里崎智也の子供や結婚した嫁まとめ。ガンの噂は本当?解説がうまい、面白いと評判

今回は元プロ野球選手だった里崎智也さんを紹介します。

 

里崎智也の子供は双子の息子

里崎智也(さとざきともや)さんは、学生生活を小学校時代は鳴門市大津西小学校、中学校時代は鳴門市第一中学校、高校時代は現在では徳島県立鳴門渦潮高等学校となっている鳴門市立鳴門工業高等学校を卒業しているみたいで、鳴門市とつく学校で生涯の学生生活を送っていました。

そしてそのあとの高校卒業後は首都大学野球連盟所属の帝京大学に入学し、その時点ですでに野球の道を志していたようで大学では当初、打撃を生かして指名打者として出場し、4年から捕手のレギュラーとなりました。

愛敬尚史さんとバッテリーを組み、4年秋にはチーム22季ぶりの優勝をはたし、1年に1度しか開催されない明治神宮野球大会に出場し、そこでは2年春に4試合連続本塁打のリーグタイ記録を樹立することに成功しました。

里崎智也さんはリーグ戦通算69試合出場の235打数69安打、打率.294、12本塁打、48打点。ベストナイン3回受賞という功績から1998年のドラフト会議において千葉ロッテマリーンズからなんと2位指名され、22番の背番号を背負い入団しました。

そしてどうやら、双子の子供がいるそうですが一般人のようで名前や写真は公開されていません。

 

里崎智也が結婚した嫁は看護師

里崎智也さんは引退を発表したとたんに既婚者であることも発表しましたが、2012年11月に婚姻届を提出していたようで遡ると、現役時代には結婚をしていたようです。

相手の女性ですが、元看護時の一般女性のようなので写真や名前はわかりませんでした。

スポンサーリンク

 

嫁との結婚までの馴れ初め

馴れ初め等の情報はありませんでしたが、芸能事務所などであったとかそのようなことだと思います。

ちなみに奥さんはオセロ症候群という、メンタル面の病気にかかっている噂がありかなり嫉妬深い性格のようです。

 

里崎智也のガンの噂について

検索ワードには里崎智也さんはガンで引退したのではないかということがあり、調べてみるとガンはガンでもガングリオンという腫れのような瘤ができてしまうことで、2010年の日本シーズン中ではこれに苦しまされたようで、38歳には引退していたようです。

 

里崎智也の解説がうまい、面白いと評判

現在は野球選手を引退し、野球の解説者となっているようで、その時の記事がありました。

その翌年にはワールド・ベースボール・クラシックに出場し、世界一も経験。

スポンサーリンク

史上初めてシーズン3位から日本一を達成した2010年の“下剋上”でも、チームの中心人物だった。

2014年に引退してからは、プロ野球解説者・評論家としてメディアに引っ張りだこの毎日を送っている。

解説者になって大変だと思ったことは一度もありません。

というのも、僕はキャッチャーだったので、『ランナーが走るかもしれないな』『このバッターは今日調子が悪いな』『この回は気をつけないといけないな』など、今まで試合中に思っていたことをそのまま口に出しているだけなんです。

決めなきゃいけないのは、どちら目線で話すかだけ。

守備側なら『このカウントだったらランナーが走ってきそうだから注意しないといけないですね』、攻撃側なら『この状況なら仕掛けていいカウントですね』と使い分けるだけです」

という風にかなりの意識の高さが見えますね。

 

ビジネス評論にはなりたくないと公言

野球解説というのは選手たちの表情や試合の状態などを話すことですが、ビジネス評論というのはつまり野球選手のことを想って話すのではなく聞いている人に話すことみたいで、それについてこうおっしゃっていました。

「事実を伝えるのが評論家・解説者の一番の使命じゃないですか。

(モニターを指差し)あそこにいる選手の顔色をうかがったってしょうがない。

気にするとしたら、リスナーの顔だけですよ。

僕もね、そうはいってもオブラートに包みながら喋ってるんです。

でも、周りの人に言われるのは『サトのオブラートは薄い』って(笑)。

ロッテのことも、オブラートに包んで言ってるつもりなんですよ。

もっと言いたいことはあるんです。でも、そうなると、ずっとピー音ですから(笑)」

ということで、これだけはっきり言う性格ですからやはりまだ人気もあるようです。

 

辛口発言も「事実を言っているだけ」

上記でオブラートが薄いといわれている里崎智也さんですが、自身はこれを事実を言っているだけとはっきり物申しています。

インタビューにて里崎智也さんに歯に衣着せぬ物言いであると指摘されても意に返さず自分の意見をズバッと言い切ってしまうあたりすがすがしい方ですよね。

 

ギャオス内藤の解説に苦言を呈す

ギャオスという愛称で親しまれている同じく元プロ野球選手の内藤尚行さんに対し「気持ちっていう抽象的な解説されても響かない」とかなり厳しいことをおっしゃっています。

ただ、「理論的な解説をしてくれるともっと勉強になる」とおっしゃるあたり内藤尚行さんのことを嫌っているようではないようですね。

ファンにかなり人気の里崎智也さんですが、これからも厳しい物言いの解説を期待しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)