宅麻伸と賀来千香子に子供はいるの?息子に賀来賢人の名前が浮上した理由

高校生の時にモデルとしてスカウトされ、その後女優として活躍している賀来千香子さん。

1992年には「冬彦さん」の妻役を好演した賀来千香子さんと宅麻伸さんの子供事情に迫ります。

なんでも、あの人気俳優が、賀来千香子さんと宅麻伸の息子さんだというのですが、本当なのでしょうか?

宅麻伸と賀来千香子には子供はいなかった!息子の噂もデマ

出典:https://www.oricon.co.jp

賀来千香子さんは1961年大阪府生まれ。

1994年に宅麻伸さんと結婚し、芸能界屈指のおしどり夫婦といわれていましたが2012年に突如離婚してしまいます。

離婚理由として、「いつの間にかすれ違いが生じ、その距離を埋めることができなかった」と、当時、賀来千香子さん、宅麻伸さんの連名で報告しています。

出典:https://yononakanews.com

スポンサーリンク

ふたりが離婚について話し合ったのは発表の2週間前だったといわれていて、芸能関係者の中では、「晴天の霹靂」とか「寝耳に水」とあまりの突然ぶりに驚いていたようです。

18年という結構長い結婚生活でしたが、不思議なことに賀来千香子さんと宅麻伸さんとの間に子供はいません

息子さんがいるという噂もあったのですが、どうやらデマのようですね。

宅麻伸と賀来千香子に子供ができなかった理由

出典:https://www.oricon.co.jp

賀来千香子さんと宅麻伸さんとの間になぜ子供ができなかったかは、ふたりからは何も明らかにされていません

1993年の結婚秒読み段階の時に、宅麻伸さんが別の女性とつきあっていったことが発覚したことにより、賀来千香子さんに結婚する気持ちがなくなったにも関わらず一緒になったとか、所帯を持ったとしても、賀来千香子さんが全く家事をやらなかったり、子供を作ることを拒んだといった憶測が飛び交いました。

出典:https://www.oricon.co.jp

おしどり夫婦というのも嘘で、仮面夫婦だったとか、同じマンションの別室にそれぞれ住んでいた「マンション別居」だったとか、夫婦仲を疑う人もいたようです。

あくまでも推測、噂の範疇を超えることはありませんが、賀来千香子さんも宅麻伸さんも、真相を語ることがないため、離婚の理由も、子供ができなかった理由も、本人たちのみぞ知ることとなっています。

息子の噂の原因は賀来賢人。宅麻伸との関係が意外!【関係図あり】

出典:https://www.sponichi.co.jp

賀来千香子さんと宅麻伸さんとの間に子供が、しかも息子がいるという噂の発端になったのは、人気若手俳優としてさまざまなドラマに出演している賀来賢人さんだといわれています

苗字が一緒なのには当然理由があって、賀来千香子さんと賀来賢人さんは親戚なのだそうです。

出典:https://clippy.red

家族の関係図で見ると、賀来賢人さんのお父さんと賀来千香子さんがきょうだいで、叔母と甥の関係にあるのです。

ということは、離婚したとはいえ、宅麻伸さんと賀来賢人さんとの間には叔父と甥という関係があったということですね。

出典:https://www.oricon.co.jp

コミカルな演技が印象に残る賀来賢人さんですが、普通に見るとイケメンですから、美男美女の夫婦だった賀来千香子さんと宅麻伸さんとの子供という噂も真実味があります

ただ、賀来賢人さんが生まれたのが1989年ですので、ふたりが結婚する前からいたことになります。

出典:https://grapee.jp

賀来賢人さんは2016年に女優の榮倉奈々さんと結婚し、翌年には子供が生まれています。

大叔母さんとして、賀来千香子さんもコメントを寄せたようです。

よっぽどうれしかったのでしょうね。

子なし夫婦のメリットデメリットと人生の楽しみ方

出典:https://yumeijinhensachi.com

賀来千賀子さんと宅間伸さんの離婚の原因に「子供ができなかった」ことはなかったようですが、自分たちの子供を作るために結婚するのが多くの夫婦たちの願いではあります。

でも、望んでいながらも子宝に恵まれない夫婦がいることもまた事実。

子なし夫婦にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

また、子なし夫婦たちがどのように人生を楽しんでいるのかをクローズアップしていきます。

その① 子供がいない理由は?

出典:https://www.pakutaso.com

子供がいない理由には様々なものがあります。

スポンサーリンク

そもそも夫婦ともに子供が好きではなかったり、夫婦ふたりの時間を大切にしたいという、ポリシーや考え方から子供がいないとか、生活が苦しかったり、不妊治療をしても授からなかったり、親の介護で大変だったりと、経済的、物理的に子供を作ることが困難だったためと、それぞれに事情があるのです

今でも、社会的に子供がいない夫婦に違和感を覚えてしまうことがありますが、人生が多様化したように、夫婦生活もいろいろあっていいのですから、子供がいない人生を選択するのもアリなのではないでしょうか?

その② 子供のいない夫婦のメリットとは?

出典:https://www.pakutaso.com

子供のいない夫婦は世間的に肩身の狭い思いをなんとなくしてしまいそうですが、それなりにメリットがあるといいます。

かつてDINKSという夫婦のあり方がもてはやされましたが、夫婦共働きなら、旦那さんがひとりで働くよりも多くの収入が見込めます

収入が多い上に、子育ての費用もありませんから、夫婦ふたりで自由に使うことができます

出典:https://www.pakutaso.com

また、女性ですと、出産で長い期間お休みをしたり、場合によっては仕事を辞めなければなりません

仕事である程度の業績を上げ、出世をしていても、出産して仕事に復帰したら、また積み上げていかなければならない。

でも、子供を作らないことを決めているのでしたら、バリバリと仕事に打ち込むことができます

出典:https://www.pakutaso.com

さらに、子供が生まれると、お互いのことを「パパ」「ママ」と呼び、名前で呼び合うことが少なくなる夫婦がほとんどですよね。

子育て中は、2人の時間を持つことがなかなか出来ませんので、すれ違いが多くなっていくと言われています。

また、子供がいると、子育てのことでアレコレと喧嘩になりがち。

「パパは全然手伝ってくれない」

「ママは子供ばかりの世話で、俺のことを何もしてくれない」

など、知らぬ間にお互いの不満が増えていき、終いには「考え方が合わない」などと離婚してしまうケースが後を絶ちません。

しかし、子供がいない場合は、子供の教育のことで喧嘩をすることもありませんし、お互いの時間を上手に作りながら、2人の時間も作るので、デートしたり、旅行をしたり、楽しむことができます。

引用:https://iku-mama.jp

確かに子育てでケンカすることはよくありますね!

その③ 子供のいない夫婦のデメリットとは

出典:https://www.pakutaso.com

子なし夫婦のメリットは、割といろいろなことに自由がきくというところでしょうが、やはりメリットばかりということはありません

自分たちが年老いた時に老後が心配になることや、自分たちの親に孫の顔が見せられない後ろめたさといったデメリットがあります。

「子はかすがい」という諺があるように、子供が時に夫婦関係を保つことがありますが、子なし夫婦の6割が3年以内に離婚するともいわれています。

子供がいないからこそ、夫婦ふたりきりの生活で亀裂を作らないように、関係を維持していくことがデメリットを打ち消すだけの力になっていくのではないでしょうか?

その④ 子供がいなくても人生を楽しくするコツ3つ!

出典:https://www.pakutaso.com

子供の成長というのは、結婚生活を送る上で大きなウエイトを占めるものであり、喜びとなり得るものです。

ですが、子なし夫婦は望む、望まざるにかかわらず、子供がいないことを選択したことで子供にまつわる喜びを得ることができなくなります

これだけが結婚生活のすべてではありませんので、ふたりきりならではの喜びを得る方法や楽しみ方を身につければ、子なし夫婦でも十分に人生を満喫できます

出典:https://www.pakutaso.com

まずは、お互いに感謝と愛情を常に表していくこと

ささいなことでも、相手のことを思っておこなったことには、感謝の言葉を伝えられるとうれしくなるものです。

自分がそうなら、相手もそうだと思いませんか?

出典:https://www.pakutaso.com

お互いが相手を思いやって行動して、言葉を交わしていけば、自然と夫婦仲も良くなるはずですよ。

二つ目はスキンシップ。

出かける時に手をつないだり、一緒にリビングにいる時には寄り添ったりと、触れ合うことでさらに絆が強まったり、愛情を感じることができます。

出典:https://gori.me/web/pakutaso

三つ目は記念日を大切にすることです。

相手の誕生日や結婚記念日、その他ふたりの間にある大切な日を忘れずにお祝いをする事で、思い出を重ねることができますし、お互いの気持ちの再確認につながります。

いずれにせよ、相手のことを考えて行動することが、長い夫婦生活をより楽しくする秘訣であることは間違いありません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする