月亭八光の子供の名前は?娘の学校は私立の大阪女学院と噂?年齢は?

今回は落語家でありタレントでもある月亭八光さんを紹介していきます。

月亭八光の子供は娘が2人いた!娘の名前は長女が心愛、次女が愛雛!

月亭八光(つきていはちみつ)さんは元々1996年4月1日に北陽高等学校卒業後、1997年4月1日に実父である月亭八方さんに正式に弟子入りしますが、実際には4月1日の当日に寝坊したために翌日2日が入門になったとされており、笑福亭仁鶴さんの落語を聴いたことで落語に興味を持ったと語っているそうで、どうやらここから落語の世界へとはまっていったみたいですね。

番組などによく出演されているみたいですが、どうやら2007年から、先輩を持ち上げる芸が吉本の先輩たちの間で話題になり、「太鼓持ち」とか、「接待芸人」とか、誰でも「社長」と呼ぶことから、「社長芸」とも呼ばれているそうで今田耕司さんに至っては、月亭八光さんのこの社長芸に気分を良くし、「八光に毎週会って気分を良くしたいので、大阪でレギュラー番組を持ちたい」と言っているほどで、この性分のようでテレビ番組によく出演していたり、タレントとして人気もあるみたいです。

奥さんとの経緯は2004年12月7日、レギュラー出演している番組である『ごきげん!ブランニュ』のあるコーナーで出会った兵庫県出身であり、イベントコンパニオンをしていた20代後半のSHINOさんと結婚したのちに、2005年に長女を、2008年には次女を授かったそうで奥さんは八光との結婚後も、体型と本名にちなんだ「ポッチャルSHINO」という名義で、同番組のロケにたびたび出演しているそうで、かなり仲がいいみたいですね。

娘さんの詳細は、長女が心愛ちゃん、次女が愛雛ちゃんというそうで、俗にいうキラキラネームというものですが、読みはここあちゃん、あいすちゃんというそうです。

子供達の誕生日と年齢についてもチェック!

お二人の誕生日は不明ですが、2005年に心愛ちゃんが生まれ、2008ちゃんに愛雛ちゃんが生まれたということで心愛ちゃんが14歳か15歳愛雛ちゃんが11歳か12歳というところですね。

ちなみに心愛ちゃんは芸能活動をしているそうで、どうやらエイベックスアカデミーのモデルコースというところに通っているそうで、インスタグラムのアカウントももっており写真をかなりの数アップしているそうです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

長女・心愛のインスタグラム写真が可愛いと話題!【画像あり】

心愛ちゃんのインスタ自体は見つけることができませんでしたが、月亭八光さんのインスタにちょくちょく顔を出しているので、写真は見つかりました!

時には動画なども出しており、その文面からはティックトックなどもやっているようで、おちゃめな一面が見られます。

月亭八光さんのほうですが、インスタグラムにて心愛ちゃんが受験している様子を挙げており、その時の文章がこちらです。

やったねー(^○^)

中学受験無事合格出来ました。

おめでとう🎊㊗️

思い出すな〜(^○^)

僕は、中学受験落ちたので地元の公立行ったらいきなり、下駄箱のとこで、リーゼントで金髪のうんこ座りした先輩がツバ吐いてたの(^◇^;)

結局、優しい先輩でしたがあの時の背筋凍る思い。

今でも覚えてる。

ということで受験にはかなりのトラウマをお持ちのようですが、無事、受かったみたいでよかったですね!

どうやら愛雛ちゃんの誕生日のインスタ画像なども挙げているみたいで、姉妹そろって可愛い顔立ちのようです。

娘たちの学校は私立と噂!候補に「大阪女学院」も!?

心愛ちゃんが中学で受験をしているため、上記のエイベックスアカデミーであることは間違ってはなさそうですが、まだ大学院という年齢ではないのでどういうことなのでしょうか。

大阪女学院出身という噂はデマ!月亭八光の姉の出身校でした

どうやら調べてみたところ娘は娘でも月亭八方さんのようで、月亭八光さんの姉にあたる人物が大阪女学院出身のようです。

月亭八光さんはお父さんが有名は落語家ということもあり、かなりコネや運などで芸能界を駆け上がっていったということをご自身でおっしゃっており、そのような記事がありました。

ホンマに、どこまでも幸運な芸能生活やと思います。

「縁」と「運」に導かれて、皆さんのお力でここまで来させてもらった約20年でした。

きれいごとではなく、正味のお話として。

そして、ここまで来て分かったことは、最初に出会った「メッセンジャー」さん。

当時は「世の中は厳しいもんやなぁ。こんな人がゴロゴロいるんや」と思っていましたが、結果、あんなん、お二人だけでした(笑)。

ゲームが始まった瞬間、ラスボスが出てきてたんです。

ただ、それもこれも、今思ったら、ホンマにラッキーなことやったなと思います。

ということで、月亭八光さんの性格の良さや、人付き合いの上手さを目を引くところがある気がしますが、かなり謙虚な方のようです。

タレントとしても芸人の方にかなりの人気がある月亭八光さんですが、これからも落語との両立を期待しております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする