と靴職人の「二足の草鞋」

2017年8月から芸能マネジメント事務所Megu Entertainmentとマネジメント契約を結び、2017年10月よりTBSラジオにて自身初となるレギュラー番組『花田優一 First Step』を開始する。

しかし、翌2018年11月には、9月で所属事務所の専属マネジメント契約を解除されていたことが報道された。

芸能リポーターの駒井千佳子によると「もともと元貴乃花親方は優一をタレントではなく靴職人としてのテレビ出演ならと芸能事務所入りを許可したが、優一は約束を破り、本業の靴作りをおろそかにし、所属事務所にも迷惑をかけ続けた。そんな優一にあきれ果てた親方は事務所に息子を解雇してくださいと申し出たそうだ」という。

なお、退社後もメディア出演は続けている。

2017年8月から芸能事務所と契約を結んだ長男の花田優一さん。

現在は靴職人とテレビのお仕事という二足の草鞋で活躍されています。

事務所に入ることをお父様の貴乃花さんは反対されていたそうですが…母親はその方が知名度が上がり靴も売れると賛成されていたそうです。

しかし驚いたことに2018年11月に花田優一さんが事務所を解雇されていたことがわかりました。

原因は父である貴乃花さんが事務所にお願いしたからなんだそう!!

この親子激しすぎて毎日何が起こるかわかりませんね。

【速報】長男・優一、所属芸能事務所を解雇される。何故解雇されたのか?

靴職人でタレントの花田優一が所属先の芸能事務所から契約解除されたことを、11月16日発売の「フライデー」が報じた。

理由は、これ以上は面倒を見られないとか……。

元貴乃花親方の息子である花田は靴職人の傍ら、昨年8月からは芸能事務所にも所属しタレント活動を開始。

2017年10月からラジオのレギュラー番組を持ち、テレビのバラエティ番組にも顔を出すようになった。

ところが、本業でのトラブルが絶えなかったようだ。

「記事によると、花田は20万円近くの靴の制作料金を受け取りながらも、納品が滞っているようです。

お客が連絡を取ろうとしても、なんだかんだと理由をつけて逃げ回る始末。

そのうち事務所にもクレームが来るようになったといいます。

プライベートでも妻がいながら別の女性との密会現場を、8月31日発売の同誌が報じている。

事務所が面倒を見きれないというのも理解できますね。すでに事務所のHPから花田は消えていました」(芸能記者)

元貴乃花親方も、花田の職務怠慢にはおかんむりのようだ。

10月29日に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演した元貴乃花親方は、息子に対して「20年、30年修業しないと。職人なんてゴマンといますから。テレビに出ている場合じゃない」と苦言を呈している。

「そんな親心がわからないのか、花田は11月15日に更新したインスタグラムで、母親である元フジテレビアナウンサーの景子さんをおんぶしているかのような写真を投稿しています。

花田は微笑み、景子さんは少し照れ笑いを浮かべているように見えます。

靴を注文しているお客からすれば、いい歳した大人が母親と写真を撮る暇があれば“靴を作れ”と憤慨しているはずです」(前出・芸能記者)

インスタグラムでは「笑顔でいてくれれば、一番!」とコメントした花田だが、周囲には笑えない人も多いに違いない。

花田優一さんが事務所を解雇された理由は父である貴乃花さんがお願いしたからという話が浮上していましたが…。

実際のところは本業の靴職人の件でトラブルが絶えなかったようです。

結婚式の日に靴を履くことを楽しみにしていたお客様がいらっしゃったそうですが…未だに靴が届かないと怒っていらっしゃるという噂も耳にします。

忙しすぎて靴が作れないと言いながら妻以外の女性と密会現場をスクープ…。

チャランポランな一面が見えてしまったのかもしれませんね。

長男・優一の結婚相手の嫁が美人過ぎた!!!名前は矢木麻織香さん

私生活では、『花田優一 First Step』2017年10月30日の放送で、元幕内の富士乃真の娘との結婚を明らかにした。

2人は、靴のセミナーで出会い、優一は「その時にコイツ嫁かなと思ったんです」とテレビで語った。

しかし2018年12月、離婚した。

上の画像の本当に美しい女性が花田優一さんの元妻の矢木麻織香さんです。

靴のセミナーで出会い、花田優一さんはその日にプロポーズしてしまいます。

これだけ美人ならその気持ちも分からなくはありません。

嫁・矢木麻織香との馴れ初めや結婚式について!

やっぱ気になるのは2人の馴れ初めです。

実は友人の紹介だったそうで、交際が始まった時は花田優一が高校3年生で、矢木麻織香さんが大学1年の時でした。

大学1年の時って言えば、ミスコンで輝いている時ではありませんか(^^)

出会ってからは、花田優一の方が熱を上げ、積極的だったそうです。

そう言えば、この頃の花田優一って靴職人を目指してイタリアで修業してたんですよね。

遠距離恋愛を続けながら未来の旦那を支え続けたのでしょう。

そして結婚の運びとなったのは、麻織香さんが2017年3月で大学を卒業し、4月から社会人として仕事に就いたタイミングだったのです。

現在はすでに花田優一の実家の近くで一緒に暮らしているそうです。

花田優一さんと元妻との馴れ初めですが、セミナーではなく実は友人の紹介だったという話も浮上しています。

同級生かと思っていたので奥様の方が1年年上だったことは驚きました。

当時はミスコンで輝いていた時期だっただけに花田優一さんもメロメロだったようです。

若い二人の結婚を許した両親たちは色々と振り回されてしまったのかもしれませんね。

長男・優一、嫁・矢木麻織香と離婚報道!離婚理由は何だったの?

元妻・矢木麻織香もドン引き! 花田優一のゲスすぎる離婚理由

  • 離婚理由①:花田優一の靴職人は“遊び”の延長
  • 離婚理由②:花田優一は“超マザコン”
  • 離婚理由③:花田優一の浮気と不倫
  • 離婚理由④:嫁の知らない家を花田優一がテレビで“自宅”と紹介

花田優一氏の両親である元貴乃花親方の花田光司氏と河野景子さんの離婚理由のひとつにもなったのが、花田優一と河野景子さんの異常なまでの“親子愛”です。

「自分に厳しく、他人にも厳しく」がモットーの貴乃花親方は、息子の花田優一が自身を靴職人と謳いながらも、一切靴に関する修行をせず、タレント活動も中途半端になっている現状に対して、激しく糾弾し、説教したようです。

しかし、長男は母の河野景子さんに泣きつき、景子さんも優一氏に味方すると、いつのまにか花田光司vs花田優一&河野景子という構図が出来上がりました。

花田優一は困ったことがあるとすぐに母の河野景子に泣きつき、矢木麻織香との夫婦間でのトラブルや喧嘩の際にも母・河野景子の名前を出すことで沈静化を図っていたともされています。

そう、花田優一氏はとてつもないレベルの“マザコン”だったんですね。

女性がマザコンを嫌がるのは当然ですし、そもそも大の大人が自立できていないような印象にもつながり、男として頼りないイメージをまとってしまったのでしょう。

花田優一さんと矢木麻織香さんは既に離婚されています。

原因は上に記載した通り、もう我慢しきれないくらいの理由がたくさん並んでいたようです。

その中でも注目したいのが母・河野景子さんとの異常なまでの親子愛という点です。

時々周囲にも自分の息子に対して周囲がドン引きするような行動を見せる母親がいますが…もしかしたら河野景子さんもそういうレベルのマザコンなのかもしれません。

厳しい貴乃花が父親にしては、どうも花田優一さんがのびのびとしているような気もしてしまいます。

相当河野景子さんがかばっていたのかもしれませんね。

ネットで「似たもの親子」「全て中途半端」との辛辣な意見が多数

フライデーが2018年11月26日に以下のようなスクープを報じました。

コトの発端は、彼にまつわる靴のトラブル。

現在、靴職人であるはずの花田に靴を注文した客から、「商品が届かない」とクレームが殺到しているというのだ。

「花田は靴の製作のために20万円近くの料金を受け取りながら、一向に完成品を送らない。

お客さんが連絡を取ろうとしても、なんだかんだと理由をつけて逃げ回っています。

結局、事務所にお客さんから苦情が入る。

何件かは最終的に返金という形でコトを収めたようですが、お客さんの不満は解消されていません。

そもそも本人も靴職人よりタレントに興味があるようで、靴を作っているところを見たことがない。

そのあげくに、今年8月には奥さん(陣幕親方の娘)を裏切って他の女性と”密会”していたことまで報じられました(本誌9月14日号)。

事務所も、もう庇(かば)い切れない状態なのでしょう」(前出の知人)

本誌は花田に靴を注文したことがある大阪在住の木村静香さん(仮名)の証言を得た。

静香さんは昨年9月、結婚式のための夫へのプレゼントとして、花田に靴を注文。

18万円もの大枚をはたいたがオーダーメイド靴は届かず、代替品として送られてきた靴もサイズがまったく合わない

何度も花田側に連絡を試みた結果、一言の謝罪もないまま返金だけがされたという。

そんな彼女も花田に対して、

結婚式という一生に一度の晴れ舞台を、彼に台無しにされた

と、怒りを滲(にじ)ませている。

フライデーより抜粋

“靴職人”とのバッジをぶら下げている花田優一氏ですが、彼が実際に靴を作っているところを見た人間は存在しないようです。

ひと昔前のネッシーやツチノコ、雪男のような感じでしょうか。

20万円の大金を支払ってオーダーメイドをしても、花田優一氏からは結局満足のいく完成品は届かなかったそうですからね。。

このタレントなのか、靴職人なのか、よく分からない花田優一氏の活動に、元妻の矢木麻織香さんもうんざりし始めたようです。

お客さんから連絡が来てもなんだかんだと理由をつけて逃げ回っているという話ですが…このことが本当であればだらしがないなあと思ってしまいます。

彼はまだ靴職人としてスタートしたばかりです。

スポンサーリンク

その彼のことを信用して20万円近くの大金を払いながらも応援してくれた方に対して結局逃げ回ったあげく返金で終了させたことに対しては職人という肩書きさえ疑問に思ってしまうくらいの失態としか思えません。

結婚していた元奥様に対しても軽々しい態度が多々見られます…。

この状況であれば貴乃花さんが息子について、解雇するよう事務所にお願いしたという話…私でもそうすると思ってしまいました。

もし母親がそれでも息子をかばっているのなら…相当ヤバイ母子なのかもしれません。

長男・優一のインスタグラムが急上昇!そのわけは?

イタリアで親子ツーショット画像

愛情あふれていて、格好いい写真ですね。

修行を積んだ優一を訪ねての写真のようです。

父親がかっこいいから息子も自慢気に公開できる親子ショットですね。

ネットの声は「めっちゃオシャレ!!」「素敵な親子」「かっこよすぎます」「帽子と靴がおそろいの色ですね あわせたんですか?」「赤のバランス最高です」など絶賛する声が寄せられている。

素敵な写真と絶賛ですね。

上の画像は靴職人として頑張る息子を応援するために貴乃花さんがイタリアに駆けつけた時のものです。

普段の姿とは違ってイタリアマフィアみたいだった貴乃花さん。

掲載されたInstagramを見たファンはかなり嬉しかったようですね。

長男・優一は大のイタリア好き!愛車はあの「フィアット500」だった

花田優一さんがナゾの美女と一緒に乗っていたイタリアの愛車とは、フィアット 500です。

週刊フライデーの中では、ナンバーはもちろんのこと、車の詳細が分からないよう隠していたのですが、独特の顔つき、特にライトのデザインは隠せるワケもなく、フィアット500でしょう。

軽くスペックをご紹介すると・・・

・ 排気量 1200cc
・ 駆動方式 FF
・ 最高出力 69ps(51kW)/5500rpm
・ 最大トルク 10.4kg・m(102Nm)/3000rpm
・ 乗員 4名

デザイン的には「愛くるしい」といったところですね。

日本車ではこういったデザインはなかなか出来ないと思います。

やはり欧州車独特のフェイスラインとデザインですね。

ちなみに、日本仕様では1.2Lの自然吸気&0.9Lのマルチエアターボのモデルですが、イタリアではそのうえに1.3Lディーゼルターボのモデルも存在しています。

価格ですが、235万円~となっています。

案外、お手頃価格ですね。

そのあたりがフィアットが愛される一つの理由と思われます。

花田優一さんの車はイタリアのフィアット500だそうです。

イタリアはおしゃれだし食べ物も美味しいし確かに素敵な街です。

フィアットに乗りたい気持ちもよくわかります。

価格は235万円から、自分で稼いだお金で買ったのでしょうか…。

娘(長女)の名前は花田晏佳!【年齢&画像】

名前 :花田晏佳(はるか)さん

年齢:2000年4月26日生まれ18歳

職業:青山学院高等部(2017年12月高等部2年生)

貴乃花さんの長女の名前は花田晏佳さんといいます。

現在18歳、青山学院高等部に所属していましたが現在はアメリカに留学されているそうです。

娘(次女)の名前は花田晃帆!【年齢&画像】

名前 :花田晃帆(あきほ)さん

年齢:2002年4月18日18歳

職業:青山学院高等部(2017年12月高等部2年生)

住所: 青山学院中等部(2017年12月中等部3年生)

貴乃花さんの次女の名前は花田晃帆さん。

同じく青山学院高等部に所属していましたが現在は姉と一緒にアメリカに留学しているそうです。

娘2人がモデルをしているという噂はデマ

「花田家の教育方針は、“狭い日本で学歴にとらわれるより、早く海外に出て生きるための技を身につけよ”というもの。

実際に優一さんは名門私立高校を卒業後、エスカレーター式で大学に進学する道を断ってアメリカに渡り、その後イタリアで靴職人の修業をしました。

姉妹も兄を見習って現在アメリカに留学中です」(花田家の知人)

花田優一さんのビジュアルを見ればなんとなく二人の娘さんも美人であることは想像着くと思いますが…。

そんな二人にはモデルをやっているという噂が浮上しています。

しかし調べたところ姉妹はまだ学生で現在はアメリカに留学中とのこと。

モデルをやっているという噂はデマでした。

娘(次女)・晃帆の特技はバレエだった!

「花田優一の妹」と検索すると

・クラシックバレエを習っている
・バスケットボールが得意
・写真家である

という情報もネットで散見されました。

いずれも、学校のクラブ活動・趣味や習い事について、はっきりした情報はありません。

ただ「写真家」というのは、妹ではなく花田優一さん自身が、インスタやブログに頻繁に写真をアップしていることから、妹から「兄は写真家」と呼ばれていることが影響しているようですね。

また、次女の花田晃帆(あきほ)ちゃんについては、実際にバレエをしていることが、花田優一さんが【しゃべくり007】出演の時に発言していたようです。

貴乃花さんの次女についてはいろんな憶測が出回っているようですが、結局バレエをしているということだけが分かっているそうです。

(娘2人の学校)も長男と同じく青山学院!【幼稚園~小学校~中学校~高校】

兄の花田優一さん同様、晏佳(はるか)さんも青山学院のようです。

青山学院高等部の部活動で活躍しているのでしょう、特技はバスケットボールだそうです。

貴乃花さんの3人のお子さん達は何も青山幼稚園からそのまま小学校・中学校とエスカレートで進学し青山高校に通学しています。

娘2人は現在アメリカに留学中だった!

貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一が10日、自身のアメブロを更新。

実家を離れた妹を見送る心境をつづった。

1月28日更新のブログで「妹があと何日かで家を出るので母と妹と三人で集合」と3人で食事をしたことを報告していた花田。

この日更新のブログで「妹が家を出て、修行に出たのでした」とついに別れのときが来たことを明かした。

「17歳。僕が靴作りを修行させて頂いた年齢。かわいい子には旅をさせよと言うけれど、やっぱり旅をさせるのは心配…そして寂しい…笑」と複雑な“兄心”をつづった。

続けて「家を出る前日、二人でお昼ご飯を食べていると、「楽しいことあると思う?」とちょっぴり不安そうに聞いてくる妹」と妹から質問されたという花田。

「「楽しいことなんてなんにもないと思ったほうがいいよ」と答えながらも 僕の留学での笑い話を話すとめちゃくちゃ笑ってました」とほほえましいやりとりを明かした。

また、幼少の頃の自身と妹の写真を公開し、「こうやって家族が一人一人、自分の道に進み またみんなが集まるときには、もっと笑えるようになっているように 涙をグッとこらえて送り出す瞬間は勇気をもらえますね」としみじみつづり、「いつでも妹たちの勇気になるように、兄貴も負けじと張り切っていかなくては」と自身を奮い立たせた。

ブログの最後には「若者達、みんなでとことんやろう!!」と熱く呼びかけている。

ファンからは「辛い時、寂しくなった時はいつでも包んでやって帰れる場所、理解してもらえる人がいるってさ、とっても心強いと思う。優しいお兄ちゃんだね」

「愛情深いご家族ですね。妹さんの旅立ちが素敵な経験になりますように」

「妹さんも 勇気あると思います」

などのコメントが寄せられている。

二人の妹がアメリカに留学することについて相当寂しかったと思われる長男の花田優一さん。

留学する数日前にちょっぴり不安そうな顔で「楽しいことあるかな?」と聞いてきた妹。

何て答えるのかなと思えば「楽しいことなんてなんにもないと思った方がいいよ」と意外にも現実的な答えを返していらっしゃいました。

楽しいことだらけに決まってるじゃん」何て言うと思いきや、大事な妹たちを思いながら厳しい言葉で旅立たせたお兄ちゃん。

そんな時は「兄貴も負けじと頑張らなくては」と自身を奮い立たせていたなんて…そこはやはり貴乃花さんのお子さん達。

芯がしっかりとした強い精神力の持ち主だと関心してしまいました

娘2人は現在結婚はしていないみたい

ココア飲みにリビング来たら…妹がお勉強中?携帯中??

この前イタリアでお土産に買った口紅を、失くしてしまって…「にーにー口紅はーーーー??💄」と捕まる😅

だいすきーー😄」と抱きついて来たからから捕まえた。

早く買ってやらなきゃ😉

#花田優一

二人の娘さん達はまだまだ10代と若いこともあり結婚は数年先になるのではないでしょうか。

お兄さんの花田優一さんのことをにーにーと呼んでいるあたり、実際はまだ幼くとっても可愛らしい妹さん達なのではないかと思います。

貴乃花、嫁・花田景子との離婚を発表。離婚理由は何だったの?

決定打となったのは、相撲協会との決別だった。

9月25日、貴乃花は、相撲協会に退職届を提出。

自身の部屋も手放し、事実上の“廃業”となった。

“部屋の女将さん”という立場こそ自分の居場所だと考えていた景子さんにとって“廃業”は受け入れがたい事実。

この頃、景子さんはがまんの限界を迎えた。

「昨秋の暴行事件以降、親方はすべてを何の相談もなく決めてきた。

日馬富士の暴行事件に対する被害届の提出、理事長選の出馬までは堪えたが、この退職届だけは見過ごせなかった。

景子さんは泣きながら“協会に残るべきだった”とひどく咎めたそうです」(景子さんの知人)

景子さんは、「協会残留」が弟子たちを守る唯一の方策、という意見だった。

しかし、景子さんのこうした態度が、逆に貴乃花を強硬にさせたという。

「近年の景子さんは女将さん業よりも、それを“ネタ”にした講演会や商品プロデュース業に熱心になっていました。

2年前には会社を設立し、よりビジネスに邁進していた。

景子さんは部屋に住み込まない“通い女将”で、毎日来るわけでもなかった。

景子さんは部屋の財政状況が厳しいことがわかっていて、なんとか副収入で支えようと必死でした。

ところが、親方としては、景子さんが協会残留を願うのは“自分のビジネスのためだろう”という穿った見方さえあったのかもしれません」(前出・後援会関係者)

別の後援会関係者はこんな話を明かす。

「親方は景子さんに対する不信感も募らせていたようです。

この半年ほどで景子さんの酒量は、どんどん増えていました。

飲み会に顔をだすことも多くなって…服装も派手になっていました。

一連の騒動でストレスを溜めていたこともあるのでしょうが、会社設立以降、交友関係も変わっていきました。

時にはパトロンのような男性との会合にも出席するようになっていた

2018年の年末、突然離婚を発表した貴乃花さんと元妻の河野景子さん。

離婚の最大の原因は何だったのかと調べてみると、一番の理由は貴乃花さんが相撲協会を辞めてしまったことだったようです。

協会に残れば弟子たちを守れる…そう考えた河野景子さんでしたが…。

おそらく彼女の意見は世間と同じだったと思います。

部屋から出て行かなければならなくなった弟子たちは現在他の親方が運営する相撲部屋でどれだけ辛い思いをしているのでしょうか…。

ここ最近はお酒の量がかなり増えていたと言われる河野景子さん。

その苦労は上の画像にも表れていらっしゃるようです。

娘2人の親権は貴乃花に。理由は「年頃の娘たちの名字を変えないため」

突如として発表された元貴乃花親方(46才)と河野景子さん(54才)の離婚。

“卒婚”としてきれいに幕を下ろしたかのように見えた2人の様相は泥沼化している──。

貴乃花部屋は2016年に、東京・中野区から江東区に移転した。

その後、貴乃花は部屋で弟子たちと寝食を共にし、景子さんは品川区にある自宅を生活拠点としながら、女将さんとして部屋に出入りしていた。

いうなれば、別居状態となっていたのだ。

長い別居の末、とっくに夫婦関係は破綻していた」と関係者は口を揃える。

ではなぜ早々に離婚しなかったのか。

「角界の改革を掲げ相撲協会理事長を目指していた親方と、理事長夫人を夢見ていた景子さんの夢は、はからずも一致していた。

しかし2月に理事長選にやぶれ、ほぼその夢はなくなった。

そのタイミングでもよかったが、そこで貴乃花が何より気にしたのは目に入れても痛くない2人の娘のことでした」(相撲担当記者)

今回の離婚騒動では、長男の優一(23才)ばかりがクローズアップされるが、貴乃花と景子さんには、高校生の長女と、中学生の次女がいる。

娘の留学が離婚の時期を決めたという。

実は今年2月に長女が渡米しています。それでも次女がいたので、親方が離婚を言い出すことはなかった。その次女がこの9月に留学しました。

親方としては、過熱が予想された離婚騒動に娘たちを巻き込みたくなかった。

娘の留学時期が決まった時から、9月に次女が旅立ったら景子さんに伝えようと決めていたそうです。

もちろん娘2人には親方自ら離婚について知らせていました」(前出・花田家の知人)

長女、次女は、これまで景子さんと自宅で生活してきた。

しかし、親権は貴乃花が持つ。

年頃の娘さんたちの名字が変わらないようにと配慮したようです。

来年、姉妹はそれぞれ留学先から帰国する予定ですが、その後は生活面を考えて景子さんとともに暮らすことになるでしょう」(前出・花田家の知人)

離婚後二人の娘たちの親権は貴乃花さんが持つことになりました。

その理由は苗字を変えないためだったそうです。

実際のところ2018年に離婚が発表されましたが…夫婦仲はそれよりもずっと前から冷え切っていたそうです。

幼い二人の娘たちがアメリカに留学するまで…それまでは何とか持ちこたえようと頑張っていた貴乃花さん…そして河野景子さん。

お互い家族を大事にする気持ちは変わりがないようなので…いつか復縁ということもあるのかもしれません。

貴乃花の子供時代(子供の頃)のインタビュー映像がバナナマン日村に物まねされていたw

3月21日(水)に、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで、バナナマン日村勇紀の冠番組『日村がゆく』が放送され。

日村のモノマネの定番である、「子どもの頃の貴乃花」について、衝撃の事実を明かした。

素人によるおもしろエピソードを紹介する同番組の人気コーナー「このエピソード、バラエティで通用しますか?」の冒頭で、おまつが「最近、相撲協会でいろいろあったりして、貴乃花のインタビューとか…」と日村に話を振ると、日村が自身のモノマネのテッパンとも言える、貴乃花親方の幼少期のインタビューの様子を取り入れた「あどね~~、ボクね~、パパみたいな力士になりたいの」のモノマネを披露した。

人気お笑いタレント・バナナマンの日村さんは貴乃花さんの子供時代をものまねすることで有名です。

ぽっちゃり体型の日村さんが真似をするとすごく似ていると思ってしまいましたが…。

バナナマン日村が明かした衝撃の真実!貴乃花は「あどね~」と言っていない!?

このモノマネを受け、「日村さんのモノマネの代名詞ですね」「これで売れたっていう」と紹介するおまつ。

「これで売れたっていうか(笑)、まあ、ひとつの武器としてやってますよ」と謙遜する日村。

しかしおまつが、連日の相撲協会の報道きっかけで、昔の貴乃花親方のインタビューをネットで見ると、実は一言も「あどね~」などと言ってなかったことが分かり、そのことを日村に指摘。

日村は、大笑いしながらも「そうなんですよ!俺もビックリしましたよ(笑)」と告白した。

実は日村さんがものまねする中に出てくるあどねという言葉、全然貴乃花さんが言っていなかったことが判明してしまいました。

でも、ものまねって雰囲気が似ていればOKみたいなところがあるので…言っていなかったことが判明した時は衝撃ではありましたが…これはこれでOKなのではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする