赤井英和の子供は娘が赤井沙希で息子が赤井英五郎。学校や死亡の噂まとめ

元プロボクサーで現在はタレントの赤井英和。

俳優業やバラエティなど、幅広く活躍しています。

そんな赤井英和ですが、結婚して子供がいます。

何人いて、何をしているのか気になりますね。

また、子供が亡くなっているという話もあるようです。

もしそれが事実なら、亡くなった理由が知りたいですね。

ということで今回は、赤井英和の子供について調べてみました。

赤井英和の子供は何人?→娘と息子の2人だった!【画像あり】

赤井英和には離婚歴があります。

現在の嫁とは再婚です。

スポンサーリンク

前妻との間には娘が二人いるようですね。

現在の嫁との間には子供はいるのでしょうか。

赤井英和さんは前妻との離婚後、1993年に一般女性と結婚し、2男1女が生まれています。

ということは、子供は全部で5人ということになるのですね。

しかし、前妻との間に生まれた子供とは、ほとんど連絡はとっていなかったようです。

そんな子供を含め、赤井英和の子供は何をしているのでしょうか。

赤井英和の娘の名前は赤井沙希で芸能人!モデルやグラビア以外に格闘技(プロレス)デビュー!?

赤井英和の最初の結婚で生まれた娘のうち、一人は芸能界で活動しています。

赤井沙希と言って、様々な分野に活動の場を広げています。

こちらが赤井沙希です。

きれいな女性ですね。

赤井英和さんの元嫁は子供が二人生まれていて、そのうちの一人が現在モデル・タレント・プロレスラーなどとして活躍する赤井沙希さんになります。

174センチの長身を生かして、モデル活動をしているんですね。

モデルだけでなく、プロレスラーもしているといいますから驚きです。

父と同じ格闘技の世界に飛び込んだことになりますが、DNAを引き継いでいたら赤井沙希も強そうですね。

しかし赤井沙希は、赤井英和と母親が離婚してから、会うことはなかったようです。

赤井沙希の父は1980年代前半に「浪速のロッキー」の愛称で活躍した元プロボクサー、赤井英和(55才)。

沙希が3才の頃に両親が離婚した。引退後、芸能界入りした父が映画の主演俳優に抜擢され、忙しくなり始めた頃だった。

母親は飲食店で働きながら、女手ひとつで彼女を育ててくれた。父親と会うことはほとんどなかった。

母親が女手一つで頑張って育ててくれたんですね。

芸能界入りしてから、赤井沙希は赤井英和と連絡をとりあうようになったとか。

17才でのデビューがきっかけとなり、事務所を通して父と十何年ぶりの再会を果たした。

今ではたまにご飯を食べる関係になった。

複雑な気持ちだったでしょうが、父子として再会できたのは良かったですね。

娘・赤井沙希の出身学校はどこ?

赤井沙希の出身校はどこなのでしょうか。

京都市立梅津小学校の出身。

小学校以降の学歴は明かされていないらしい(^^;

小学校を出たあとの学校はわかっていないようですね。

敢えて公表しないでいるのでしょうか。

娘・赤井沙希はヘキサゴンや深イイ話に出演していた

赤井沙希がヘキサゴン深イイ話に出ていたという話がありますが事実でしょうか?

ヘキサゴンに関しては2008年に確かに出演していたようです。

なんと赤井沙希が原西の大ファンと言う事で恋心を告白!!!

マジでしょうか?

本当に告白したのでしょうか?気になりますね。

深イイ話ですが、赤井沙希ではなかったようですね。

「父はアノ超大物俳優!8億円14LDKの大豪邸に住むミスユニバース美女」として赤井英和さんの娘さんである赤井つかささんが出演されますね。

スポンサーリンク

赤井つかさというのは、現在の妻との間に生まれた娘です。

赤井英和の娘ということで、赤井沙希と間違えたんでしょう。

赤井沙希は、ヘキサゴンには出演していましたが、深イイ話には出ていません。

死亡の噂はデマだけど、レスラーの影響か?

赤井沙希には死亡というワードが関連ワードとして出てくるようですね。

これは、後に書きますが、実際に赤井英和の娘が亡くなっているので、その娘と混同されているのではないかと思います。

また、プロレスという危険な仕事もしているので、その影響である可能性もあります。

しかし赤井沙希は元気ですので安心してください。

赤井英和の息子の名前は赤井英五郎でボクシングをやっていた!

赤井英和の長男ですが、英五郎といいます。

赤井英和さんの”英”と、赤井さんの父親・五郎さん(故人)の名前をとってつけたお名前だそう。

この長男ですが、なんと、父親と同じくボクシングをやっているそうです!

赤井英五郎さんは、現在ボクサーとして活動。

ただ英五郎さんがボクサーになるにあたって、赤井夫妻が喧嘩してしまったことがあったそう。

後に書きますが、赤井英和の嫁は幼い子供をなくしているので、命に関わる仕事をしてほしくなくて、ボクサーの道を選ぶのを反対していたんだそうです。

しかし、現在は応援しているそうです。

英五郎さんは高校卒業後にボクシングを開始。

ハードなトレーニングを積み、キャリアわずか1年で全日本ボクシング選手権大会に出場。

惜しくも準々決勝で敗退してしまったが、そこには息子に大声で声援を送り、その結果に悔しがる佳子さんの姿があった。

現在、英五郎さんはボクシングの本場アメリカに旅立ち、3年後の東京オリンピックを目指し武者修行している。

東京オリンピックが楽しみですね。

息子・赤井英五郎の出身学校はどこ?

赤い英五郎の通っていた学校はどこなのでしょうか?

幼稚園から中学までは和光学園だそうです。

芸能人御用達の和光学園でした。

赤井英和は過去に双子の娘がいた!死亡の原因(死因)は脳軟化症だった

赤井英和の子供は前妻の間に生まれた娘二人と現在の妻との間に生まれた三人の、計5人です。

しかし、本当は双子の娘がいたんです。

残念ながら亡くなってしまっています。

原因は何だったのでしょうか。

3人の他に双子はいませんが、実はこの3人より後には双子の妹がいるはずだったそうです。

いるはずだったというのは、生後間もなく亡くなってしまったということですね。

その双子の名前はさくらこちゃんとももこちゃん。

さくらこちゃんとももこちゃん。

どうして亡くなってしまったのか気になります。

1998年に生まれましたが、2人とも28週の早産で体重も1410gと1120gしかない未熟児でした。

残念ながら二人とも脳軟化症という病気で亡くなってしまったそうです。

未熟児で生まれ、最終的に脳軟化症でなくなってしまいました。

ももこちゃんは僅か生後3日で、さくらこちゃんも7ヶ月で亡くなってしまいました。

辛かったでしょうね。

それでも前を向いて、赤井英和たち家族は生きているんですね。

以上が赤井英和の子供についてでした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする