声優・柴田秀勝の子供は息子がいるの?妻は関根明子?死亡の噂も気になる!

今回は声優・ナレーターの柴田秀勝(しばた ひでかつ)さんについてみていきましょう。

 

声優・柴田秀勝の子供は息子がいるの?

1969年、有名な青二プロダクションを仲間とともに設立した柴田秀勝さん。

近年は『天体戦士サンレッド』のヘンゲル将軍役を務めたことにより、若いアニメファンも獲得しています。

また、『ウルヴァリン』の矢志田信玄役を演じたりと活躍は多岐にわたります。

ドキュメンタリー映画のナレーションで、第28回国際産業映画・ビデオ祭 文部大臣賞、第29回国際産業映画・ビデオ祭 通商産業大臣賞を受賞しており、現在は別会社を設立して新人・後輩声優の育成に力を注いでいます。

私生活では結婚していることが分かっている柴田秀勝さんですが、お子さんがいるかは分かりませんでした。

息子さんがいるとの情報も一部ではありますが、本人がはっきり公表しているわけではないので確証は得られませんでした。

スポンサーリンク

 

声優・柴田秀勝の妻は声優・ナレーターの関根明子

柴田秀勝さんが結婚したお相手は、同じく声優・ナレーターを務めている関根明子さんです。

今年80歳を迎えた柴田氏だが、私生活もエネルギッシュ

やはり声優である夫人(関根明子さん)とは頻繁に海外を巡る。

水泳、乗馬、ゴルフも続けている。

今でもおしどり夫婦として仲が良く、2人でアクティブに活動しています。

お2人の馴れ初めは分かりませんでしたが、おなじ声優界ということで共演がきっかけという説が濃厚でしょう。

 

声優・柴田秀勝の死亡・死去説はデマ

81歳という高齢からか、たびたび死亡・死去説が流れてしまう柴田秀勝さん。

しかし、まだまだ現役で声優・ナレーターの仕事をこなしています。

アニメブームを支え、声優界を作り上げた久保さんとの最後の別れを惜しむため、多くの関係者が参列。

弔辞を読んだ声優、柴田秀勝(80)は「新年、手と手を握り合ったぬくもりがまだ残っている。苦楽とともにしたことを思い出す」。

青二プロダクション創設者である久保進さんが2018年2月に亡くなっているので、その情報と混同しているのかもしれませんね。

 

声優・柴田秀勝の現在はバーのマスター

柴田秀勝さんは声優業のかたわら、新宿ゴールデン街で会員制バー「突風」というお店を経営しているようです。

同店は新宿ゴールデン街最古参で、役者や業界の関係者が集う店で有名である。

スポンサーリンク

就職先だった関西歌舞伎が倒産し、意気消沈して新宿を歩いていて見つけた売り店舗を購入。

役者活動開始とほぼ同時期の1958年4月に「スタンドバー TOP(トップ)」として開店。

その後、劇団未来劇場の仲間達と店名を「突風」にしてリニューアルする。

このお店は声優界でも有名で、『レストアガレージ251車屋夢次郎』『迷犬ルパンシリーズ』にも登場しています。

会員制バーなので、一見さんは入ることができないようですね。

「不動産屋のおやじに『金がない』と言ったら、毎月2万円ずつ3年の月賦でいいと言う。

けど、当時の大卒の初任給が歌謡曲にも歌われていた1万3800円・・・2万円は高い。

そしたら、不動産屋のおやじがこう言う。

『じゃ、1万は俺が店で飲んでやるから、毎月1万円払え』。

3年間、おやじは毎日店に来てくれた、世話になった、いいおやじだったな」

1958年、柴田秀勝さんがまだ21歳のときに「ここで飲み屋をやってみよう」とお店を開くことになりました。

最初の店名は「TOP(トップ)」で、その後「突風」と名前を変えて現在も切り盛りしています。

 

声優・柴田秀勝は新宿の街頭アナウンスも担当

柴田秀勝さんは、歌舞伎町の街頭スピーカーから流れる一風変わったアナウンス放送にも協力しています。

例えば『皇帝ウインドブラストX』というオリジナルキャラクターが登場するアナウンスで、「フハハハハハ!」という高笑いが始まります。

悪質な客引き行為を防止するために、2016年7月下旬から始まったそうです。

「歌舞伎町を楽しむ善良なる諸君。貴公は知っておるか?

客引きが全員ぼったくりであるということを。

3倍どころではない、あえて言おう、やつらはカスであると。

200パーセント!200パーセントぼったくりだ!ぼったくりの客引き、やらせはせんぞ!」

この『皇帝ウインドブラストX』の声を担当している人物こそ、柴田秀勝さんなのです。

歌舞伎町のゴールデン街で長年バー「突風」を経営していることから、アナウンスへの出演依頼が舞い込んできたようです。

『皇帝ウインドブラストX』はオリジナルキャラクターですが、過去に柴田秀勝さんが演じたアニメキャラの声を意識しているそうです。

「歌舞伎町通ったらガンダムのデギンザビがアナウンスで『客引きに気をつけろ!』って言っていた…なぜデギンザビ?」

「歌舞伎町の中央通りで流れてる客引きぼったくり防止のアナウンスが突然なんの脈絡もなく鋼の錬金術師のブラッドレイ大総統になった」

「あら…歌舞伎町の客引き撲滅のアナウンスの声、三代目火影じゃね…?」

このように、コアなアニメファンはすぐに気付いたようで、一時期話題になっていました。

声優として活躍するのみならず、新宿歌舞伎町の平和を守る活動もしているのですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)