入来祐作に子供はいる?現在の活動や刺青の噂について

元プロ野球選手で、今は野球のコーチとして活躍している、入来祐作さんについて見ていきましょう。

それでは、ご覧ください。

入来祐作に子供はいる?

プロ野球選手を引退後、いろいろな活動をしているとの事ですよ。

2009年から横浜の用具係に就任し、2014年に缶コーヒー「BOSS」のCMに本人役で出演。

これまで当たり前のように野球界にいたので別の世界に行くことも考えられなかった。

兄の智(さとし)さんがプロ野球選手を引退した後、飲食店に勤務し、苦労していた姿を見ていたからか、

「まったく違う畑に行ったら、自分の人生はなくなる」という思いもあった。

入来智さんは、2015年の段階で10回の転職を経験。

選手を辞めた後のお仕事で、ご苦労もあったようです。

スポンサーリンク

そもそも、 お嫁さんはいるのでしょうか?

入来氏の1歳下にあたる聡子さん。

2人は高校時代交際していたものの、入来氏が高校卒業後社会人チーム入りして一度は別れることに。

入来氏はプロ入り後他の女性と結婚したが、15年に渡るプロ生活を終えた後、2人は再会することになる。

当時入来氏は浪費や離婚による慰謝料などで野球選手時代の貯金は底をつき、故郷・宮崎に戻ってもコンビニのアルバイトや酒造メーカーでの短期雇用など日銭を稼ぐその日暮らし。

たまたま聡子さんが経営する美容室の前を通りがかったことで再会し、再び交際に発展。

結婚することになった。

お子さんはいるのでしょうか?

入来祐作さんは、前の嫁の美佳さんとの間に祐一郎さんという男の子が1人いるようです。

前妻との間に長男が生まれているそうですが、詳しい事は分かりませんね。

入来祐作が刺青を入れているという噂について

どんな刺青を入れているのでしょうね。

早速、調べてみましょう!

「何となく噂レベルで聞いたー」とか、「雑誌の広告で見たな―」とか、そういう状態でも 入来祐作さんの知名度なら、根拠が無くともタトゥーの噂はどんどん拡散されて行ってしまいます。

噂には尾ヒレ背ヒレが付くと言います。

実際に根拠のある話をしたいものです。

どうやら、ガセネタですね。

小さな噂話が、大きく拡散されてしまったようです。

入来祐作の現在の活動について

今は、どのような活動をしているのでしょうね。

投手コーチを務めています。

野球関連以外でもお仕事をしているとの事ですよ。

2017年の情報ですが、入来智さんは宮崎県都城市の「かかし亭」谷頭店で働いているそうです。

他にも飲食店経営をしているそうです。

焼肉店「とりあえず入来」を大阪・都島にオープン。

スポンサーリンク

“予約が取れない店”と話題になっている。

また、 他の情報もありますね。

入来祐作さん、“ウナギ獲り職人”を辞めてハチミツ職人になっていた。

入来祐作さんは、マルチな活動をして頑張っているようです。

ですがやはり、 近年の野球関連の活動が気になりますよね。

2008年12月に、チームサポーターとして横浜球団と契約します。

打撃投手を1年間務めた後に、2010年から2012年夏まで二軍の用具係、2012年秋から2014年秋まで一軍の用具係を担当しました。

以前、自著の出版もされていますよ。

自身の半生を綴った著書『用具係 入来祐作 〜僕には野球しかない〜』が講談社から発売されました。

用具係というタイトルが切ないですが・・・。

当時、相当嫌な係だったのでしょうね。

ご苦労様でした!

戦力外通告を受け現在は三軍投手コーチ

プロ野球選手として、衰えがあったのでしょうか?

2008年には、先発要員として調整していた春季キャンプで、再び右腕の肉離れが発生。

中継ぎ要員として開幕を一軍で迎えたものの、公式戦では3試合の登板で、0勝0敗、防御率8.53に終わった。

10月1日に球団から戦力外通告を受けたことを機に、現役引退を表明。

10年前に、戦力不足で現役を退いていますね。

ただ好成績な方だったようで、当時の年棒額が凄いですよ!

1996年のドラフトでは1位指名で契約金1億円ともいわれています。

ピークは2002年で、およそ9000万円の年棒だったそうです。

そして 引退してから数年後、投手コーチとして活躍を開始しているとの事ですね。

2015年に福岡ソフトバンクホークスの三軍投手コーチへ就任し、7年振りの現場復帰を果たします。

その後も毎年、コーチとして野球に携わっていますね。

2016年から二軍投手コーチを務め、2017年は三軍投手コーチに異動となった。

2018年も引き続き3軍投手コーチを務める。

野球界を引っ張っていくリーダーとなるのでしょうね。

ブログに記載がありますので、今後の意気込みを教えてもらいましょう!

私のプロ野球という仕事が誰かの役に立っているならば、それは誰かの憧れだったり希望だったり勇気だったり…。

誰かのストレス解消、気分転換でしょうか。

この仕事を一生懸命に全うしたいと思います。

野球界に尽力して行く腹積もりだそうですね。

これからのコーチングにも期待しましょう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする