やすみりえに子供はいるの?旦那はどんな人?本名についてもチェック!

川柳作家のやすみりえさんの私生活に迫ってみたいと思います。

どんな方なのか気になりますね。

 

やすみりえに子供はいるの?

今年、47歳となる女性です。

学生時代より川柳が得意だったそうですよ。

大学卒業後本格的に作句を開始し、恋をテーマにした句を中心に川柳を詠み続けている。

近年ワイドショーなどにコメンテーターとしても出演する機会が多くなっている。

文化庁文化審議会国語分科会の委員。

その他にも、学生時代から目立った女性だったそうでsね。

神戸市立霞ヶ丘小学校、神戸市立歌敷山中学校、私立啓明女学院高等学校、大手前女子大学文学部英米文学科卒業。

スポンサーリンク

大学在学中の1991年度には、サンテレビガールズの第22期生としても活動していた。

クイズ番組へも出ていて、頭がいいみたいですよ。

通っていた高校大学などに注目すると、まず高校は地元神戸の女子高の啓明女学院高等学校に通っていたようで、偏差値を見てみると60という事なんです。

このころから賢かったんですね!

「大学は今の川柳作家として活動している姿からは意外なんですが、大手前女子大学文学部英米文学科卒業をしており、英語の勉強に取り組んでいた」というエピソードもあるので、博学な女性である事は間違いないでしょう。

多くのメディアに出演しているやすみりえさん。

一時的にブレイクしてすぐに消えるタレントさんが多い中、やすみりえさんは継続して出演し続けています。

やすみりえさんは他の出演者だけでなく、スタッフの方への気配りも細やかで腰が低いとのことなので、そういった人柄も関係しているのでしょうね。

芸能界でも大活躍されている方ですので、今後のマルチな活躍も楽しみな方ですね。

そして、気になるお子さんですが、今はいないとの事ですよ。

そもそも、結婚しているのでしょうか。

 

やすみりえが結婚した旦那との年齢差がすごかった!

結婚して、夫がいるらしいですよ!

2009年11月9日、出雲大社にて結婚式を挙げた。

相手は川柳が縁で知り合った10歳年下の会社員。

やすみりえさんは、10歳年上の姐さん女房という事ですね。

ですので、旦那さんは今年37歳になる方です。

一般の会社員の男性ですので、詳しいプロフィールや画像などはありませんが、きっとイケメンなのでしょう。

ちなみに出雲大社とは、どんなところなのでしょうね。

二拝四拍手一拝の作法で拝礼する。

明治維新に伴う近代社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社であった。

スポンサーリンク

創建以来、天照大神の子の天穂日命を祖とする出雲国造家が祭祀を担ってきた。

現在の宮司は84代国造千家尊祐で、國學院大學を卒業後に太宰府天満宮を経て出雲大社禰宜→権宮司と昇格すると、2002年(平成14年)宮司に就任。

翌年、神社本庁より神職身分特級を拝受している。

島根県出雲市に所在している、歴史ある社ですね。

結婚式にはうってつけの場所ですので、末永い円満家庭を築けるでしょう。

 

【馴れ初め】旦那とはどこで知り合ったの?

旦那さんとの出逢いが知りたくなってきましたよ。

どこで出逢ったのですか?

2人の馴れ初めは、川柳が縁で知り合ったそうです。

やすみりえさんの活動を通じて、旦那さんと知り合っていたそうです。

そもそも、川柳ってなんなのでしょうか?

五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つ。

俳句と同じ五七五の音数律を持つが、俳句が発句から独立したのに対し、川柳は連歌の付け句の規則を、逆に下の句に対して行う前句付け(前句附)が独立したものである。

俳句にみられる季語や切れの約束がなく、現在では口語が主体であり、字余りや句跨りの破調、自由律や駄洒落も見られるなど、規律に囚われない言葉遊びの要素も少なくない。

かつての俳諧では雑俳に含めて呼ばれたことがある。

つまり、昔からある日本人の言葉遊びだそうですね。

美しい川柳の先生に惹かれ、年下の一般男性は惚れてしまったのでしょう。

 

やすみりえの本名は何ていうの?

本名があるのかリサーチしてみましょう!

本名については、休理英子(やすみりえこ)という名前です。

珍しい苗字です。

ただ、本名と芸名が似通っているので分かりやすいですね。

やはり、全国的に見ても数少ない苗字だそうですよ。

歌人として活動するときは、芸名のやすみりえを使用して居るみたいです。

非常に希少な姓で全国で24件しか無い物です。

その中でも岡山県が7件と突出しています。

ちなみに、やすみりえさんは兵庫県生まれだそうです。

兵庫県にも「休家」は存在しているのでしょうか。

ちなみに芸名では数冊の本も出していますので、気になった方は要チェック!

ハッピーエンドにさせてくれない神様ね(新葉館出版)

平凡な兎(JDL)

やすみりえのとっておき川柳道場(浪速社)

やすみりえのトキメキ川柳(浪速社)

50歳からはじめる俳句・川柳・短歌の教科書(坊城俊樹、東直子共著、滋慶出版)

召しませ、川柳(新葉館出版、2014年)

今後の活動からも目が離せない、美しすぎる女性ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)