大八木監督の子供は息子と娘ががいる?妻はどんな人?パワハラで解任?

陸上競技の元選手で、今はマラソンと中長距離選手の指導者となっている大八木監督さんについて見ていきましょう。

どんな方なのでしょうね。

大八木監督の子供は娘が2人いるみたい!名前や画像が気になる!

今年61歳になる、名言で有名なコーチですね。

ちなみに野球ではなく、陸上競技の監督ですよ!

トレーニング中は怒鳴り声がすごいそうですが、きっと優しいコーチングをしているのでしょう。

ちなみに、酒井監督憧れの存在らしいですよ。

大八木監督は、中学生のときから陸上競技に憧れていたそうですね。

陸上競技にのめり込むようになったのは会津高田一中(現 会津美里町)2年の時。校内マラソンで優勝したのがきっかけだった。

スポンサーリンク

中学校入学当初は、体重も100kg近くあり「ドラムカン」とあだ名されていたが、福島県駅伝常勝の陸上部で練習を積み重ね、中学3年時にはジュニアオリンピックの前身であるジュニア選手権3000mにて全国5位の実績を築いた。

大きな大会で記録も残している男性です。

箱根駅伝に3回出場して好成績をおさめていますね↓

第60回大会(1984年) 5区(20.7km)1時間12分41秒(区間賞)
第61回大会(1985年) 2区(22.7km)1時間11分43秒(区間5位)
第62回大会(1986年) 2区(22.7km)1時間10分00秒(区間賞)

お子さんがいるそうですが、どんな子なのでしょう?

子供は長女、次女がいる。

ちなみに、長女の名前は亜紀さんというそうですよ。

ですが次女の名前や、それぞれの画像は無く不明ですね。

娘2人は陸上競技選手との噂があるけど本当なの?

お子さんたちも陸上の選手なのかリサーチしてみましょう!

娘二人は、ともに陸上競技選手として走っていることがツイッター上で噂になっているようです。

やはり、噂は本当だそう。

娘さんたちもお父さんに影響され、陸上競技への道に進んでいるみたいです。

いずれ頭角をあらわして、強い選手となって活躍するかもしれませんね。

大八木監督が結婚した妻はどんな人なの?

結婚したお嫁さんは、どんな方なのか気になってしまいました。

早速、リサーチしてみましょう!

色々な方が検索していますね。

家族構成について調べたところ、2018年現在は奥さんと長女、次女の4人家族とのこと。

どうやら、奥さんの詳しいプロフィールなどはありませんが、何かの会が開かれていたようです。

どんな女性なのでしょうね。

「大八木監督の奥さんを囲む会」が開かれていた?

奥さんは何かを成し遂げている女性なのでしょうか?

どういった会なのかリサーチしてみましょう!

どうやら、陰で支えてきた大八木監督の奥さんの誕生日を祝って会が開かれていたそうですよ。

気になる娘さんも一緒かもしれませんね。

旦那さんにとって大事な奥様です。

ヤクルトの陸上競技部の選手兼コーチとしてやっていましたが、そこでの

指導力を買われてか、駒澤大の駅伝部監督に就任することになったのです。

大八木監督は、駒澤大学に戻ってから、奥さんの協力のもとで、部員の世話などをしていました。

以上のように内助の功もあって今の地位が確立されている旦那さんです。

また、皆さんで奥さんを囲んであげてくださいね!

大八木監督がパワハラの被害に遭っていた!?駒沢大陸上部の名将が告発!

大きな問題となっていますよね!

スポンサーリンク

どういった事があったのですか?

そもそも事実なのでしょうか?

「辞任勧告」をされて、これに対し大八木監督はパワハラを受けたと告白したようなんです。

何があったのですか?

金銭問題が公になってしまいました。

どうやら、大八木監督が駒澤大学の陸上部への寄付金を自分の口座で受け取り、大切な部費を自分のものにしてしまい、その行為を駒沢大陸上部のメンバーが告発したそうですよ。

20年もコーチ、監督としていたから、日常的な慣習からそうしたのかもしれません。

大八木監督からすれば選手の面倒は食事も含めて自分がしているのだから、自分の口座に入れても問題ないと思ったのかもしれません。

やっかいな問題ですね~

大八木監督からすれば、日々の部員に掛かる自腹での食費も馬鹿になりません。

そして、また異なるパワハラ問題が浮き彫りとなっているようです・・・

パワハラの犯人は駒澤大学学長の長谷部八郎か!?

他にも憶測が流れているので見ていきますね。

2018年の7月に駒沢大学の長谷部八朗学長と食事に行った際に辞職勧告を受けたということで、これがパワハラだったと告発した。

どうやら、別のパワハラ問題へと進展していたそうです。

上記の件について大八木監督からすれば、パワハラの犯人は駒澤大学学長の長谷部八郎さんである、といえるでしょうね。

パワハラ問題を受けて「第三者委員会」で調査されるほどの騒動に発展

どんどんと良からぬ方向へいってしまいますね・・・

本当の話ですか?

陸上部の大八木弘明監督を巡る一部週刊誌の報道を受け、第三者委員会を設けて調査することを明らかにした。

どうやら、2018年11月の出来事だそう。

いまだ解決していないそうですが、いつ頃決着するのですか?

結果は3カ月後に出る見込み。

どうやら、今月下旬あたりに進展があるようですよ。

大八木監督が解任(辞任)させられないかが心配…

やはり気になるニュースですよね。

もう1度内容を見てみましょう。

週刊誌によると、陸上部のスポンサー企業などから受け取る金銭の処理について、長谷部学長側は大八木監督の対応を問題視。

大八木監督は、事実無根にもかかわらず学長らから辞職を強要。

こういった問題の解決は困難でしょう。

やはり左うちわで権力をもった人間は、あの手この手で部下を攻めてくるでしょう。

大八木監督はしっかりと説明責任を果せば、もしかしたら難は逃れられるかもしれません。

心配ですが、新たなニュースを待ちましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする