堀孝史の子供は息子がいる?家族構成や今現在の活動について

今回は元サッカー選手の堀孝史(ほり たかふみ)さんについてみていきましょう。

堀孝史の子供は息子がいるの?

元Jリーガーで、浦和レッズで活躍した堀孝史さん。

選手時代はFW、MF、DFをこなすユーティリティープレーヤーとして人気を博しました。

主に右サイドバック(ウイングバック)、ボランチでプレーした堀孝史さんは、2001年限りで現役を引退し、指導者に転身します。

2005年からは古巣の浦和へ復帰、ユースチームのコーチを務め、2007年に監督に昇格した後はチームを初優勝に導きました。

そんな堀孝文さんのプライベートについてが気になりますが、残念ながらまったく情報が出てきませんでした。

息子がいるとの噂もありましたが、こちらは確証が得られませんでした。

堀孝史の家族構成について見てみよう!

スポンサーリンク

現在51歳の堀孝史さんは、年齢的には結婚していてお子さんがいても不思議ではないですよね

元サッカー選手なので当時は相当モテたと思われます。

堀孝文さんの家族構成で分かっている事は兄がいるということ。

その兄も元サッカー選手だったみたいです。

実兄の堀直人は全日空サッカークラブや横浜フリューゲルスでプレーしたサッカー選手であった。

兄弟でサッカー選手とは、まさしくスポーツ一家ですね。

家族について分かった情報はこれだけでした。

堀孝史は成績不振により監督を解任されていた!

堀孝史さんは2017年7月30日、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の契約解除にともない、後任として再び浦和の監督に就任しました。

その直後にスルガ銀行チャンピオンシップを制し、AFCチャンピオンズリーグで浦和を10年ぶりのアジア制覇へ導いた功労者です。

しかし、2018年は開幕からリーグ5試合で2分3敗となり、降格圏内の17位に低迷したことによって契約を解除されてしまいます

開幕5試合未勝利と低迷する浦和レッズは2日、堀孝史監督(50)との契約を解除したことを発表した。

今後は大槻毅育成ダイレクター(45)が暫定的にトップチームの指揮を執り、上野優作ユースコーチ(44)がトップチームコーチに就任することも併せて発表された。

堀監督はペトロヴィッチ前監督の後任として2017年7月末から指揮を執り、就任1年目でクラブ史上2度目となるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に導いた

しかし、今季はクラブワーストタイとなる開幕5試合未勝利で17位に低迷。

成績不振により、堀監督とともに天野賢一ヘッドコーチとの契約も解除したことが発表された。

この通知をうけて、堀孝史さんは以下のようにコメントを発表しています。

スポンサーリンク

「こういう状況にしてしまったということを本当に申し訳なく思っています。

新しい体制になって、自分たちのいるべきところに戻り、クラブが前に進んでいけるようになってほしいと願っています。

トップチームに関わってから約7年間、ファン・サポーターのみなさんをはじめ、選手やクラブスタッフのみなさんに支えていただきながら、一緒に戦ってきたので、感謝しかありません」

「僕自身は選手としても在籍していましたし、育成のコーチングスタッフとしても関わらせていただいたので、本当にありがたかったと考えています。

本当によい選手たちがいるので、もう一度、新しい監督のもとで、それぞれの力を出してもらって、目標にしっかり進んでいってほしいと思います。ありがとうございました」

しかし、サポーターからは「なぜこの時期に?」という疑問の声も多くあがっていました。

レッズ戦をほぼ欠かさず見に行くというさいたま市の会社員、高橋珠視さん(33)は「監督交代はオフシーズンにできたのではないか。今の時期に解任というのは違う気がする」と声を震わせた。

クラブ創設時からのファンだという熊谷市の会社員、小野秀和さん(36)は大槻氏について「2007年のACL優勝のときにコーチだった。当時を知る人が今のレッズのサッカーとどう掛け合わせてくれるか見てみたい」と期待を寄せた。

今後の堀孝史さんの行く末が気になるところですが・・・

堀孝史の今現在の活動が気になる!

堀孝史さんは現役引退後、2002年から湘南の育成組織やトップチームのコーチを歴任してきました。

2005年から古巣の浦和へ復帰しユースチームのコーチを務め、2007年にユースの監督に昇格

2008年の高円宮杯全日本ユース選手権では山田直輝、原口元気、濱田水輝らを擁してチームを初優勝に導いた。

2011年10月20日、成績不振で解任されたゼリコ・ペトロビッチの後任としてトップチームの監督に就任した。

チームは第29節大宮戦で敗れ、J2降格圏内の16位に転落し、残留争いの渦中にあった。

フロントから監督就任要請を受けたのがペトロヴィッチ解任前日の10月19日のことであり、第30節の横浜F・マリノス戦まで2日の猶予しか残されていないといった状況下での指揮となった。

そんな堀孝史さんの現在は、2019年より尚美学園大学サッカー部のヘッドコーチに就任しています。

元浦和でコーチやJrユースの監督経験がある淀川知治監督と、堀孝史さんの掛け合わせで良い成績が出せるといいですね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする