三遊亭小遊三の子供は息子と娘がいる?逮捕の前科があるってマジなの?

落語家・三遊亭小遊三さんの結婚、そして犯罪歴についてリサーチしてみましょう!

それでは、ご覧ください。

三遊亭小遊三の子供は息子が1人、娘が2人だった!【画像あり】

卓球と下ネタが得意な今年71歳になっている男性ですね。

笑点ではお馴染みの方です。

鈴本演芸場は落語芸術協会に小遊三の真打昇進を何度か打診したものの、同協会が認めなかったため、1982年3月中席夜の部で二ツ目の小遊三をトリに起用した。

2年後、鈴本演芸場は落語芸術協会と絶縁することになる。

翌1983年、真打昇進。

お若い頃に真打になって、今は35年ほど経過していますね。

神奈川県横浜市で生まれ、山梨県大月市で育つ。

スポンサーリンク

山梨県立都留高等学校、明治大学経営学部卒業。

東京都練馬区在住。

経歴もすごい方ですよ。

1999年(平成16年)9月 – 落語芸術協会副会長付に就任。

2001年(平成13年) – 文化庁芸術祭優秀賞受賞。

2005年(平成17年)2月 – 落語芸術協会副会長7代目春風亭柳橋死去に伴い、副会長に就任。

2018年(平成30年)6月 – 落語芸術協会の会長代行に、副会長在職のまま就任。

そして、結婚しているそうですね。

お子さんはいるのでしょうか?

息子さん1人、娘さんが2人の計3人の子供さんがおられます。

お子さんの画像を見つけてみましょう!

娘さんと思われる写真↓がありました。

もう1人の娘さんはお休み(笑)だそうです。

それにしても、お父さんノリノリ!(笑)

そして、長男は落語家↓だそうですね。

息子さんはお父様と同じく落語家として活動しているようで、三遊亭圓楽さんの弟子とのこと。

父親に習うとなるとどうしてもお互いに甘えが生じてしまうため、あえて三遊亭圓楽に弟子入りをお願いしたのかもしれませんね。

父親と同じく、和芸の世界で活躍する息子さんだそうです。

子供はすでに結婚して孫がいる?

どうやら、お孫さんが誕生しているようです。

お孫さんもいるため、子供さんのうちどなたかが既に結婚しているみたいです。

男の子なので、もしかすると将来は落語家としてデビューさせるかもしれませんね。

誰の息子さんかは不明ですが、三遊亭小遊三さんはおじいちゃんになっています。

将来、落語家を目指すのでしょうか。

三遊亭小遊三には逮捕の前科があるという噂が気になる!似ている人が逮捕されていた?

何か悪さをしていたのでしょうか?

早速リサーチしてみましょう!

スポンサーリンク

三遊亭小遊三さんについて調べていると「逮捕 前科」などのキーワードがよく検索されています。

どうやら三遊亭小遊三さんのファンの間では「前科ネタ」が定番と言われているようです。

そういえば、笑点でブッラクネタが多い落語家さんです。

ブラックユーモアを好むお客さんもいるので、必要な存在といえます。

三遊亭小遊三さんは、面白いブラックネタをやる数少ない芸人さんでしょうね。

笑点大喜利のコーナーでイケメン落語家の三遊亭小遊三師匠が犯罪者扱いされるもしくは自分から悪人ぽく振る舞うシーンをたまに見かけますよね?

前科者とか、泥棒とか。

もちろん、小遊三師匠は落語芸術協会副会長に就任してたり、見かけによらず(失礼)品行方正な落語家なので、逮捕、検挙といったことは一度もありません。

芸人としてのキャラクターでもあるのでしょう。

下ネタや俺いい男だろ(自称)ネタが定番なんですが、この前科ネタも多いに笑わせてくれるネタですが前科者扱いをされるようになった理由を知らないとちょっと笑えませんし、「もしかして本当に前科があるの?」とか心配している笑点ファンも結構いそう。

噂の結果として、三遊亭小遊三さんは際どいネタやトークで観客を笑わせる芸人さんですので、実際に前科があるわけではありません。

これからも、面白いネタが聴けそうですね。

さて、さらには逮捕されていた?という噂まであります。

どうやら、深川通り魔殺人事件という事件と関連していますね。

1981年(昭和56年)6月17日午前11時35分頃、東京都江東区森下二丁目の商店街の路上において発生した無差別殺人事件。

三遊亭小遊三さんが犯行者なのですか?

トレンドを追って、小遊三師匠が寄席のネタとして使用。

死傷者が出た事件を落語のネタとして取り扱うのはかなりリスキーな気がしますが、結果は大ウケ。

小遊三師匠といえば犯罪者ネタとなるほど高い評価を受けた模様。

番組内で、お得意のシャレを言っていたそうですよ。

そもそも、どうして三遊亭小遊三さんと関連しているという噂があったのでしょうか?

小遊三師匠自身が深川通り魔事件の犯人の顔立ちに少し似ていることから、このネタを取り扱うことに決めたようです。

なるほど!

深川通り魔事件の真犯人と三遊亭小遊三さんがソックリだったそうで、当時笑点などでブラックユーモアを織り交ぜたトークを披露していたということですね。

今後もキレのある、素敵な黒い笑いに期待が膨らみます!

ちなみに今後のスケジュールですが、新春は初笑いの舞台が各地で催されていますね。

笑いを求める方は、寄席へ行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする