伊吹吾郎の子供は息子で伊吹康太郎。アイヌ人とのハーフなの?

俳優・司会者として芸能活動している、伊吹吾郎さんについて見ていきましょう。

それでは、ご覧ください。

伊吹吾郎の子供は息子で俳優の伊吹康太郎

息子さんがいるようですが、まずはお父さんである伊吹吾郎さんについて見ていきましょう。

どんな方なのでしょうね。

1965年に日本映画テレビ演劇学院に入所、1966年第7期生東宝ニューフェイス入り、東宝俳優養成所に入所。

1968年にフリーとなり、テレビドラマ『さむらい』でデビュー。

もう少し詳しく、人となりについて見てみましょう。

極度の汗っかき。

大の猫好き。

スポンサーリンク

必殺仕事人で共演した三田村邦彦は伊吹について、決して人の悪口を言わない、また先輩風を吹かせることもなかったと述べている。

一番の趣味はフラメンコギター演奏で、フラメンコギターを眺めながら酒を飲んだり、新しいギターを買った夜は興奮して眠れないほどのギター好き。

『江戸川乱歩の黄金仮面II/桜の国の美女』ではその腕前を披露している。

今年72歳になった方ですが、今でも現役バリバリで芸能活動中ですね。

お嫁さんに関する詳しい情報は公開されていませんが、お子さんについては情報がありますよ。

名前:伊吹康太郎

生年月日:1973年4月3日

今年45歳になっていて、お父さんと同じく芸能界で活動している息子さんとの事です。

出演した作品も見てみましょう。

<出演作品>

水戸黄門第26部

南町奉行事件帖 怒れ!求馬II

水曜ミステリー9

はるちゃん5

聞かせてよ愛の言葉を

土曜ワイド劇場

伊吹吾郎さんとの共演もしているそうですね。

ちなみに伊吹吾郎さんは、娘さんもいるそうです。

息子さんと娘さんがお1人ずつおられるという情報がありました。

しかし、娘さんに関しては名前や画像等の情報は全く見つかりませんでした。

娘さんは、一般の方かもしれませんね。

伊吹吾郎はアイヌ人とのハーフなの?

真実へと迫っていきましょう。

アイヌ民族出身がどうかの確証はありません。

どうやら、噂であって真実は不明ですね。

そもそも、アイヌ人ってどういう人なのでしょうか?

主に北海道、樺太、千島列島に居住する先住民族で、かつては東北地方北部からロシア・カムチャツカ半島南部に及ぶ広い範囲に居住し、狩猟・漁労に従事しながら、日本や大陸との交易を盛んに行っていました。

現在では、貴重な存在なのだそうですよ。

アイヌ民族の顔立ちとして、ガッシリ系、若干毛深く、眉毛やまつ毛が濃く、

二重で目元が黒い。

そしてゴロンと分厚い鼻が特徴だと言われています。

北海道出身で特徴が酷似しているため、伊吹吾郎さんってアイヌ人とのハーフ?といった噂がたっていたのでしょうね。

伊吹吾郎はハーフ顔のせいでオネエ疑惑も浮上

オネエなのでしょうか?

気になりますね~

それでは、リサーチしていきましょう!

1つ目の理由は、手の爪にマニキュアを塗っているという点です。

スポンサーリンク

なぜ、マニュキアを塗っているのでしょうね。

ギター演奏のために右手の爪だけマニキュアを毎日5度塗りして保護しているが、「『水戸黄門』で右手で印籠を出すために綺麗にしている」ので、「おネエではないのか?」と勘違いされたことがある。

もう1つの情報がありました。

伊吹さんと三田村さんは『必殺仕事人』で共演されていましたが、三田村さんは伊吹さんに楽屋でお尻や腿を触られたり、宿が一緒になると布団の上にのしかかられたりしたそうです。

学生の修学旅行じゃないのですから(笑)、大人同士ゆっくり寝ましょう~

結論としては、確実にオネエという事は言い切れませんね。

ですが、もしかしたらその気があるのかもしれませんよ。

伊吹吾郎の若い頃がかっこいい!

お若い頃は、とってもイケメンだったみたいですよ。

まずは画像を見てみましょう↓

若くてカッコよさが溢れていますね。

伊吹吾郎さんは、今から50年ほど前に芸能界デビューしていますので、歴史を感じる役者さんです。

現在も渋いお顔立でイケメンですが、お若い時もモテていたでしょうね。

1969年、さいとうたかをの劇画を原作とするテレビ時代劇『無用ノ介』(日本テレビ)のオーディションを受け、主役に抜擢される。

さいとうは伊吹について「風貌があまりに劇画的」だったと語っている。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

伊吹吾郎さんは、お若い頃から外見に特徴があったみたいです。

ちなみに、中年時代の水戸黄門の格さん↓は有名ですよね。

近年は、役者以外でもバラエティー番組へ出演していますよ。

「火曜サプライズ」は東京都中央区の勝どきでアポなし旅をした。

そして、その後も多くの作品へ出演する売れっ子役者となっていきました。

映画では1969年から1980年まで東映作品に数多く出演しており、この時期の主な出演作として『仁義なき戦いシリーズ』などがある。

テレビドラマでは『必殺仕事人』(ABC)、『花と狼』(フジテレビ)などに出演したほか、土曜ワイド劇場(テレビ朝日)の人気シリーズだった天知茂主演の江戸川乱歩の美女シリーズでは異例の3度に渡り犯人役で出演。

『江戸川乱歩の黄金仮面/妖精の美女』(シリーズ第6作、1978年)、『江戸川乱歩の黄金仮面II/桜の国の美女』(シリーズ第11作、1980年)では共に黄金仮面を演じた。

これからも、いぶし銀でかっこいい役柄が楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする