キダタローに子供は?自宅は箕面市に家がある?現在の死亡・死去説。

作曲家、 ピアニスト、タレント、ラジオパーソナリティとして活動する、キダタローさんについて見てみましょう。

どんな男性なのでしょうね。

キダタローには子供はいる?

かつらを着け、年齢が今年88歳となったキダタローさんの画像は↓ですね。

名前:木田太良(きだ たろう)

生年月日:1930年12月6日

年齢:87歳

出身地:兵庫県宝塚市

出身高校:関西学院

出身大学:関西学院大学中退

スポンサーリンク

ご兄弟が多いそうですよ。

キダ・タローさんは、宝塚市で五男一女の末っ子として生まれました。

今の時代からしたら大家族と言われますね!

当時と時代が違いますが、今は少子化問題が深刻ですね。

お若い頃は、どんな活動をしていたのでしょうか?

20代の前半から10年間「義則忠夫とキャスバオーケストラ」のピアニストとしてキャバレー等で活動します。

本格的に作曲活動を始めたのは、20代後半になってから。

キャスバオーケストラでも作曲をすることもあったそうです。

そして、30歳を境に人気作曲家となります。

多くの代表曲であるCDも豊富に発売している方ですね。

ご結婚はされて、お嫁さんはいるのでしょうか?

1964年にご結婚されています。

奥様の名前は「木田美千代」さんです。

馴れ初めについては、1960年代に全国的に3人娘がいっぱい世の中に出た時代で、その当時に懇意にしていた昭和プロのマネージャーさんに大阪の3人組にレッスンを頼まれ、それが出会いとなります。

その初めて出会ったときに一目ぼれしたそうです♪

結婚生活が50年以上経過していますね。

奥さんも芸能活動がお好きな方みたいですよ。

奥さまは結婚後、引退し主婦業に専念しますが、朝日放送の料理番組のアシスタントを8年務めています。

それがきっかけで、主婦業をしながらタレント業も行うようになりました。

お子さんがいるのか気になってしまいますよね。

お子さんに恵まれなかったのは、残念ですが夫婦仲良しで何年も連れ添うというのは世の中のカップルにとっては羨ましい存在ですね!

どうやら、子宝には恵まれなかったそうですよ。

ですが、私達に素晴らしい娯楽を与えてくれた方でもあるので、ありがたいことですね。

キダタローの自宅は箕面市に家があるの?

お住まいはどちらなのでしょうね。

友達がキダ・タローとすれ違ったそうです!

間谷の住宅地図には、以前、ご自宅がカタカナで「キダ・タロー」と書かれてありました。

どうやら、誰かが箕面市ですれ違ったことがあるそうですよ。

家の表札まで確認していたそうでですので、箕面市に家を構えているそうですね。

ちなみに箕面市って、大阪府北部の北摂豊能地域に位置する市です。

そういえば、キダタローさんって大阪弁ですよね。

キダタローの現在の活動について

今は、どのような活動をしているのでしょうね。

スポンサーリンク

最近は、あまりテレビでお見掛けしません。

ただ、年齢的に精力的な活動はしておられないでしょうね。

90歳間近の男性ですので、仮に毎日のようにテレビで見掛けたとしたら、それは凄い事です。

そして現在は、芸能活動よりもハマっていることがあるみたいですよ。

キダタローは家でゲーム三昧?

最近のゲームは種類が無数にありますよね。

キダタローさんって、ゲーマーなのでしょうか?

「家にいる時は、ゲームだけです」といい、朝の10時から夜の10時まで12時間もプレイしていたこともあるという。

「何が大変かって、一番トイレが大変」と笑いながら、「今は、3DSをしています。

女の子を主人公にしていて、自分と違う性別の方が面白いんです。」と明かしてくれた。

噂どおりに、ご自宅ではゲーマーと化しているそうです。

どんなジャンルのソフトがお好きなのでしょうね。

キダタローの死亡・死去説はデマ

ガセネタが出回っているのでしょうか?

早速、リサーチしていきましょう!

以前は何かとテレビやラジオに出演されていましたが、最近はほぼ見なくなってしまいました。

お亡くなりになられているのか?なんていう説まで流れたことがあるくらいです。

死亡説まである方ですが、ご健在らしいですよ。

先のように ゲームが好きなようですので、時々芸能活動もしながら家ではゲーム三昧だそうですね。

ゲームにハマっており、没頭していたことを告白。

自身が操るゲームの主人公は女の子に設定して「タロ子」と名づけていることも明かした。

12時間ゲームをするそうですので、かなり高い集中力をもっている方なのかもしれませんね。

もしくは、普段のストレス発散かもしれませんよ。

親御さんがいらっしゃるからね。

親御さんの大切な宝物を赤の他人の私が指導する、アドバイスするっていうのは…難しいもんですよね。

年を取ればとるほど、何を言うか…少し怖くなりますね。

若い時はいけたんですけど、私、乗りやすいからね。

つい言いすぎることがあってね。

「次世代スター誕生!キダ・タローの俺が見たるわ!」という企画で、ついつい言い過ぎてしまうことがあるそうです。

これからも芸能界はもちろん、ゲーマーとしても活躍してくださいね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする