田中マルクス闘莉王の子供や嫁について。退団・引退後の現在の活動は?

ブラジル出身のプロサッカー選手・田中マルクス闘莉王。

結婚して子供がいるようですが、性別や名前、顔などが気になりますね。

また、嫁に関しても検索している人が多いようです。

嫁に関してなにか情報はあるのでしょうか。

そして今までの活躍、現在、今後も気になります。

今回は田中マルクス闘莉王について調べていきます。

田中マルクス闘莉王の子供は2016年10月に第一子の娘が誕生していた!【画像あり】

田中マルクス闘莉王ですが、結婚して子供がいました!

生まれたのは女の子だったそうです。

2016年に生まれたそうなので、2019年には3歳になるんですね~。

スポンサーリンク

気になるお顔ですが、娘の写真を見つけました!

めちゃくちゃ可愛いですね!!

田中マルクス闘莉王も、娘にはメロメロなのではないでしょうか。

この娘以外には子供の存在は確認できませんでしたよ。

今のところ、子供は娘が一人のようですね。

田中マルクス闘莉王は2016年に結婚!結婚相手の嫁・アリエレ・ゾッピが美人すぎる!

田中マルクス闘莉王の嫁ですが、かなりの美人だという話です。

アリエレ・ゾッピという女性なのですが、どれくらいきれいなのか見てみましょう!

こちらが田中マルクス闘莉王の嫁です。

娘も可愛かったですが、嫁も相当美人ですね!

お相手はブラジル在住のアリエレ・ゾッピさんで、ゾッピさんがインスタグラムで「私たちの結婚式。2016年3月14日。二人だけで」と告白。

多くの友人から「おめでとう」という祝福の言葉が寄せられた。

結婚は大々的にではなく、嫁がインスタグラムで発表したみたいですね。

ひっそりと愛を育んでいたのでしょうか。

それにしても本当に美人な嫁ですね。

【馴れ初め】嫁・アリエレ・ゾッピとの出会いのきっかけが気になる!

これだけの美人妻と結婚した田中マルクス闘莉王。

二人の馴れ初めが気になるところですが、探すことができませんでした。

サッカーのこと以外は、あまり話さないのかもしれませんね(^^)

田中マルクス闘莉王は2度にわたって「名古屋グランパス」を退団していた?

田中マルクス闘莉王が名古屋グランパスに加入したのは2010年です。

2010年、名古屋グランパスへ移籍。

しかし、2016年に退団しています。

2015年までシーズンを通してレギュラーとして出場されたものの、2016年1月9日付で名古屋グランパスを退団することが所属クラブにより発表されました。

名古屋グランパスを退団してからすぐに結婚したのですが、その後、名古屋グランパス側から連絡があり、再度グランパスに加入することになりました。

結婚からわずか5ヶ月しか経っていない8月26日、古巣・名古屋グランパスの新監督となったジュロヴスキー氏から頼まれて単身日本へと戻ってきた闘莉王さん。

名古屋は第2ステージは2分け7敗の最下位で、年間順位はJ2降格圏の16位に沈んでいる。

ジュロブスキー監督から正式な復帰要請の電話を受けたのは22日。精肉店で買い物をしていた。

本当に急な連絡だったんですね。

スポンサーリンク

このとき嫁は身重で、本当ならば田中マルクス闘莉王も嫁のそばにいたかったのでしょうが、グランパスのためにと嫁を説得する間もなく来日したんだとか。

妻アリエリさんは9月11日に第1子を出産予定。

「大変だよ。相~当怒ってるね。説得どころじゃないね。とりあえず出てきた」。

激怒する新妻をブラジルに置いて、飛行機に飛び乗った。

シーズン終了までという異例の短期契約ではあったものの、打診を受けてからわずか数日で、地球の真裏であるブラジルに身重の妻を残して再来日する覚悟にファンは胸を打たれました。

本当に名古屋グランパスのことを思っていたからこその行動だったのでしょうね。

退団理由は何だったの?

それにしても、なぜ退団したのでしょうか?

一度目の退団は、怪我で思うように結果が出せなくなったからのようです。

優勝請負人として名古屋を初優勝に導く活躍を見せましたが、「サッカー人生で一番重視していたワールドカップイヤーで、しかも名古屋に移籍して優勝すると公言したから100%以上の気持ちでやった」結果、終盤は故障に悩まされる事態に。

スポーツ選手にとって、怪我は一番怖いことですからね。

また、報酬の大幅ダウン提示も関係していたかもしれません。

一度退団したあと、再加入したわけですが、二度目の退団理由は何だったのでしょう?

もともと「今シーズン終了まで」という異例の超短期契約だった闘莉王さんですが、残念ながらチームがJ2に降格することが決定したこともあり、再びチームを退団することとなりました。

再加入は、シーズンが終わるまでと決まっていたんですね。

運営方針のはっきりしないフロント陣に対してのうっぷんを晴らすかのように、報道陣の取材に答えていた姿が印象的でした。

チームの態度に疑問もあったようですね。

闘莉王が復帰したのは残り8試合の時点。

妊娠中の新妻をブラジルに置いて復帰した。

その後3勝1分け3敗と最終戦まで残留争いをした。

そんな闘将の気持ちを踏みにじるように契約を打ち切る通告に「心がズタズタです」とうつむいた。

「去年もいろんな選手を取りにいって来なかった。

そういう情報は選手間で流れる。選手が出ていくのも引き留められない。

このままではJ1に戻ってこれない」。

あまりにも身勝手なクラブのやり方を最後まで危惧していた。

結果を残したのに退団という道を提示され、田中マルクス闘莉王自身も傷ついたようです。

田中マルクス闘莉王は現在「京都サンガF.C」に移籍して活動中!

名古屋グランパスを退団しブラジルに帰国していた田中マルクス闘莉王ですが、日本のサッカーに復帰します。

一時はブラジルに帰国し、日本のサッカー界から完全に離れてしまったと思われましたが、京都サンガF.C.からの熱心な誘いに心をうたれ、2017年に京都サンガF.C.に電撃加入が発表されました。

現在は京都サンガF.C.のメンバーとして活動しています。

田中マルクス闘莉王に引退の噂もあるけど…

すでにアラフォーの田中マルクス闘莉王。

年齢的にも引退が囁かれているようですが、本人はそのような意思はしめしていません。

2017シーズンは明治安田生命J2リーグで31試合に出場し、15得点を記録。

第37節のロアッソ熊本戦では得意のヘディングで逆転ゴールを挙げ、Jリーグ通算100ゴールを達成した。

DF登録の選手が100得点を記録するのは、Jリーグ始まって以降初めての偉業となった。

偉業も達成し、衰える気配はありません。

まだまだ活躍してもらいたいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする