岡部幸雄の子供は娘と息子がいる?家族構成や引退年齢まとめ

こんにちは。

今回は 岡部幸雄さんについてまとめていきたいと思います。

岡部幸雄の子供まとめ

突然ですが、皆さんは 岡部幸雄さんがどんな方なのかご存知でしょうか。

ご存じでない方もいらっしゃると思うので 岡部幸雄さんのプロフィールを少しだけ紹介していきます。

岡部 幸雄(おかべ ゆきお、1948年10月31日 -)は、 日本の元騎手。

日本中央競馬会(JRA)に所属し1967年から2005年にかけて活動した。

そう、この方は 騎手をされていたんです。

騎手と言って思い浮かぶのは武豊さんという方もいるでしょう。

そんな有名なあの武豊さんも尊敬しており大好きだと言っている騎手が岡部幸雄さんなんです。

スポンサーリンク

現在は引退されていますが、岡部幸雄さんは 1967年から2005年の38年もの騎手人生の間で素晴らしい成績を残してきました。

20世紀後半から21世紀初頭にかけて 中央競馬のトップジョッキーとして活躍し、 競馬ファンから名手の愛称で親しまれた。

アメリカの競馬に感化され、「馬優先主義」をはじめとする理念や技術を日本に持ち込んだ。

中央競馬において、特定の厩舎や馬主に拘束されない フリーランス騎手の先駆けとなったことでも知られる。

1995年1月から2007年7月まで、 中央競馬における騎手の最多勝記録(最終的には2943勝)を保持した。

このように トップジョッキーとして数多くの実績を残しファンにも親しまれていた騎手だったようです。

そんな 岡部幸雄さんですが御年70歳になられました。

孫がいてもおかしくない年齢ですよね。

そもそも子供はいるのでしょうか。

ここからは岡部幸雄さんの子供についてまとめていきます。

岡部幸雄の息子は2人

息子は2人いるとのことですがどうなのでしょうか。

調べてみましたが『子供が○人いてそのうち息子が○人いる』という詳しい情報はなく 息子が2人いるのかどうかは分かりませんでした。

しかし、次のような記事を発見しました。

私生活での岡部は家庭を大切にし、騎手としての全盛期にも「世界で一番家族が大切」「 仕事と家庭、どちらかを捨てなければならない状況に直面した(ならば)躊躇なくボクは馬をやめる決断をする」と公言していた。

岡部は 競馬社会の血縁関係のしがらみに拘束されることを嫌い、競馬とは関係のない女性と結婚した。

騎手時代の岡部は、 子供の学校行事に一度も出席できなかったり、妻の出産に一度も立ち会えないなど、家族との交流が制限されていた。

そのため 騎手引退後は父親と旅に出たり子供の学校行事に参加するなど、家族との交流に努めている。

この記事によって競馬とは 無縁の女性と結婚したこと、子供がいることは明確になりましたね。

スポンサーリンク

そして「 妻の出産に一度も立ち会えない」この文章に注目です。

一度も」ということは出産は何回かあったということですので 子供は2人はいるということも分かりますね^^

岡部幸雄の娘は3人

では娘はどうなのでしょうか。

それもやはり分かりませんでした…。

しかしこんな情報を見つけましたよ!

往年の名騎手・ 岡部幸雄氏の娘さんがついに結婚!!

という書き込みがあったのですがこれは 書き込みをした方の勘違いだったようです。

岡部玲子さんという方が結婚したみたいですが、岡部玲子さんを岡部幸雄さんの娘だと勘違いしていたようなんです。

確かに「岡部幸雄」で検索をかけると「岡部玲子」の情報も出てきますよね。

お二人は親子ではなく親戚のようです。

岡部幸雄の家族構成

気になる家族構成はというと…察しますよね。

子供の情報も少ないため家族構成はもちろん分かりません…。

奥さんと子供が二人いることは確かですね^^

冒頭でも言いましたが、孫も何人かいるかもしれませんね~。

岡部幸雄の引退年齢は?

2005年の3月10日に引退することを発表した岡部幸雄さんですが、 何歳で引退したのでしょうか。

JRA通算で歴代トップの2943勝を挙げ、「馬優先主義」「生涯ジョッキー」で鳴らした 岡部幸雄騎手が、ついに現役引退を決意。

柴田政人、福永洋一、伊藤正徳をはじめ、“花の15期生”と呼ばれた最強世代の最後の老兵も、 56歳という年齢には勝てなかった。

なお、今後も調教師に転身する予定はないという。

ここに書いてあるのを見る限り 56歳で引退したと思われます。

確かに引退した年月と現在の年齢を考えれば、 引退して13年たっているため56歳か57歳で引退されていることが分かりますね。

本当に長い騎手人生でしたよね。

岡部幸雄の引退記念レースについて

引退する際、引退記念レースが行われたようです。

2005年3月20日には中山競馬場で引退セレモニーが行われ、 同日の第10競走に予定されていた「東風ステークス」は最終12競走に変更の上、レース名も「岡部幸雄騎手引退記念競走」と変更されて施行された。

セレモニーでは後輩騎手である横山典弘らの提案で岡部を神輿に乗せ、騎手一同で担いでパドックを周回した。

引退記念レースはこんな感じで盛大に行われたみたいですね。

トップを走り続けていた方の引退は競馬業界ではかなり大きな出来事だったでしょうね。

いかがでしたでしょうか。

今後も岡部幸雄さんの活躍を期待しています。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする