伊澤利光の子供は息子がいる?今現在は福岡で校長をしている?

人柄が良くてゴルフも強い、 人気プロゴルファーの伊澤利光さん

彼に 子供が3人いるという話は本当でしょうか?

現在はプロで福岡で 学校を経営しているの?

伊澤利光の子供は息子がいる?

今週、 和子さんは3人の子供たちを連れ、金曜日に夫に内緒で自宅のある福岡から車で 約3時間かけて応援にかけつけた。

自宅での応援だった先週の最終日は、優勝を 願って、幼なじみの谷本恵美さんと色違いで紅白のTシャツを着てテレビ観戦。

ゲンを担いだ。

「それで 1年8ヶ月ぶりに勝ってくれたものですから、今週もホラ、彼女にまたあのときと同じシャツで応援してもらったんですよ」と話す和子さんのそばで、ニッコリ笑 うのは、おそろいの赤いTシャツを着た谷本さんが・・・。

今回、谷本さんにも、応援団として一緒に来てもらったのだという。

スポンサーリンク

神奈川県鎌倉市出身、かつては賞金王に輝いたこともあるプロゴルファー伊澤利光さん

彼には 二人の可愛い娘さんと、 3番目に生まれた男の子がいます。

奥様は時々子供達を連れてゴルフの試合の応援に駆けつけるとのこと。

その甲斐あってこの日は 1年8ヶ月ぶりに優勝したそうです。

伊沢のゴルフ以外の生きがいは「家族」

「私は、ゴルフのことはなんにも分からないので、 せめて家ではリラックスして過ごせるようにつとめるとか、あとはこういうことでしか、協力できないものですから ・・・(笑)」(和子さん)。

伊沢のゴルフ以外の生きがいは「家族」

試合のない日は率先して子守に励み、丈一郎君を風呂に入れたり、優美子ちゃん、今日子ちゃんの幼稚園の送り迎えなども自らかってでるという。

「暑がりで、普段はカラスの行水なのに、それを我慢して汗をプルプル流しながら子供たちをお風呂に入れている姿は、きっと プレー中からは想像できないと思いますね (笑)」(和子さん)。

今週は、 それほどまでに愛する家族の前での優勝に喜びも倍増。

パパの周りを嬉しそうに跳ね回る子供たちに、いっそう目を細めた伊沢だった

プロとして優勝するくらいのアスリートになると、 家族のことを顧みず 自分のコンディションの調整に時間を使う人も多いと聞きます。

しかし伊澤利光さんは その逆です。

自分はゴルフ以外のことはわからないから、でめて家で家族がリラックスできるように…

そんなふうに考えてくれるお父さんがいたら 家族はそれだけで幸せなんだと思います。

息子は3人目で誕生していた

写真=和子さんに抱っこされている長男・丈一郎君は、現在、体重が12キロ。

すでに2歳児並みといわれてます」と笑う伊沢。

早くも恵まれた体格だが、子供たちには できれば ゴルフはさせたくないという。

「プロになれば、 苦しいことのほうが多いので同じ思いはさせたくないのだとか。子供たちには趣味程度でいいんだ、といつも伊 沢は言ってますが・・・」(和子さん)

プロゴルファーになって成功すれば、お金持ちになって優雅な暮らしをすることができます。

しかしそれを維持することの難しさを誰よりも知っている伊澤利光さんは、子供達にはプロゴルファーになってほしくないと思っているようです。

元賞金王の伊澤利光、今現在はどうしてる?

◇国内シニア◇ファンケルクラシック 初日◇裾野CC(静岡)◇7009yd(パー72)

今季からシニアツアーに参戦する50歳・伊澤利光が8バーディ、ノーボギーの「64」をマークし、 単独首位でスタートした

1打差の7アンダー2位に今年4月の「ノジマチャンピオンカップ 箱根シニア」でツアー2勝目を挙げたグレゴリー・マイヤー(米国)。

今季4勝を挙げ、賞金ランクトップに立つプラヤド・マークセン(タイ)は1イーグル4バーディの「66」で、汪徳昌(台湾)と並び 3位で続いた

プロ野球・巨人の前監督でアマチュアの原辰徳さんは2バーディ、6ボギー1ダブルボギーの「78」でプレーし、6オーバーの68位で初日を終えた。

一度は賞金王を取った伊澤利光さんでしたが、2002年頃から 成績は低迷

2007年には長年契約していたブリヂストンスポーツとも更新できず、 自らが起こした会社でレッスンプロとして活躍していました。

しかし50歳になった2018年、 シニアツアーに参戦し、無首位でスタートしたのです。

伊澤利光は現在福岡の「伊沢ゴルフアカデミー」の校長?

ジュニアゴルファーから女性、アマチュア競技会に参加するゴルファーまで、「上達を願う」すべてのゴルファーを対象に、 伊澤利光が直接指導します。

世界を知り、ティーチングメソッドを知り尽くし、経験してきたプロゴルファーが、集大成として アカデミーを開校

2016年7月「スイング碑文谷」で「伊澤ゴルフアカデミー東京・碑文谷」を開校いたします!

スポンサーリンク

開校曜日は、毎月・第2日曜日に開校となります。※7月のみ第3日曜日

開校時間は、11:00~19:00まで(8コマ・休憩1コマ/実質7コマ)

ゴルファーとして成績が低迷した伊澤利光さんは、ご自身が直接指導するゴルフアカデミーを開講しました。

毎日月曜日から金曜日まで開講…というわけではありませんでしたが、 優しい性格の大物・伊澤利光さんから指導を受けられる!と言うことで 人気は殺到したようです。

伊澤利光がゴルフから遠ざかった理由

ツアーを離れた理由としては、やはり 年々優勝するのが厳しくなり、勝てる位置にいられなくなったことがあるようです。

やはり賞金王になったような男は、勝てなくなる自分に対して葛藤があったんでしょう。

それともう一つの要因は、年々進化する クラブの変化についていけなくなったらしい。

その辺りはこちらの記事に載っています。

伊澤利光さんはかつて自分がツアーを離れた理由を上のように語っていたことがありました。

一度賞金王になってしまうと、 求められるのは優勝のみ

20位内に入っても…本人の 葛藤は消えなかったようです。

今の若い人はご存知無いかもしれませんが、40代後半の人達が最初にゴルフを始めた頃のドライバーは「 パーシモン」。

プロゴルファー猿が使っていたような木のクラブです

それがメタルウッドになり、チタンになり、ヘッドはどんどん大きくなっていった。

小さいヘッドでどれだけキレイにミートするかが問われた時代のゴルファーには、なかなか受け入れられなかったようです。

とはいえ、あれだけのゴルファーですから真剣に取り組めばこなせたんでしょうが、ある時点で 心が折れてしまったのかもしれません。

そんな時間を経てようやくツアーに戻ってきた キングオブスイング

ちょっとふっくらしたようですが、また以前のようなキレの有るショットをファンのみんなに見せて欲しいですね。

さらに伊澤利光さんにとって、命とも言える ゴルフクラブの進化がさらに彼に追い討ちをかけてしまいます。

長年愛用したクラブでは勝つことができないため、新しいクラブを使いこなさなければなりませんでした。

しかし 調整の途中で心が折れてしまっていたようです。

伊澤利光は2016年に4年ぶりのツアー復帰

伊沢利光(48=伊沢ゴルフアカデミー)が戦いの舞台に帰ってきた。

ツアー16勝を誇る01、03年の賞金王が、明日7日に開幕する日本プロ選手権(北海道クラシックGC)で、12年11月以来のツアー復帰を果たす。

5日には練習ラウンドを行った。

現在はアマへのレッスン中心の生活だが、来年は競技に本格復帰の構え。

今大会は“完全復活”への第1歩となる。

伊沢は4年ぶりのツアー舞台に「久々に難しいコースでやりました」と言いながら、うれしそうな笑顔を見せた。

ドライバー飛距離は全盛期には及ばないが、アイアンの切れ、柔らかいアプローチは健在だ。

ラウンド中に同組のプロにミニレッスンするなど“教えるプロ”の顔ものぞく。

「内容的には70点くらい」と自己採点し、「こうなると4日間やりたくなっちゃう」と手応えをにじませた。

失っていた自信を取り戻した。

故障もあって完全に競技を離れ、福岡で「伊沢ゴルフアカデミー」を開校し、アマを教えていた。

だが、 故障も治った

今年はプライベートのラウンドで60台を連発し、内容的にも「これならいけるかな」と感触を得た。

4月から小規模大会を3試合重ね、「ショットの精度。思ったところに打てる」と確信が深まった。

そこで本大会に照準を合わせた。

最後の優勝が07年日本プロ、「過去10年の優勝者」という枠で出場権を持っていた。

伊澤利光さんは 4年ぶりにツアーに帰ってきました!

ドライバーは全盛期ほど飛んでいないようですが、その他のクラブの切れは以前より増しているそうです。

本当はもっと前から復帰状態でしたが、今回やっと 過去10年の優勝者というわけで出場権が巡ってきたわけですね!

伊澤利光さんのように日頃の行いが良いと 神様は見捨てないのかもしれませんね。

ついに勝負師の 心に火が付いた

来年は競技に軸足を移す。

現在は1週間で練習が2、3回、ラウンドは1回、トレーニングはしておらず、「足りないのは練習量」と話す。

そこでアカデミーを閉めて、練習と競技に専念するつもり。

推薦出場や下部ツアー、地方大会を含め「15試合くらいはできる」と考えている。

アカデミーの客からは「教えてもらえなくなるのは寂しいけど、テレビでプレーが見られるようになる方がうれしい」と励まされた。

当面、今年のツアーはマンデー予選会から挑む。

伊沢の実績から推薦出場の話もあるが、「 ゼロからの出発です」。

マンデー予選会や下部ツアーの推薦は受けても、本戦は遠慮するというポリシーだ。

「今後、何をすればいいか、課題を見つけに来た」。

伊沢の再出発にふさわしい大舞台だ

順調だった伊沢利光さんは、 練習量が足りないため残念ながら アカデミーはクローズするとのこと。

これまで教えてもらった教え子達は、テレビの中で活躍する伊澤利光さんの姿を見て、誇らしく思うのではないでしょうか。

大好きな家族とは離れる時間が増えると思いますが、是非 マスターズにも出場し優勝してほしいと思います!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする